いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2012年07月24日

こんな時もあった。

H5-325jegesduna.jpg
2012年2月11日のドナウ川カメラ

週末、一時的に寒いような日が続きましたが、
また暑くなってきました。
夏は暑くてイヤむかっ(怒り)…と毎年思うけれど、
この写真を撮った冬の日は、
暑い夏がまた廻って来るなんて
信じられないような寒さだったなぁ…あせあせ(飛び散る汗)

寒い時には暑い季節の事を気持ちよく忘れて、
「寒くってヤダなバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
暑い季節には寒い季節の事を気持ちよく忘れて
「暑くってヤダなバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
…と毎年毎年思います。
進歩ないなぁ…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)



先週は、白根・草津へ温泉抜きで行ったんですが、
今日は地元の温泉に行って
のらくらしてきました〜るんるん
楽しかった揺れるハート

  br_decobanner_20110704215537.gif
posted by almakkii at 21:38| Comment(0) | 逆行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

つべこべ言わずに『エゲル大聖堂』

H5-571eger.JPG

今回はエゲルの『大聖堂』の写真を
まとめてアップしますひらめき
日頃、やたらとクチ数の多いこのブログですが、
今回は静かに、クチカズ少なくいたしまするんるん
ではexclamation

H5-180eger.jpg

H5-580eger.JPG

以下、『大聖堂』の内部カメラ

H5-582eger.JPG


H5-572eger.JPG


H5-573eger.JPG


H5-584eger.JPG


H5-583eger.JPG





あまり有名ではないと思うんですがあせあせ(飛び散る汗)
ハンガリーは『水球』が盛んです。
プロの水球チームがあり、リーグ戦もあったりします。

実はエゲルのプロ水球チームには
日本人選手がいて、
お名前を『長沼 敦』さんとおっしゃいます。

日本人のプロ水球選手ということで、
ハンガリーの邦人社会では有名な方だと思うんですが、
ワタシは全く面識がなくってですね〜、
全然知らない人デスあせあせ(飛び散る汗)
(ワタシの知人の多くは長沼選手の知人だけど、
 私自身は長沼選手の知人ではない…ということ)

長沼選手はエゲルでたいそう活躍なさって
いらっしゃるようで、
あるスポーツチャンネルで
30分くらいの『長沼選手の特集番組』をやってましたひらめき
インタビューでは(インタビューはハンガリー語)
「いや、ボクはサムライじゃないですよあせあせ(飛び散る汗)
 ハッハッハッ…」

…とか謙遜していらっしゃいましたが、
長沼選手はお侍様の役が似合いそうな男前ぴかぴか(新しい)です。

…と、ここまで書くと、
長沼選手のご尊顔を拝みたくなった人もいるかもしれないので、
長沼選手のブログはコチラ↓
『水球選手 長沼敦のブログ』
こちらの、ご本人様のブログで
男前なお顔を捜してみてチョ。

(無断でリンクしちゃったので、
 もし、クレームが来たりしたらリンクは削除しますたらーっ(汗)


なぜ突然、長沼選手の話題を出したのかというと、
その番組の中で
長沼選手が『エゲル大聖堂』の前の階段で自主トレ中?
…という場面があったからですぴかぴか(新しい)


…ということで、クチカズ少なくするつもりでしたが、
結局は
いつもの通りにお喋りしすぎの『ハンガリー試行錯誤』でしたあせあせ(飛び散る汗)


br_decobanner_20111109014654.gif



2012年06月07日

『エゲル』の印象は、地下潜入!?

H5-568eger.JPG

今回も昨年9月に行ってきた
『エゲル』の写真でどうぞ黒ハート



一昨日アップした記事、『エゲルのパノラマ写真』で紹介した
『ミナレット(尖塔)』から下を見下ろすと
こんな感じカメラ
けっこう怖かったですあせあせ(飛び散る汗)

『ミナレット(尖塔)』の写真を見てもらえば
分かると思いますが、
ミナレットの展望台(?)って狭いんですよ。
一応は手摺りがついているんですけど、
それほど高さがないし、
もちろん丈夫なことは丈夫な手摺りなんですが、
でもあの手摺りに寄りかかる勇気は無いですね、ワタシは…あせあせ(飛び散る汗)
だから、展望台では
ミナレット(尖塔)の壁面に背中をくっつけながら、
横歩きで周りを一周してくる感じがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)


高所恐怖症の方にはオススメできませんひらめき

(一緒に登った女子生徒が気分悪くなっちゃってたし…たらーっ(汗))



それから、
『ミナレット(尖塔)』は
登るときが こんな感じでカメラ
H5-167eger.jpg

また、
下りるときも こんな感じカメラ↓ なので、
H5-171eger.jpg

閉所恐怖症の方にもオススメできないかもしれませんふらふらあせあせ(飛び散る汗)




また、『エゲル』には
『Város a város allat』という所があって、
意味するところは『街の下にある街』といった感じ。
つまり、『地下道』というか、
ちょっとした『地下都市』みたいなもの
です。

『エゲルの大聖堂』の手前の脇に
このようなカメラ↓入り口があって、
H5-174eger.jpg

ガイド・ツアーで延々と地下道を歩き回ります。
H5-175eger.jpg

木の根っこが出てきているところとかカメラ
H5-176eger.jpg

人工の地下道なんだけど、
水が染み出して、鍾乳石みたいになっているところとかカメラ
H5-177eger.jpg

H5-576eger.JPG

H5-578eger.JPG


昔の生活道具が置いてある展示も
あったりしましたカメラ
H5-577eger.JPG

ボーリングにちょっと似た(?)
昔の子供の遊びに興じる人たちあせあせ(飛び散る汗)
H5-579eger.JPG

『ミナレット(尖塔)』は地下じゃないけど、
狭くて薄暗かったし、
『エゲル』の名所、『エゲル城』ぴかぴか(新しい)でも
けっこう長いこと地下道みたいなところを見学して、
その後に、この『地下都市』へ行ったので、
何だかワタシ、
『エゲル』では地下に潜ってばっかり
いたような気がするの…
あせあせ(飛び散る汗)



父母にウケが良いため、
このところ連日、写真いっぱいで好評更新中ですが、
たとえ無駄口ゼロで
写真だけアップしていたとしても、
写真を撮った後、
どれをアップするか選んで
   ↓
ブログに載せられるサイズに変更させて
   ↓
・・・・・・・・・・・・ま、色々あせあせ(飛び散る汗)なので、

たとえ写真だけでも
それなりに手間がかかっているのョ、
お父さん、お母さん
exclamation×2


br_decobanner_20111109014654.gif


2012年06月06日

突然『エゲル』のその理由

H5-155eger.jpg

昨日アップした
『去年のエゲルの写真』は
お楽しみいただけましたか?
今日も昨日に続いて、『エゲル』で撮った写真を
アップします。


本日の画像、1枚目カメラ↑と2枚目カメラ↓は、
『エゲルの名も無き教会』とその一部。

H5-157eger.jpg

もちろんこれだけ立派な見た目の教会に
名前が無いってことはあり得ないんだけど、
私がいつも頼りにしている
『地球の歩き方 ハンガリー』
(ちなみに私のは2007年度版)の
エゲルの地図にはこの教会の名前が書いてないので
名前が分かりませ〜んふらふらあせあせ(飛び散る汗)

Google地図(日本のGoogleでなく、ハンガリーのGoogle)でも探してみたんですが、
やっぱり名前が書いてなかったので
『エゲルの名も無い教会』ってことにしておいてくださいあせあせ(飛び散る汗)
(教会であることは間違いないと思うんだけど、
 今となってはそれさえ自信ないかも…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)


こちらはこのブログではおなじみのドナウ川ではなく、
『エゲル川』カメラ

H5-158eger.jpg
今になってみると、
いったい何を撮りたかったのか良く分からない写真あせあせ(飛び散る汗)
「遠近法」とかかexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)



『ドボー・イシュトヴァーン広場』カメラ
(正面の建物は『聖フランシスコ派修道士教会』…たぶん。)

H5-570eger.JPG

同じく『ドボー・イシュトヴァーン広場』の夜景カメラ
H5-178n.eger.jpg


夜の広場では、仮設ステージでコンサートカメラ↓をしていたなぁ…。
H5-179eger.jpg




突然9ヶ月も前のエゲルの写真をアップする理由は、
今、学年末で
うっかりするとアップする機会がないままに
なってしまうから…ということもありますが、
実はもう一つ理由があります。

5月後半に、
ウィーンへの日帰り旅行の写真たっぷりで
一週間ちょっと記事を書いたんですが、
それがブログを読んでいる我が両親(特に母)に
意外なほど好評だったんです。
なんかね〜、
写真を見るのが楽しいらしいんですよ。
「無駄口をたたく代わりにもっと写真をみせろexclamation…とたらーっ(汗)
これでもけっこう時間をかけて
毎日の記事を書いている自分としては
かなり複雑な思いではありますが…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

…そういうわけで、
死蔵寸前になっていた『エゲル』写真を
今になってアップしているというわけ。
『ハンガリー試行錯誤』は親孝行ブログなんでねっひらめきひらめきひらめき


br_decobanner_20111109014654.gif






2012年06月05日

エゲルのパノラマ写真

H5-159eger.jpg

もう6月です。早いですねぇあせあせ(飛び散る汗)

今学年度の最後の授業日は
例年通りに6月15日(金)ですので、
夏休みまであと二週間ですョひらめき
…と言っても、
勤務は6月末までしっかりあるんですケドたらーっ(汗)



で、唐突ながら
本日アップする画像は、全部
昨年の9月16日(金)、17日(土)に
クラス旅行に引率して
(ただついて回ってただけ、ともいうあせあせ(飛び散る汗)
エゲルへ行ってきた時の写真ですカメラ


画像1枚目カメラ↑と2枚目カメラ↓は、
エゲルに1つだけ残っている『ミナレット(尖塔)』です。


H5-160eger.jpg

エゲルは、
ブダペストから東へ電車で2時間くらいの所にある町です。
エゲルの『ミナレット』は
エゲルがトルコの支配下になっていた時代に
たくさん建設されたモスクのなかで、
現在まで残されたオスマン時代のモスクの唯一の名残。



『ミナレット』は、
上まで登ってみることができますひらめき
…となると、
当然登ってみたいと思うのがワタシよ。
登ってみました、ミナレットぴかぴか(新しい)




『エゲル城』方面カメラ
H5-168eger.jpg


エゲルの観光名所が多い中心部方面カメラ
H5-169eger.jpg


中心部の反対側、
たぶんエゲルの新市街?カメラカメラ

H5-170eger.jpg

学年末ということで、
今学年度も残りわずか。
うっかりすると今学年初頭のクラス旅行の写真を
アップしないまま、
次のクラス旅行(毎年9月にアル)に行っちゃいそうなので、
唐突ですが
ちょっと昔の写真をご紹介しましたるんるん




画像3枚目〜5枚目はパノラマ写真なので、
右側が途切れていると思います。
画像を1回クリックすると全体画像が、
その画像をさらにクリックすると、
フルサイズ画像が見られるはずです。
(ワタシが使っているブラウザではそうなってます。)


br_decobanner_20111109014654.gif


posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | 逆行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

一年半前のウィーン

H5-503becs1011.jpg

唐突ですが、
今から約1年半前の2010年11月
ウィーンぴかぴか(新しい)へ日帰りバス旅行バスに行きました。
今回はその時に撮った写真をまとめて公開〜
カメラカメラカメラ

「どこがどう」…という説明は難しいんですが、
どっぷりブダペスト暮らしから
音楽の都・ウィーンへ行くとですね、
「ウィーンはキレイだなぁっひらめき
…って思うんですよねぇ〜。
ウィーンはブダペストよりも
『小ギレイで小洒落て』いるんですヮよ。
いや、マジでexclamation×2


観光馬車も
ウィーンだと何となくオシャレっぽく見える…カメラ
H5-504becs1011.jpg

お店のウィンドウもオシャレカメラH5-501becs1011.jpg

オシャレというだけでなく、
物量が豊富な感じカメラ
H5-502becs1011.jpg
いや、ココだけの話、
やっぱりウィーンは
ラグジュアリーでリッチなムードに満ち溢れていてサ、

「ハンガリーみたいに貧乏じゃないのョひらめき
…って感じexclamation&question
国力の差を感じるヮ
あせあせ(飛び散る汗)
(誰でも読めるブログで公開しておいて
 『ココだけの話』ってのもないけどたらーっ(汗)

11月末ということで、
街はクリスマスのイルミネーションで
キラキラキラ〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
H5-508becs1011.jpg

もうクリスマスマーケットも始まっていてカメラ
H5-510becs1011.jpg

クリスマスマーケットの野外ステージでは
制服姿のオジサンたちの演奏がイイ感じでしたるんるん

H5-509becs1011.jpg


この制服、何かしら?
着ている人たちの雰囲気が
あまりキリッとしてない感じだったから、
軍隊とか警察じゃない気がするな。
「村の消防団」とかかしらあせあせ(飛び散る汗)
それとも「駅員さんの制服」かなぁ…???
あ、演奏は上手でしたョひらめき(念のため…あせあせ(飛び散る汗))


br_decobanner_20111110145003.gif

posted by almakkii at 01:00| Comment(0) | 逆行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

スロヴァキアに接近♪

H5-234mille.jpg

エステルゴムの大聖堂を
低いところから高いところまでグルリと見学した後は、
やはりドナウ川のほうを見に行かなくっちゃね〜
というわけで、
上から見た、ドナウ川沿いのモニュメントの所へも行ってみました。

コチラは王の戴冠式の彫像カメラ
たぶん聖イシュトヴァーン(ハンガリー初代国王)の戴冠図
…だったと思うケド、忘れちゃった〜ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
あ、デモ、聖イシュトヴァーンで間違いないと思うあせあせ(飛び散る汗)


H5-236bazilika.jpg

秋爛漫の大聖堂周辺を散策して…

H5-237bazilika.jpg

次は、ハンガリーとスロヴァキアを結ぶ橋
『マリア・ヴァレーリア橋』
のほうへ
行ってみることにしましたくつくつくつくつくつ


H5-239esztergom.jpg


H5-240esztergom.jpg

H5-241esztergom.jpg

H5-242esztergom.jpg

H5-243esztergom.jpg

H5-245esztergom.jpg

カメラ↑『マリア・ヴァレーリア橋』に到着〜るんるん
「ここから先は、もうエステルゴムではないexclamation」…と看板も言っています。

この橋を渡ったら、
そこはもうハンガリーではありません。
向こう岸はスロヴァキアです。

でも、私は向こう岸までは行きませんでした。

橋を歩いての国境越えは、
エステルゴム同様の国境の町、『コマーロム』で経験済みだったのでひらめき
それから、スロヴァキア側まで行かずに
ハンガリー側のところで引き返せば、
まだ日が暮れる前にブダペストへ戻れる電車に乗れそうだったの…あせあせ(飛び散る汗)

…というわけで、
横着してマリア・ヴァレーリア橋の上、
エステルゴムに近い側辺りから
大聖堂カメラ↓と

H5-246esztergom.jpg

ドナウ川の写真撮影カメラ
H5-247esztergom.jpg

あとはひたすらちょっと遠い駅へ向かって歩き、
ブダペスト西駅には午後3時40分頃に到着電車
スロヴァキアまでは行かなかったけれど、
この日はよく歩いた歩いたくつくつ…でしたひらめき



エステルゴムの街を隅々まで堪能したとは言えませんが、
一番の目玉、大聖堂だけはかなりしっかり見学。
朝8時20分にブダペスト西駅を出発、
午後3時40分に再びブダペスト西駅に戻ってくる。
ブダペストから日帰りで行ってくるには
ちょうどイイ所ですね、エステルゴムひらめき

…というわけで、
ブダペストから日帰りでどこかへ行ってきたい場合、
小さなカワイイ町とお土産屋さんの散策が好きな人にはセンテンドレ、
お城を見るのが好きな人にはグドゥルー、

そして、
教会を見るのが好きな人にはエステルゴム
…をお勧めしまするんるん
(あくまでも現時点でのお勧めひらめき
 そのうちに気が変わるかも…??)


br_decobanner_20111109014654.gif




2011年12月06日

大聖堂の鐘の音を間近で聞く♪

H5-238kane.jpg

『エステルゴム大聖堂』に隣接している『王宮博物館』のほうには、
このようにカメラ↑、
使われなくなったと思われる鐘が
ズラリと並べられていたりしておっ
たのですが、
大聖堂のほうには、
今現在現役バリバリの時を告げる鐘があるわけでして
ひらめき
(「現役バリバリ」とか、何となく死語っぽい…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

聖堂を見学後、宝物館を見て回ってから
階段をいっぱいいっぱい登って
エステルゴム大聖堂の鐘の前にたどり着いた時、
ちょうど時間は正午の2分前くらいでした。


コレがエステルゴム大聖堂の鐘(大きいほう)カメラ
H5-231kane.jpg

そしてコチラが小さい方の鐘カメラ

H5-248kane.jpg

…と言っても、
この写真だと何処に鐘があるのか分からないと思うので、
解説を付け加えてみましたカメラ

コレで分かる…かな?

H5-249kane.jpg

せっかくタイミング良く、
正午になる2分前に鐘の前にたどり着いたので、
そのまま正午の鐘が鳴り始めるのを待って、
間近でしっかり聞いてきました耳
大聖堂の鐘を間近で聴けるなんて、
なんとなくありがたい感じ…
手(チョキ)

まず、大きい方の鐘が30秒間位鳴って、
そのあと小さい方の鐘が約2分間るんるん
鐘の間近なので、
さぞかしウルサイんだろうな〜あせあせ(飛び散る汗)…と覚悟していたのですが、
意外にもそれほどのことはなくて、
「あぁ〜、イイ感じだね〜揺れるハート」くらいひらめき
たぶん遠くまで響く音だとは思うんですが、
近距離でも騒音って感じではありませんでした。


H5-232duna.jpg
大聖堂の上のほうから見下ろした『王宮博物館』カメラ
こちらは月曜休館だったため見学しませんでしたたらーっ(汗)



H5-233duna.jpg
ドナウ川ほとりのモニュメントカメラ

H5-478esztergom.jpg
10月31日のエステルゴムは、秋真っ盛りだったなぁ…晴れ
大聖堂の上から眺める景色はまた格別でしたぴかぴか(新しい)



言うまでもありませんが、
今はもう冬、本日の画像にあるような明るい光は
お目にかかることができませんもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)
でも、今年はまだ雪は降ってないので、
まだそれほど寒くないほうなのかもしれません。
しかし例年、一番寒いのは年が明けた頃だからね。
この程度で済むわけはないよね…ふらふらたらーっ(汗)


br_decobanner_20111109014654.gif

2011年12月05日

エステルゴム大聖堂(聖堂内部)

H5-220bazilikanagy.jpg

エステルゴムの大聖堂、
外観は大きくって立派でしたが、その中味は???
…というわけで聖堂の内部へ…くつ

おぉ〜揺れるハート期待を裏切らない豪華絢爛さぴかぴか(新しい)でありましたひらめき


H5-221bazilikapano.jpg

本日の画像カメラ
サイズの大きいものとか、
パノラマの写真もありますので、
画像の右側が途切れているような場合、
そこのところを察して
画像をクリックひらめき
フルサイズの画面をご覧下さるが良いですョ
揺れるハート


H5-222bazilikanagy.jpg

教会へ行くと、誰でも
足元よりも上を見上げると思うんですが、
ワタシは聖堂内の丸天井の写真を撮るのが好き〜黒ハート
カメラ


H5-224bazilika.jpg
こちら、中央祭壇の絵カメラ↑は、
一枚のキャンバスに描かれた絵としては、世界最大級の大きさ
だと
『地球の歩き方』に書いてあったデス。


H5-223bazilika.jpg
カメラ
中央祭壇以外の絵も充分に大きいですひらめき


H5-226bazilika.jpg
カメラ
しかもそういう大きいのがたくさんあるひらめき


H5-225bazilika.jpg
カメラ
中央祭壇を縦のパノラマでexclamation×2


H5-227bazilika.jpg
カメラ
教会ではパイプオルガンの写真を撮るのもお約束サ〜ひらめき



…というわけで、
エステルゴム大聖堂の聖堂内部の写真色々…でした。


エステルゴムに行ったのは10月31日だったんですが、
気が付けばもう12月じゃないですかがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
あぁ、今年ももう終わりなんだね…たらーっ(汗)

明日(12月6日)はサンタクロースの日だから、
学校にサンタが来るんだョ〜るんるん
ウキウキ〜〜黒ハート


br_decobanner_20111109014654.gif




2011年12月02日

行ってみた、エステルゴム。

H5-214vonat.jpg

行ってみたいけど行ったことのない所が
たくさんあるのは事実ですが、
行ったことのない場所の話ばかりしてるのも芸がないので、
今日は行ってきた所、エステルゴムの写真をご紹介〜ひらめき

エステルゴムへは、
ブダペストの西駅から電車に乗って行きました
電車
だいたい1時間半くらいかかります。
エステルゴムは終点なので、降りる駅を気にしなくていいので安心ひらめき
本日の画像カメラ↑の
奥に写っている電車に乗ったんですけどね〜、
この電車、キレイなんですョー(長音記号1)ぴかぴか(新しい)
普通電車なのにサ〜あせあせ(飛び散る汗)
エステルゴムよりも遠くへ行くような、座席指定券も必要な急行列車でさえ、
もっとオンボロな車体が走っているというのに…。
不思議よね、ハンガリー…??


H5-215esztergom.jpg
エステルゴムの駅に到着〜〜カメラ

エステルゴムの電車駅は、
観光地区からはちょっと離れています。
2kmくらい。

お天気が良かったので、ワタシは歩きましたくつくつくつ
(バスの乗り場とか、行き先とかを探すのが面倒で…たらーっ(汗)


H5-216osz.jpg

お天気は良いし、季節もちょうど良いし…るんるん
ちょうど良いお散歩でしたョ〜手(チョキ)

そして、目指す『エステルゴムの大聖堂』に到着ひらめきカメラ

H5-217bazilika.jpg

正面の柱、大きくて立派ですねぇ〜ぴかぴか(新しい)
カメラ

H5-218bazilika.jpg

大聖堂内部を見学したい場合は、この正面ではなく、
左手側に回っていくと、切符売り場と入り口がありま〜すひらめき

しかし聖堂を見学する前に、
そのまま大聖堂の裏手側まで進んでみると、こんな感じカメラ

H5-219duna.jpg
ドナウ河と、その向こうに見える景色はスロヴァキア〜るんるん


続く次回は、
大聖堂の内部の写真を一気に公開しますョひらめき
…というわけで、また週明けにネるんるん
良い週末をお過ごしください〜揺れるハート



br_decobanner_20111109014654.gif


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。