いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2010年12月16日

夢のあと

H4-278salztej.jpg

私は食べるもの、飲むものに関して
あまりこだわりが無いタイプなので、
(そんなふうだから海外暮らしが出来るともいえる)
牛乳は、いつも店で一番安いのを適当〜に
買ってきちゃうんですけどね、
最近買った牛乳ったら、
Gmundner Milch, Gutes aus dem Salzkammergut
(本日の画像カメラ↑参照)
…な〜んて書いてあるじゃないグッド(上向き矢印)exclamation&question
ザルツカンマーグート産の牛乳ってこと?
ステキ
ー(長音記号1)ー(長音記号1)黒ハート

…と、このようにザルツブルグ熱は
静かに続いている私ですあせあせ(飛び散る汗)

でも、実際のところは
夏休みのザルツブルグ旅行は
今ではもう遠い夢って感じかなぁ?

何だか…すごく昔のことみたいバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
4か月近く前のことですもんねexclamation&question
4ヶ月を大昔とは言わないけれど…サあせあせ(飛び散る汗)
日々押し寄せる現実は強力ですからふらふらあせあせ(飛び散る汗)

4か月が
それなりにまとまった期間である証拠
に、
私の職場では
ザルツブルグ旅行の後に始まった新学期が
今やもう冬休み目前
になっていますし、
通っている語学学校のほうも、
秋期講座が始まったのが、もう終了
してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
(昨日の記事『皆勤しました!』参照のこと)
ブログ上は優雅に夏の思い出に浸り続けていたわけですが、
実生活上は現実に追いまくられていた
のですョ爆弾
ブログネタになりそうな学校行事なんかも
いくつかあったのですが、
そんなの、いつになったら書けることやら…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

そして、Kご夫妻はというと、
N子さんと私を伴った
夏のザルツブルグ旅行の後、
すでにもう『晩秋のザルツブルグ旅行車(RV)』へ
行って来られたそうです黒ハート
さすがはKご夫妻
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)でしょグッド(上向き矢印)exclamation&question

秋のザルツブルグには、
日本からいらしたY子さんのお友達と
一緒に行ってらしたようです手(チョキ)
Kご夫妻、本当〜にザルツブルグがお気に入りなんですね黒ハート
旅の途中にも、Y子さんが
「色々なところへ旅するのも良いけど、
 お気に入りの場所へ何度も行くのが好き揺れるハート

…といった事をおっしゃっていました
るんるん

確かにexclamation×2
季節が違えば、また町の様子も変わるわけだし、
どこへ旅行へ行ったとしても、
何かやり残したものがあるものだから
「お気に入りの場所」には何度も行ってみる
…のが良いと私も思います
るんるん

でも実際に何度も足を運ぶかどうかは別かなたらーっ(汗)
私、腰が重いから…
爆弾
K氏のような頼りになるお連れも居ないしたらーっ(汗)
自分ひとりで計画して、準備して…となると、
とたんに壁が厚くなり…
「いっか、ウチに居れば…もうやだ〜(悲しい顔)」となってしまうたらーっ(汗)たらーっ(汗)


そんな私をザルツブルグまで連れて行ってくださった
Kご夫妻にはとても感謝していますexclamation×2
そして、ノロマな私に我慢してくださったN子さんにも感謝
exclamation×2
N子さんみたいに賢いテキパキした人だと、
私みたいなのにはイラついてきちゃうと思うんですが、
3泊4日、ず〜っと一緒だったのに
我慢してくれてありがとうございました揺れるハート
本当〜に良くデキた子だョ、貴女は…手(チョキ)


…というわけで、
夏休みのザルツブルグ旅行記はお終いひらめき
来週水曜日からは冬休みになろうっていうこんな時期まで
わずか3泊4日間の夏休みの旅日記を書いていたという…
たらーっ(汗)
その事実に自分自身、愕然とする思いですがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)
どうして、どうして私って、いつもいつもいつもコンナなんだexclamation&question
いつもいつもコンナですが、
宜しかったら下のバナーを一押しパンチしてからお帰りくださいませ揺れるハート

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート


posted by almakkii at 00:05| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

旅の終わり

H4-salz88melk.jpg

何事にも始まりがあれば必ず終わりがあるように、
楽しかったザルツブルグ旅行も、
『メルク』を出発した後は
もうひたすら終わりへ向かって……
たらーっ(汗)たらーっ(汗)
そんな時って、淋しいですよねバッド(下向き矢印)exclamation&question

と〜っても楽しかったけれど、
楽しかったからこそ余計に淋しい気持ちが湧いてきてしまう、
そんな時、
オーストリア・ハンガリーの国境を通過しているまさにその瞬間、
Kご夫妻の車内でかかっていたBGMは
絶妙なことに『蛍の光』でした
ひらめき
『蛍の光』…
卒業式の、またはお店の閉店を知らせる曲が
ちょうど国境を越えるときにかかるなんて、
とんでもなくタイムリーでしたよexclamation
全くの偶然だったんですけどねあせあせ(飛び散る汗)


ついでに言うと、
その時はどしゃ降りの大雨になっていました霧
旅の終わるのを惜しむ涙雨…だとしたら、
大泣きも大泣き、号泣でしたね
もうやだ〜(悲しい顔)
あぁ、私の代わりにお空が泣いてくれている…な〜んてねあせあせ(飛び散る汗)

8月24日から27日までの3泊4日の旅
本当にお天気に恵まれていたのですが、
最初と最後の高速道路での長距離移動の時、
大雨に見舞われてしまいました
たらーっ(汗)
これによって影響を被ったのは
ずっと運転手役を勤めてくださったK氏(だけ)あせあせ(飛び散る汗)
申し訳ない
ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

4日間、K氏がたった一人で運転しきった走行距離車(RV)
8月24日(火) 580q
8月25日(水) 155q
8月26日(木) 112q
8月27日(金) 550q
K氏、本当にどうもありがとうございましたexclamation×2


ブダペストに到着したころには雨も上がり、
まず、N子さんと長距離バスのターミナルでお別れ手(パー)
次に、私も家の前まで送っていただいて
8月27日(金)午後7時帰宅家
楽しかったザルツブルグ旅行が終わりました
ひらめき

冬休みを目の前にして、
何とか夏休みの旅行記が終わりそうですあせあせ(飛び散る汗)
え? 
終わりそう…ってことはまだ続けるのかってグッド(上向き矢印)
旅行記は終わりですが、後日談がね…あせあせ(飛び散る汗)
では本日も、お帰り前にバナーを一押しパンチ

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート
posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

メルクにて、途中下車♪

H4-salz86melk.jpg

『モーツァルトの住居』での朝食後、
ザルツブルグ市内のガソリンスタンドで給油してから出発車(RV)
その後は高速道路をただひたすら
ブダペストへ向かって東へ東へ…ではなく、
途中で一度高速道路を降りて、
『メルク』という町に立ち寄りました
手(チョキ)

『メルク』は立派な修道院のある町で、
24日、ザルツブルグへ向かう道中、
高速道路からその修道院を見ることができました目
それについては、過去記事
『ウィーン〜ザルツブルグ間のハイライト』にてご紹介済み
でしたねるんるん
(この記事書いたのって10月21日だがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
 3泊4日の旅の記録に何と時間がかかっていることか…もうやだ〜(悲しい顔)


往路で眺めた『メルク修道院』の威容は、
本当にインパクトが大きかった
ので
それを近づいて見ることが出来るなんて嬉しい嬉しいハートたち(複数ハート)
そんな事が可能だったのも、
K氏が運転してくださる車の旅だったからこそ
ひらめき
自力で公共交通機関を使っての旅だったら、
あんなふうに自由に活動範囲を広げられなかったと思いますバッド(下向き矢印)爆弾
万が一、レンタカーか何かでの車の旅だったとしても
私自身が運転していたとしたら、
目的地(ザルツブルグ)まで
行って帰ってくるのが精いっぱいで、
『メルク』はもちろんのこと、
『ザルツカンマーグート』にも
行けなかっただろうなぁ…絶対に
手(グー)

H4-salz87melk.jpg
さて、立ち寄った『メルク』の町ぴかぴか(新しい)
期待していた以上に素敵な所でしたムード
高速道路から見えた
『メルク修道院』の立派だったことは言うまでもなく、
その門前町(…と言うのだろうか?)が
素敵だったんです揺れるハート

ちょうど広場で
手工芸品の青空市みたいなものが開かれていて、
思わず「コレ、欲しい〜揺れるハート
…と思うようなものがいっぱい
ひらめき
ま、結局何も買わなかったんですけどねたらーっ(汗)
街並みも小さくて可愛いお店が立ち並んでいて、
一軒一軒見て回りたいくらい
ぴかぴか(新しい)
ま、実際にはブダペストまで
まだ長い道のりがありますので
それほどゆっくりはしなかったんですけどね
たらーっ(汗)
ま、『メルク』、良いですョexclamation…ってことでわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

H4-salz89melk.jpg
朝、モーツァルトの家のカフェで
しっかり朝食をとったことでもあり、
昼食はそれぞれメルクの町で買ったものを
コチラの画像カメラ↑にあるペンチでいただきました
レストラン
楽しかったです揺れるハート

メルクを出発した後は、
今度こそブダペスト目指して東へと…車(RV)
お帰りの前に、本日も一押しパンチお願いいたします黒ハート

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート
posted by almakkii at 01:03| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

とうとうザルツブルグ旅行、最終日

H4-salz83mirabel.jpg

私がザルツブルグへ行ったのは8月末ひらめき
今はもう12月
あせあせ(飛び散る汗)
気がついたらもう、3か月半も経ってるんですねバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
ザルツブルグ旅行記も、
ようやく最終日、8月27日に突入です
ひらめき
いつもながら、
ほんのちょっとしたことを長々と書き連ねる
almakkii調全開ですみませんたらーっ(汗)ふらふら
もうすぐexclamationもうすぐで終わりますから
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

8月27日の朝、7時40分にホテルをチェックアウトホテル
そして向かったのは
ザルツブルグの『ミラベル宮殿』の『庭園』ぴかぴか(新しい)
ザルツブルグに到着した24日の夜、
暗い中に幻想的に浮かび上がる噴水を眺めた所です
るんるん
三日前に来たときは、暗くて何も見えなかった
『サウンド・オブ・ミュージック』の
ロケ地らしいところを見ておこう揺れるハート…というわけるんるん

ここで、前日朝のバッテリー切れから
1日お休みさせていたカメラに電源を入れてみたところ、
奇跡の復活exclamation×2

…で、撮った写真がコチラカメラ
H4-salz71mirabell.jpg
この写真を1枚撮った後、我が愛機(カメラ)は
「う〜〜ん、やっぱりアタシ、もうダメ…バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
…と、ダウンしてしまいましたふらふらあせあせ(飛び散る汗)

『ミラベル庭園』で『ドレミの歌』の気分に浸った後は、
マカルト広場に面する『モーツァルトの住居』のカフェへ行って朝食レストラン
ここのカフェで
モーニングセットのような朝食をとれる
ことは、
初日、K氏により調査済みでしたのでひらめき
K氏とN子さんが一緒なら、
コースはお任せ黒ハートで、
タクシーにボラれることもない手(チョキ)
まさに鬼に金棒ですナ
わーい(嬉しい顔)
H4-salz84reggeli.jpg
モーツァルトの住んでいたお家で食べる朝食カメラ
なんとなく優雅な気分〜揺れるハートでしたるんるん
H4-salz85reggeli.jpg

名残惜しかったけれど、
これでザルツブルグとはお別れ手(パー)
続きはブダペストへと戻る道中となります車(RV)
ザルツブルグ旅行記(?)も
残すところあとわずかひらめき
ではお帰りの前に、どうぞ下のバナーを一押しパンチ

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート
posted by almakkii at 00:04| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

TOYOTAタクシー

H4-228nekoinunezumi.jpg

観光産業に従事する方々に
『あからさまな親日っぷり晴れ』を示されても、
ハナっから信用する気のない
ココロの穢れたワタクシ…
あせあせ(飛び散る汗)
…とはいえ、
ホテルへと向かう車中では
N子さんとY子さんの間に座って
楽しくおしゃべりをしていましたるんるん

しかし、おしゃべりをしつつも
他への目配りを忘れていなかった
デキる女、N子さん
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
N子さんが運転手さんに声をかけましたひらめき
「運転手さん、
 あなた、ホテルへの道順、
 本当に知ってる?
 私たち、Iホテルに行きたいんですけどグッド(上向き矢印)exclamation&question


「え? もちろん知ってるよexclamation
 どうしてそんな事を聞くんだい?」
と、運転手さん
ひらめき

細かい内容は忘れてしまいましたが、
その後、運転手さんのほうが、
それ以前に乗った時の料金がいくらだったかを尋ね、
「9〜10ユーロ位だった」…といった会話がありました
ひらめき
そんな会話の後、
運転手さんはグイ〜ンとスピードアップして
料金11ユーロでホテルに到着ホテル

我々がザルツブルグでタクシーに乗ったのは
この時が4回目exclamation
1回目が10ユーロ、
2回目は8.60ユーロ、
3回目、10.40ユーロ。
そして、この時の親日TOYOTAタクシーの4回目が11ユーロexclamation×2
そう、
それほど飛び抜けて高かったわけではないんです
あせあせ(飛び散る汗)

3回目と4回目は、ホテルから少し遠いザルツァッハ川の
向こう側で乗り降りしたので、
1、2回目よりも少し高くなるのも当たり前ひらめき
3回目と比べても4回目は誤差の範囲内かなぁexclamation&question…という感じ??

でも、
私も4回目のタクシーに乗っていて、ちょっと変だと思ったのは、
1回目から3回目まで、
タクシーはザルツブルグの駅前を通ったのに、
4回目の時は駅前を通らなかった
んですexclamation×2
つまり、4回目は明らかに違うルートを走ったの車(RV)

それに加えて、
N子さんが道を知っているのか尋ねた後、
急に車のスピードを上げて
大急ぎでホテルに到着した
遊園地…感じがしたのでしたexclamation&question
3回目と4回目の誤差が60セントでは、
親日タクシーにボラれそうになったのかどうか、
今となっては…というより、
その時にも判別がつかなかったんですけどね
バッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)

でもexclamation×2私は今でもあのタクシーは
わざと遠回りをして
料金水増ししようと目論んだのだと
思ってますわ
手(グー)
「他人を疑うのは良くない、
 己のココロはドブのように薄汚れている…パンチ
…と、
言いたい人は言ってちょうだい
あせあせ(飛び散る汗)

デキ女N子さんはタクシーに乗ると、
必ずメーターをチェックしているんだそうです
ぴかぴか(新しい)
そこで9ユーロを越えたあたりで
例の質問をしたというわけです手(チョキ)
一方の私はというと、
こんなに疑り深い性格をしているくせに、
のん気におしゃべりに興じていたというわけで…
バッド(下向き矢印)爆弾
たぶんN子さんが居なかったら、
「帰りはずいぶん高かったなぁ〜たらーっ(汗)
 夜間料金かな?」
…とか思って、
大人しく料金支払っていた可能性が大きいです
がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

私って…
こんなに穢れきった性格をしていながら、
騙されても気づかぬ間抜け
なのか…もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)
N子さんみたいに才色兼備になるのは無理としても、
もうちょっとソツなくなれないものか…exclamation&question
何となく自分が哀れになってきました…たらーっ(汗)たらーっ(汗)
お帰りの前に、下のバナーに同情の一押しパンチを…揺れるハート

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート



posted by almakkii at 00:02| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

親日アピールご用心!?

H4-227kutya.jpg

星空夜の見えるイタリアンレストランで食事の後、
タクシーを拾ってホテルへ帰ることになりました
車(セダン)
タクシー乗り場はすぐそばで、
客待ちのタクシーは何台もあったので、
何の問題もありませんでした手(チョキ)
私たちをホテルまで乗せていってくれることになったのは
TOYOTAのタクシー
ひらめき

「日本人だねグッド(上向き矢印)exclamation&question
 良いよね〜、ニッポン晴れ
 この車もTOYOTAなんだexclamation
 日本車サイコー黒ハート

…とお愛想を振りまくタクシー運転手さんあせあせ(飛び散る汗)


…怪しいンだョ、キミ…爆弾

これは私の個人的な考えですが
こっちが頼んでもいないのに
自ずから親日ぶりをアピールする外国人って
あまり信用できないんですよね
バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
特に観光産業に従事している人
(タクシーの運転手もその一例)で
親日アピールする人って、…かなり怪しいexclamation×2


もちろん、本当に日本が好きな外国人も居ますよるんるん
日本語を教える仕事をしていたりすると、
日本のことを本当に好きでいてくれる
非日本人と出会う時があります手(チョキ)
でも、実際はそんな人たちばかりじゃないたらーっ(汗)
極東アジアの日本はヨーロッパからは遠い遠い所ですひらめき
「好き」の「嫌い」のというよりも、
ニッポンは遠い国ゆえ、それほど関心がない
…というのが
最も一般的なのではないでしょうか
グッド(上向き矢印)exclamation&question

だからね、
この時のタクシー運転手さんのように、
何やらことさらに『親日ぶり』をアピールされると、
つい、
「お愛想、お愛想あせあせ(飛び散る汗)
 本気じゃないくせに…たらーっ(汗)
 
そんなふうに思ってしまう私のココロは
ドブのように穢れているでしょうか…
ふらふらたらーっ(汗)

TOYOTA車を運転する親日タクシーが
どんなふうだったかについてはまた明日晴れ
終わりに近づきながらも
しつこく続いているザルツブルグ旅行記あせあせ(飛び散る汗)
お帰り前に下のバナーを押してくださると
大変ありがたく存じます
揺れるハート
人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート

posted by almakkii at 01:40| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

星空のリストランテ

H4-salz82lo.jpg

ザルツブルグ音楽祭のきらびやかな世界と、
大編成のオーケストラの迫力の演奏を堪能した音楽会の終了後、
私たちは、『K氏お勧めのイタリアンレストラン』へ行きましたるんるん
このイタリアン、
その日の午後、我々女性陣3人が
『ホーエンザルツブルグ城塞』へ行っている間に
K氏がちょっと遅めのお昼に入ったというレストランで、
『魚介類のパスタ』が超美味しかったんだとか揺れるハート

…って、ということはK氏、
お昼をここで食べたばかりなのに、
また同じお店に入っちゃって良いんですかグッド(上向き矢印)exclamation&question


「いいの、いいのるんるん
 ココ、美味しかったからレストラン
…とK氏
ひらめき
K氏って、どこまでも度量の大きいお方です揺れるハート
それに加えて、K氏がお店の人にも
「お昼に食べた『魚介類のパスタ』が
 すごく美味かったからサ、
 また来ちゃったよるんるん

…とおっしゃったものだから、
お店の人の『歓迎ムードハートたち(複数ハート)』がグッと高まりました
右斜め上

その証拠に、
ウェイターさんにオーダーをとってもらっている時、
いつの間にかテーブルに
料理人らしい人たち2人が来ていて、

「今日は『ポルチーニ茸のパスタ』がお勧めだヨ手(チョキ)
絶対に選んで損はないから、
 悪いことは言わねぇ、それにしなってexclamation×2

…ってな感じのことを言われ…
わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

魚介類不毛の地・ハンガリーから
やって来た我々としては、
やはり海の幸をチョイスしたい気持ちは強かったのですが、
せっかくの『シェフの一押しパンチということで、
『ポルチーニ茸のパスタ』を2皿、
K氏お勧めの『魚介類のパスタ』を2皿で注文
して、
皆で美味しくいただきました黒ハート

暑くもなく寒くもない、心地の良い夏の夜、
星の見える中庭の席で美味しい料理に舌鼓を打ちながら
音楽会の余韻に浸りつつ、
優しい人たちと楽しい会話…
ぴかぴか(新しい)
最高じゃんグッド(上向き矢印)exclamation&question
ねぇ
exclamation&question
思い返してみると
私ごときには分不相応に素敵な夜でした
揺れるハートあせあせ(飛び散る汗)
 

本日の記事タイトルは、
「そんなタイトルの映画があったような気がする〜るんるん」…と思って
こんなのにしてみましたひらめき
そんなタイトルの映画があったとしても、
はたまた無かったとしても、
映画とは関係ありませんから映画
では、お帰りの前にぜひ、下のバナーをクリックパンチ

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート
posted by almakkii at 00:03| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

いよいよ…ザルツブルグ音楽祭♪♪♪

H4-salz19ruha.jpg

午後4時半、
駐車場へ戻ってK氏と合流
揺れるハート
最初の日(8月24日)の晩に泊まったのと
同じホテルへ再びチェックイン手(チョキ)
2度目にチェックインしたお部屋は
前々日に泊まったお部屋とは別の部屋だったけれど、
造りが全く同じで、
まるで同じ部屋に戻ってきたかのよう
でしたあせあせ(飛び散る汗)

その晩はいよいよ『ザルツブルグ音楽祭』ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
コンサートの開演は午後8時ひらめき


音楽会へくりだす前に、
シャワーを浴びてお着替え〜
るんるん
…と言っても、私の場合は普段のヨレヨレの格好から、
珍しくスカートなんか穿いて、
ちょっとだけオシャレしました、almakkiiにしてはexclamation×2
…ってくらいのモノだったんですが…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
一方、同じお部屋でお着替えしたN子さん、
タイで買ったというタイ・シルクの民族衣装、
とっても美しかったです
ムード揺れるハート
そして同じくオシャレをしたKご夫妻と共に、いざ音楽会へるんるん

会場は『ザルツブルグ祝祭劇場大ホール』ぴかぴか(新しい)
いわゆる『ザルツブルグ音楽祭』としての催しが行われる会場は
いくつかあるらしいのですが、
その中でもメインの立派な会場でした手(チョキ)

そこがまたねぇ…
えらく煌びやかな世界ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)だったですよ
exclamation×2
何ていうかさ、『社交界ぴかぴか(新しい)みたいな感じexclamation&question
まぁ、イヴニングドレス…ってほどでもないけれど、
いわゆる正装っぽい格好…ひらめき
たとえば本日の画像カメラ↑のような
民族衣装姿の人も大勢いらっしゃって、
明らかに
「音楽祭は特別ですからオシャレしてきました黒ハート
…という感じのお客様ばかり
なわけですひらめき

もちろん正装していなくても
チケットがあれば入場することはできますexclamation
でも、ジーンズ姿ではちょっと肩身が狭いかもバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)…ですョ、あれは…あせあせ(飛び散る汗)
地味でもスーツなら問題ないと思いますけどね手(チョキ)
…ま、そんな感じでしたるんるん
着替えていって良かったわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

その日の演目は、
ブラームスとマーラーるんるん
ヴァイオリンのソリストは Hilary Hahnという、
新進気鋭のヴァイオリニスト(美人)で、
オーケストラは
Gustav Mahler Youth Orchestra

指揮者は Herbert Blomstedt でしたひらめき
オーケストラの名前に、Youthとあるだけあって、
若い演奏家ばかり…ひらめき
たぶん若くてまだ駆け出しの、
でも才能のある若い音楽家たちのオーケストラなんだと思いますぴかぴか(新しい)
マーラーの方なんて、
コントラバスが6〜8人居るような大編成で、
超迫力
exclamation×2
煌びやか〜ぴかぴか(新しい)なザルツブルグ音楽祭の夜夜
堪能させていただきました揺れるハート

ザルツブルグ音楽祭も終わると
ザルツブルグ旅行記も終わりが近づいてきたということであせあせ(飛び散る汗)
でも、もうちょっと続いちゃうかなexclamation&question
お帰りの前に下のバナーをポチッっと一押しパンチ
してくださると、とっても嬉しいですムード

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート
posted by almakkii at 00:49| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

一軒ポツン…の謎の家

H4-salz81nazo.JPG

ホーエンザルツブルグ城塞』
ザルツブルグの街を見下ろす展望台とは反対側
一面が緑の草地が広がる目にまばゆいような
広〜いところに一軒の家がポツン家
本日の画像カメラ↑、
いつも対象物よりも目立っているシャイン君…の右斜め上、
画像のほぼ中央に写っている家
ですひらめき
(上にある森のほうにある、立派な建物のほうではありません。)

その家は、
『かの有名な指揮者カラヤンの生まれた家ぴかぴか(新しい)だと
Y子さんが教えてくれましたexclamation
以前、ツアーで『ホーエンザルツブルグ要塞』へ来たとき、
ガイドさんからそう聞いたそうです耳

ところが、
「へぇ〜、あれがかの有名なカラヤンの…るんるん
…と、我々3人で話したり写真を撮ったりしていると、
「ねぇ、あなたたち、英語分かる?」…と、
見ず知らずの女性が話しかけてきましてるんるん

聞いてみれば、
シリコンバレーぴかぴか(新しい)から来たというその女性、
こんなことを教えてくれたんですよ
ひらめき

「あそこに一軒だけポツンと建っている家があるでしょ?
 あれはね、『処刑人の家』なんですって。
 実際の処刑もあそこで行われていたので、
 誰もあの近くには住みたがらなくて、
 そのせいであんなふうに不自然に
 一軒だけポツンと建っているんですってよexclamation×2
…とがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

「えexclamation&question
 私たち、あれは『カラヤンの家』だと思ってたんだけどexclamation&question
「え? 何それ? カラヤンの??」


結局、その『一軒家』が
『カラヤンの家』なのか、
はたまた『処刑人の家』なのかは、
我々3人とシリコンバレー嬢とで話し合ってみても
どちらとも結論が出なかったのですがね…、

どっちが正解なんでしょうねexclamation&question

私はY子さんのファンなので、
Y子さんが言うことなら、たとえ
「カラスは白いのよ、almakkiiexclamation×2」…と言われたとしても、
「はい、そうですねexclamationカラスは白いですexclamation×2
…と言いたいくらい
なのですがあせあせ(飛び散る汗)
あの一軒家の不自然な『ポツン』っぷりは、
シリコンバレー嬢の『処刑人の家家説』に
一票投じてしまいたくなるかも…
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

シリコンバレー嬢、
一人旅で話し相手が欲しくなったのかな?
確かに…『処刑人の家説』は
ちょっと人に話したくなるよねるんるん
面白い謎をありがとう、シリコンバレー嬢ムード
では、本日もお帰りの前に一押しパンチお願いしても良いですか?

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート
posted by almakkii at 00:15| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

再びザルツブルグへ

H4-salz75zold.jpg

『ザンクト・ギルゲン』で
モーツァルト像を見たあと、また出発車(RV)
次に目指したのは再びザルツブルグですぴかぴか(新しい)
その晩は、ほらひらめき
ザルツブルグ旅行へ出かけることになった
本来の目的、
『ザルツブルグ音楽祭のコンサートるんるん』へ
行く日でしたから
ぴかぴか(新しい)

ザルツカンマーグートって、
どこも本日の画像カメラ↑のような所だったなぁ…揺れるハート
8月末、夏もそろそろ終わる時期だったというのに、
まるで新芽が出たばかりの若葉色の世界
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
いったいどうしたカラクリなのでしょうグッド(上向き矢印)exclamation&question
Y子さんのおっしゃるには、
ザルツカンマーグートってたとえ冬でも
若葉色なんですって
exclamation×2
(雪が積もっているところ以外は雪
不思議ねぇ…あせあせ(飛び散る汗)

さて、ザルツブルグに到着ひらめき
コンサートの時間までにはまだまだ余裕があったので、
Y子さんとN子さん、そして私の3人は
『ホーエンザルツブルグ城塞』観光へ行きました
るんるん

何故『3人』だったのかというと、
ザルツブルグ中心部の駐車場駐車場が混雑していたため、
K氏が、車を停めるために全員で待っていることはないので、
観光へ行ってらっしゃい…と
おっしゃってくださったから
です
ぴかぴか(新しい)
こうして女性陣3人は
その日二度目、K氏を置き去りにして観光へあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
本当に私たち、
K氏に甘えっぱなしで…
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

『ホーエンザルツブルグ城塞』へは、
ケーブルカーで登ります右斜め上
上に着くと、高い所だけあって眺めが最高ぴかぴか(新しい)
ザルツブルグの街が一望できました
目

ザルツブルグの街を一望できるのとは反対側には
一面に緑が広がった場所を一望できたのですが、
そこには謎の建物が…たらーっ(汗)
それについては、待て次回ひらめき
では、是非一押しパンチしてからお帰り下さい黒ハート

人気ブログランキングへ
どうもありがとうございます黒ハート
posted by almakkii at 04:58| Comment(0) | ザルツブルグ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。