いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2013年07月10日

さらに ちびツバメ♡

H6-0710tsubame (2).JPG

昨日は巣立ちが目前のツバメの子たちをご紹介しましたが、
ウチにはもう一つツバメの巣があったんですひらめき
(昨日はワタシ、気が付きませんでしたたらーっ(汗))

…というわけで、本日も
今日の子ツバメたちカメラ↑↓↓↓

もう一つのツバメの巣カメラ↑にいるのは
昨日のよりも小さいツバメたち黒ハート

小さい頭が巣からのぞいていますカメラ
H6-0710tsubame (1).JPG

ワタシの経験上、
ツバメの子がこんなに小さい頃は
巣の中に潜り込んでいて姿が見えない時が多かったんですが、
連日30℃を軽く越える夏日続きなので
ツバメの子も暑くて顔を出しているのかな? カメラ
H6-0710tsubame (4).JPG

精一杯のクローズアップカメラ
H6-0710tsubame (3).JPG

親ツバメが来ると口を開けるので
クチバシが黄色いのが見えてすごくカワイイんですが、
親がいないと子ツバメは口を開けないたらーっ(汗)

あまりカワイイ写真じゃなくってスミマセンあせあせ(飛び散る汗)



昨日の大きい方の子ツバメたちは、
そろそろ巣立ちの時期かと思うんですが
今日のところはまだウチに居ます。
みんな無事に巣立つと良いなぁ揺れるハート


  br_decobanner_20110704215537.gif





posted by almakkii at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

夏休みの風物詩(ツバメ)

毎年 夏にウチへ帰ってくると、
我が家ではツバメが子育て中だったりします。
H6-0709tsubame (3).JPG
今日の子ツバメたちカメラ
少なくとも3羽、
ひょっとすると4羽いるかもしれない揺れるハート

巣からあふれ出しているので、
巣立ちの日は間近いものと思われますぴかぴか(新しい)
H6-0709tsubame (2).JPG
顔つきももう、
ヒヨヒヨのヒナの顔ではありませんあせあせ(飛び散る汗)

写真を撮ろうと巣に近づくと、
必ず親ツバメたちが威嚇してきます雷
(実際は、近くを通っただけでも威嚇してくるダッシュ(走り出すさま)
H6-0709tsubame (4).JPG
子ツバメたちを守ろうと
必死で飛び回るお父さんツバメ、お母さんツバメカメラ↑↓
(個体識別不能たらーっ(汗)
H6-0709tsubame (5).JPG
ウチのコに近寄らないでちょーだいむかっ(怒り)

なんだかちょっと
コレカメラ↓にも似ているような…ひらめき
H6-0701bp-fra (3).JPG
(ブダペスト〜フランクフルト間で乗った飛行機の窓から撮った写真)



ただいま密かにブログのリニューアルを目論見中〜るんるん
夏休みで日本に帰省している時は
なぜか読んでくれる人が減るみたいなので、
調度イイかなぁ〜っと…。


  br_decobanner_20110703185321.gif


posted by almakkii at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

機内食のアルバム

H6-0701bp-fra (4).JPG

ブダペストからフランクフルトまでのフライトは、
飛行時間が2時間はかからないくらいですが、
一応、軽食がでてきますレストラン
今回のフライトで出てきた軽食はコレカメラ
ハムと卵のサンドイッチ〜ひらめき

実を言うと、フライトの日の前日、前々日は、
胃腸の具合が悪くて
(食べると痛む、吐き気をもよおす…などたらーっ(汗))
その日の朝も、ワタクシらしくもなく、何も食べられなかったんでした。
だから、サンドイッチも恐る恐る食べたんですが、
全然、大丈夫でしたわーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)
ちゃんと美味しかったし黒ハート
過酷なはずのエコノミー長距離フライトの途中で
腹具合の悪いのが治る
ひらめき
スゴイ、ワタシあせあせ(飛び散る汗)

フランクフルトで日本行きのジャンボ機に乗り換えて、
最初に出てきた飲み物とスナックカメラ
H6-0701lh (1).JPG
また腹具合が悪くなるのが怖かったので、
自重してプレッツェルはお持ち帰りしましたあせあせ(飛び散る汗)
飲み物も健康的にオレンジジュースで。
腹具合が万全なら、
ルフトハンザ自慢のドイツビールビールドイツワインバー飲みたかったケドあせあせ(飛び散る汗)

ディナーはコチラカメラ
H6-0701lh (3).JPG
鶏そぼろ丼レストラン
(ま、普通だったなあせあせ(飛び散る汗)

もう一つのチョイスが「牛肉のグヤーシュ」とかいうもので、
ルフトハンザ(ドイツ)で出すグヤーシュってどんなモノかと
スゴク興味があったんですが、
鶏そぼろのほうが少しはお腹に優しいかと思って
グヤーシュはパス。
…それがちょっと心残りさぁバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
(「グヤーシュ」はハンガリーが元祖本家本元の料理です。)

日本到着前にサービスされる朝食はコチラカメラ
H6-0701lh (2).JPG
こちらはチョイスなし。
オムレツの下に潜んでいたトマトのソースが
少々しょっぱかったですあせあせ(飛び散る汗)



今回のフライトでは、自重してアルコール抜きでひらめき
次の8月のフライトには体調を整えてのぞみたいと思いマス黒ハート

出発直前に腹具合が悪かった理由は飲み過ぎデスふらふらあせあせ(飛び散る汗)
普段のワタシは飲み過ぎるってことが滅多にないんですが、
「ハンガリーの習慣」のせいで
飲み過ぎる羽目になった……爆弾
その話は、またいずれブログに書くかも???


  br_decobanner_20110706150423.gif




posted by almakkii at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

大きさは比較の問題だ!

H6-0701fra (8).JPG

フランクフルト〜成田間を飛んだ飛行機は
具体的に乗客が何人乗っているのやら
皆目見当もつかないような
大〜きい飛行機(スーパージャンボっていうの?)ですが、
ブダペストからフランクフルトまでの飛行機は
あまり大きくないヤツです。

大きくない(言い換えればあまり重たくない)せいか、
ブダペストを離陸するときも
わりと軽々、ヒラリと飛び立つ感じ飛行機
(それに比べると、スーパージャンボくんは
 機体が重くて飛び立つのがスゴク大変そうがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

フランクフルトに着陸したときも軽やか〜ダッシュ(走り出すさま)
(それに比べると、スーパージャンボくんの着陸は
 どっこいしょダッシュ(走り出すさま)…って感じよね?)

H6-0701fra (7).JPG

フランクフルトに着陸した後は、
「コレは空港内ツアーか???」…というくらい、
ブダペストから乗ってきた小さい飛行機に乗ったまま、
地上をトコトコ移動しましたカメラ↑↑↓

H6-0701fra (5).JPG

そして、最終的に停車(飛行機なんだから停機?)した場所は、
ターミナルのビルが遥かかなたの広ぉ〜い場所で…カメラ
H6-0701fra (4).JPG

乗客全員、タラップを降りて
こんな感じの
バスに乗り換えさせられましたカメラ
(写真はワタシが乗った機体の隣にいた別の飛行機とバスね)
H6-0701fra (3).JPG

こういう形式は成田では経験ないけれど、
ヨーロッパの空港ではたびたびあることなので
特に驚いたりはしなかったひらめき
が、
ワタシが驚いたのは、
乗り移ったバスの中にいたツアーの日本人観光客の女性たちexclamation×2

皆さん、なんて小さいexclamation×2exclamation×2exclamation×2

ハンガリー人は、身長が高い人もいるけれど、
あまり背が高くない人も多いので、
ほぼ身長164センチのワタシは、
女性としては平均的なくらいの背の高さなんですね、
ハンガリーではexclamation
だから日頃は自分の事を「大きい」とは思ってないわけ。

しかし、バスの中に居た小さな可愛らしい日本女性たち、
単純に背が低い(150センチくらいか?)ってだけじゃなく、
見慣れたハンガリー人に比べ、全体的に小っちゃいexclamation×2
肩幅とか、カラダの厚みとかがあせあせ(飛び散る汗)
言い換えれば、ハンガリー人はたいてい
ワタシより背が低い人でもそれなりにガタイが良いので
それほど小っちゃ〜い…という感じはしないのよねあせあせ(飛び散る汗)

これから日本へ帰ったら、
周りはこんなか弱い人ばかりか〜。
うっかりぶつかったりして
怪我させないように気をつけないと…と、
妙な気の引き締め方をしてしまった道中でした…たらーっ(汗)



5センチくらいあるヒールの靴を履くと
ワタシでも身長170センチくらいになりますんで、
日本に帰ってくると
本当に周りの人々が小さいなぁっと感じマスあせあせ(飛び散る汗)
でも、日本人が小さいのは身長だけじゃなくてね〜、
身体の厚みとかも薄いと思うんだ。
ハンガリーの人たちを見慣れていると、
あっちの人の小学生くらいの感じがするの…たらーっ(汗)


  br_decobanner_20110704215537.gif

posted by almakkii at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

空港Wifi事情

H6-0701fra (10).JPG
(飛行機の中からフランクフルト着陸前カメラ
 やっぱフランクフルトは都会っぽいヮぁ〜ムード)

今回もフランクフルト経由で日本へ帰ってきました飛行機

利用した空港は、
『リスト・フェレンツ空港(ハンガリー)』、
『フランクフルト空港(ドイツ)』、
そして『成田国際空港(日本)』の三つ。

これら三つの空港でのWifi事情をメモしておきます。

まず、ブダペストの『リスト・フェレンツ空港』では、
空港のfree-wifiが、
本当にフリーで使うことが出来ました。

ブダペストではショッピングモールなどへ行くと、
わりと簡単にタダで勝手に使えるWifiを
キャッチすることができます。
空港もそれと同じ感じ。簡単るんるん

次、『フランクフルト空港』では、
自分のメールアドレスを登録してログインすると、
30分間タダで使える空港のWifiがありました。

『成田空港』でも同じく、
メールアドレスを登録してログインする形式。

今回は去年よりもフランクフルトでの
乗り継ぎ時間が短かくて時間がなかったのと、
Wifi使えたけど、あまり調子よくなくて、
(調子が良くなかった原因は不明です。)
思っていたほどは
ブログの更新が出来ませんでしたバッド(下向き矢印)ふらふらたらーっ(汗)



去年、ドイツの空港では
ケータイ電話にPINコードを送ってもらって
そのPINを入力してログインする方式だったので、
それに比べると
メアド登録だけで使えるようになった今回は
少し簡略化されたと申せましょう手(チョキ)

ところで、日本に帰ってくると、
ホットスポットとか言ってWifiの使えるところは
けっこうあるみたいだけど、
ワタシみたいに「今だけ、ちょっと使えればイイ」って人が
使えるWifiが全然無いみたいなんだけど…爆弾
不便だ。
ブダペストのテキトーさを少し見習って欲しい…あせあせ(飛び散る汗)



  br_decobanner_20110704215537.gif

posted by almakkii at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。