いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2010年01月26日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その9・米を研ぐ)

H-140ter.JPG

私が皿洗いを始めてしばらくすると
さすがに奥さまもそれに気がつき、
「(私に対して)あらあらalmakkii、何してるのexclamation&question 
 (旦那さんに)ねぇ、あなた、見て頂戴あせあせ(飛び散る汗)
…ってな事を言って、
あの二人…面白がっていましたね…たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「ハンガリーでは『お客さん』は皿洗いなんて絶対にしないョるんるんとか
言っていたので、
『訪問したお宅で皿洗いをする』ことを
『不思議の国ニッポン』の『ステキな風習』とでも
思ったのかもしれません
exclamation&question
とんでもない誤解ですが爆弾

「…日本だって普通、お客は皿洗いなんてしませんよパンチ
 むしろ初対面のお客にそんなことをさせたら、
 日本では普通、ホスト側は恥じ入り恐縮するもんですひらめき

…と思ったけれど、何も言わないでおきましたあせあせ(飛び散る汗)
そしてこの時点でようやく、
自分が『お客さん』としてここに招かれたというには
程遠い現実に置かれていることに気がついた
のですあせあせ(飛び散る汗)

皿洗いを終えて、私は持参した米を研ぎました手(チョキ)
日本で最近普及している『無洗米』は洗う必要無しだけど、
いわゆる普通の米の場合、米研ぎは必須ねexclamation
特にハンガリーで普通に売っている米って品質が悪いんですよバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
米の専門家でも目利きでもない私の目から見ても
「このお米、ボロボロやん…たらーっ(汗)って感じだったりするの爆弾
だから、中に混ざっている黒くなっている粒を除けたりしつつ、
米を研ぐのは必須の手順なのですexclamation×2
その点、日本で売っている米の品質は、
たとえ低級特売品でも、ずっとマシだと思いますわムード

奥様は私の『米研ぎ』にも興味を示していましたねあせあせ(飛び散る汗)
私も、ハンガリーでは自分がしているような『米研ぎ』は
しないんだろうと予想していたけれど、
逆にハンガリーではどう米を調理するのか興味があったので
ハンガリーでは米を調理する前に洗わないのかと質問してみましたるんるん
その答えひらめき
「洗うけどぉ…たらーっ(汗)ザルに米を入れて流水でチャチャチャとして
鍋に入れるひらめきそれだけダッシュ(走り出すさま)
…だそうですexclamation
拍子抜けするくらいに予想通りだった…たらーっ(汗)
そんなところだろうと思っていたのよexclamation×2

給食にも週に一度か二度は米のメニューが出るので、
私にもハンガリーの米料理を食べる機会は結構あるのですひらめき
そして感じる日本の米との違いたらーっ(汗)
単に長いツブの米だという種類の違いだけとは思えないあの違い…exclamation&question

「この見事なまでに米の一粒一粒に芯が残っている感じ、
 一体どう調理すればこうなるのかexclamation&question
…と
常々不思議に思っているのですダッシュ(走り出すさま)
奥様のおかげでハンガリー風の「米の洗い方」は分かったので、
次は誰か、ハンガリー風の米の調理の仕方を
教えてくれないかなぁ…るんるんあの、芯のある米料理の…ダッシュ(走り出すさま)
真似したいわけじゃないけれど、
どう調理すればああなるのか、興味があるのよexclamation×2

何はともあれ米を研ぎましたぴかぴか(新しい)
次は…また明日手(パー)



posted by almakkii at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その8・お屋敷に到着)

H3-175yuki.JPG

さて昨年末、12月25日の午後、
お優しい奥さまがお車でワタクシを迎えに来てくださり、
ワタクシ達は奥様のお屋敷へ向かいました家車(セダン)
お屋敷へ伺うのは初めてのことでしたし、
奥様のお宅がどの辺りにあるかもワタクシは存じ上げませんでしたダッシュ(走り出すさま)

車内での会話のテーマは『蜂蜜』についてるんるん
ミツバチが蜜を集める花の種類によって、蜂蜜は全然違うとか、
奥様が「日本では何の蜂蜜が多いのか?」とお尋ねになったので、
「日本ではアカシアの蜂蜜が多うございます。」
お答えした記憶がございますあせあせ(飛び散る汗)

ふぅダッシュ(走り出すさま)
『初めてお屋敷にご奉公にあがるいたいけな娘の追憶風に』
書いてみたのですが↑、ナンか変ですね爆弾

やっぱりガラじゃないというか、
私がいたいけじゃないのが敗因かしらバッド(下向き矢印)exclamation&question
…ということで、普通に戻ってあせあせ(飛び散る汗)

アーギのお家家はキシュタルツァ、
ブダペストの市の境界線を越えたところの町にありましたるんるん
郊外の新興住宅街って感じひらめき
アーギ家もまだ新しそうで、
聞いてみれば9月に引っ越したばかりとのことぴかぴか(新しい)
3人の子供たちの成長を見越して
ニューファミリーが新しいお家を建てましたって感じexclamation&question
アーギの3人の子供たちとはもう会ったことがあったけれど、
アーギの旦那さんとは初対面るんるん
その日、何回も言っていたけど、
アーギ夫は小津安二郎の映画が好きなんだってひらめき

インテリっぽ〜いあせあせ(飛び散る汗)

ご挨拶して、
クリスマスだったのでクリスマス・プレゼントを交換しあって、
次に私がしたことは…『皿洗い』
初めてお邪魔するお宅で、最初にすることとしては
かなり異例…ですよね、やはりたらーっ(汗)

しかしですね、
「どうぞこちらへお掛けくださいるんるんお茶はいかがexclamation&question」みたいな
お愛想を一切言ってくれなかったし、
「料理を始める前にまずは少しお話しましょう揺れるハート
…みたいなふうでもなかったのバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

子供が3人もいますからね、
お客(図々しくも私自身のことですが)はそっちのけ…って感じに
なってしまったんですよ爆弾
一方私のほうは、ちらし寿司のためにお米を研ぎたかったし、
だから流しを使わせてもらおうと思ったらば、
流しは(たぶんお昼ご飯の)汚れ物でいっぱいだったわけたらーっ(汗)


「米を研ぐ前に、このお皿を洗わないと」…というわけで、
私がまず着手したのは皿洗いだったのでした
手(グー)

今日も長かったですねバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
また明日手(パー)

posted by almakkii at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その7・いよいよ当日)

H3-177ter.JPG
日本料理の晩餐レストランをお振舞いするにあたって、
私がアーギ家家へ持ち込んだモノとは…exclamation&question


肉じゃがを煮込むときに必要な調味料るんるん
『だしの素』『しょうゆ』『調理用酒』手(チョキ)
本当はみりんもあったほうが良いはずだけど、
私、みりんを持ってないの爆弾
みりんは「代わりにお酒にお砂糖を足せば入れればいい」と
聞いたことがあるので、
みりんの代わりにお酒と砂糖を多目に入れれば良いか…と
思いましたあせあせ(飛び散る汗)

そしてちらし寿司を作るための『ちらし寿司の素』手(チョキ)
便利よね〜、ちらし寿司の素って揺れるハート
そして、日本のお米と比べると甚だ品質が劣りますが、
ハンガリーのスーパーでは長いツブの米に比べて
圧倒的に扱い量の少ない『短いツブの米』るんるん
ちらし寿司は長いヤツでないほうが良いと思いましたのでパンチ
持参したのはお米だけではなく、
ご飯を炊くための私の愛用『圧力鍋』もですあせあせ(飛び散る汗)
ハンガリー人の家には炊飯器、ありませんからバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
…というより、普通、ハンガリー人は
炊飯器というものを持っていないだけじゃなく、知らないの
たらーっ(汗)
一方の私はといえば、
普通のお鍋で上手にご飯を炊く自身がないので
圧力鍋も持っていくことにしたのでしたあせあせ(飛び散る汗)

そして、さらにもう一つ小鍋を持参ひらめき
こちらの小鍋には、
デザート用(?)に『おしるこ』が入っておりました揺れるハート
おしるこは温めなおすだけで良いように
すでに出来上がった状態ぴかぴか(新しい)
これに白玉を作って入れようかと思い、『白玉粉』
持って行きました手(グー)

スゴイ荷物でしょexclamation&question
米、鍋も持参たらーっ(汗)
日本人のお家へ行くなら必要ないものばかりですけどねダッシュ(走り出すさま)


さて、いよいよアーギ家家にお邪魔いたしますひらめき
上記のような大荷物で参りますんで、
私のフラットのすぐ目の前まで
『奥様』にはクルマで迎えに来ていただきました
手(チョキ)
ちなみに『奥様』っていうのはアーギのことexclamation×2
この日のアーギのことは、私、『奥様』って呼ぶことにしたのひらめき
そのわけは、続きを読めば分かるはずexclamation&question

…というわけで、まだまだまだまだ続くのですたらーっ(汗)
また来週〜手(パー)

posted by almakkii at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その6・牛肉を買うの)

H3-175szobor.JPG

市場のお肉屋さんの店先で、
「ハイ!牛肉ね。どれにする?」と聞かれた私たちひらめき
お肉屋さんには牛肉以外に豚肉など色々と並んでいて、
「この辺が牛肉だよexclamation…と示す先には大きな塊肉の山があせあせ(飛び散る汗)
部位別だか、それとも牛の種類の違いでもあるのか分からないけれど、
選択肢として3〜4種類あったでしょうか…?

何だか良くわからないけれど、
はっきり言って、分からないからどれでも良いような気がしたけれど、
「んじゃ、コレ」…と私が最初に指し示した牛肉は
骨付きの部位だったので「コレはあかんあせあせ(飛び散る汗)」と思い、
慌ててその隣の牛肉にオーダーをチェンジ

そしてその牛肉を切ってもらうことになったのです手(チョキ)

肉じゃがに入れるのは、牛肉に限らず豚肉でも美味しくできるけど、
いずれにしても『薄切り肉』ひらめきそうでしょグッド(上向き矢印)
しかし、ハンガリーには日本人の私が考えるような『薄切り肉』という
概念がないみたいなのよね
exclamation&question
大きな肉切り包丁を構えて、肉屋の兄さんが肉を切りましたexclamation
「ハイ、薄切りね、これでいい?」
厚みが1センチ以上ありそうですひらめき2センチ…?
私の概念上、それは薄切りではなく、厚切りです
たらーっ(汗)


「も…もっと薄くあせあせ(飛び散る汗)
努力はしてくれたのですが、やはり手で切るので
私が考えるような薄切り肉にするのは無理のようでしたバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
「厚切り肉で作ったとしても、たぶん肉じゃがにはなるだろう」と、
ハンガリー人にとっては薄く、日本人にとっては分厚い牛肉を
入手することができた私たちでした
ダッシュ(走り出すさま)
「日本ではもっともっと薄いのexclamation機械で切るから…あせあせ(飛び散る汗)
弁解じみたことを言いつつも…、とにかく牛肉はゲットぴかぴか(新しい)
めでたしめでたし揺れるハート

余談ですが、この肉屋さん、『豚の鼻』が売ってたのよあせあせ(飛び散る汗)
丸い穴が並んで二つ開いた、あの豚さんのお鼻がね、
そのお鼻の部分だけがカットされていてね、
ゴロンゴロンと並べて置いてあるんです
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
アーギも食材として使ったことは無いと言っていたので、
それほど一般的に食材としてよく使われるものでは
ないのかもしれないけれど、あんなの初めて見た…目
日本でも沖縄辺りへ行けば見られるのかな?

今日も長いですね爆弾
でもまだまだ続くんですよパンチ大丈夫ですかexclamation&question
というわけで、また明日手(パー)

posted by almakkii at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その5・市場へ買い出しに行く)

H-413kfa.JPG

アーギ家家お邪魔する一週間ほど前、
材料の買出しに一緒に行くことになりました
るんるん
牛肉とにんじんを買うのなんて、
お任せしてしまえば良いと思うでしょうが、
聞いてみれば私が行ったことがない市場へ行くのだと言うし、
そこへ行く本来の目的は
「クリスマスツリーのもみの木を買うクリスマス
ことだと言うので、
もみの木ショッピングに興味があった私は
ぜひともついて行きたいと思ったのでした手(チョキ)

さて、私は日本人の平均から見ても肉に疎い人間だと思いますたらーっ(汗)
いくらナンでも牛肉、豚肉、鶏肉が違うことくらいは分かりますョexclamation
でも、さらに細かい種類だとか、各部位についてとその名称となると
…よく分からない…
がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)
たとえ日本に住んでいたとしても、
焼肉屋さんへ行くことなんて滅多にないですしあせあせ(飛び散る汗)
私に分かるのは、その肉が薄切りか、細切れか、塊か、
または挽肉なのか…の違い
ですねたらーっ(汗)情けないたらーっ(汗)たらーっ(汗)

私、肉食の国・ハンガリーに住んで2年半近くなりますが、
実を言うと、今まで肉を買ったのはただの一度だけですひらめき
しかもその一度というのは、スーパーでパック詰めされた
挽肉を買ったという、ただその一度だけ
ダッシュ(走り出すさま)
ハムやソーセージのような加工肉は買うのですが、
なま肉を買ったのはその挽肉だけですね、
一回しか買ってないから、この記憶に間違いありませんひらめき
特に深い理由はないんですexclamation
お昼ごはんを学校の給食で済ませているので、
肉を摂るのはそれだけで充分かなぁexclamation&question…と思っているだけですあせあせ(飛び散る汗)
とにかく肉に関する知識に乏しい私が、
肉食の国に移り住んだところで
知識は相変わらず乏しいまま
だとそういうことですバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

しかし、『肉じゃが』を作ろうというからには肉は必要不可欠ですね黒ハート
肉じゃがには牛の薄切り肉手(グー)
牛がなければ豚でも良いけどexclamation&question

薄切り薄切り、そこまでは肉に疎い私でも何とか分かりますのあせあせ(飛び散る汗)

しかし、牛というのは大きな生き物ですぴかぴか(新しい)
牛の首だか肩だかモモだか背中だか分からないけど、
とにかく部位によって、または牛の種類が違ったりして
それによって名前が違ったりするんでしょグッド(上向き矢印)exclamation&question
味もそれぞれ違って、
作る料理によって向き不向きがあったりするのよね、多分exclamation&question

でも私、そんな詳しい事知らないしバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

頼りないにも程がある私だけど、
日本料理の知識ゼロの人と比べれば
そんな私でさえ日本料理の権威
ぴかぴか(新しい)
(えぇ、怖ろしいことにexclamation×2
市場に立ち並ぶお肉屋さんのうちのとある一軒の前に立ち止まり、
私たちは『牛肉の薄切り』を買うことになりました手(チョキ)

今日もまた長くなっちゃったたらーっ(汗)
また明日手(パー)

posted by almakkii at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その4・食材を準備しよう)

H3-041santa.JPG

実際に料理にとりかかるには、食材の準備が必須ひらめき
何を作るかが決まったら、必要な食材を調達しないと手(グー)

食材はアーギが準備してくれると言ったけれど、
何もかもお願いするのも悪いし、
例えば肉じゃがを煮込む時に必要な「だし汁」なんて、
頼んでも無理
だと思ったので、
アーギに準備してもらうのは
ハンガリーの普通のお店で普通に買える食材だけにしました
るんるん

そこで私がアーギに準備してくれるように頼んだのは、
ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、牛肉exclamation
他にも、作るのに必要な食材として、一応は
お米、しょうゆ、砂糖、日本酒、だし汁などなども挙げましたかわいい
アーギが言う事には、
「ジャガイモ、玉ねぎは家にあるわ手(チョキ)
 砂糖もあるし、お米もあるるんるんしょうゆも家にあるわよひらめき


ジャガイモ、玉ねぎがあるのは私の予想通り。
ジャガイモはハンガリー人のお家では必要不可欠の食材
ジャガイモは10キロ単位でドッサリ買う家も多いはずあせあせ(飛び散る汗)
日本の一般家庭で米が一粒も無いお宅があるとは考えにくいように、
(毎日食べるかどうかはともかくね)
ハンガリーの一般家庭でジャガイモが一個も無いなんて考えられないexclamation×2
…そのくらい必須食材のはずですからるんるん

ま、玉ねぎもよく使う食材のはずだし、
ある程度買い置きがきくから常備食材かな…とexclamation&question
それから砂糖も一般的なご家庭ならありますよねグッド(上向き矢印)るんるん

一方、私が「危ういなバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)と思ったのは、お米としょうゆあせあせ(飛び散る汗)
内心、「米があるって言ったって、
どうせハンガリー人が『米』と称する長いヤツでしょ手(グー)
と思い、
「しょうゆもなぁたらーっ(汗)…あると言っても
日本人が料理するときに使うに足りるだけの分量が
あるかどうかは分からん爆弾
あったとしても『ハインツ』のしょうゆかもしれないしパンチ

このように思ったのでありましたたらーっ(汗)

こんなふうに考える私のこと、意地悪なヤツ手(グー)って思うグッド(上向き矢印)exclamation&question
でも、自分で言うのはナンだけど、
これはかなり賢明かつ的確な懸念なんですョexclamation×2
何故なら、私の懸念はそのものズバリ当たっていて、
アーギ家の米は『長いヤツ』だったし、
辛うじてしょうゆはキッコーマンだったけど、
ほんのチョッピリしか無かったんだからダッシュ(走り出すさま)


あ、ちなみに私、トマトケチャップで有名な
あの『ハインツ』に恨みがあるわけじゃないの
晴れ
「ハインツのしょうゆ、あれはしょうゆじゃなく
ただの茶色くてしょっぱい水だ」

という説を採用しているだけですあせあせ(飛び散る汗)

本当にそう言ってた人がいるんですってばexclamation×2
だから、「ケチャップはハインツでOKだけどしょうゆはやめておけ…」が、
しょうゆメーカーの選択肢が少ないハンガリーに暮らす者として
最低限キープしている生活の知恵
なのですあせあせ(飛び散る汗)

今日も長くなっちゃったたらーっ(汗)
また明日手(パー)

posted by almakkii at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その3・何を作ろう?)

H-100curry.JPG

手料理のお振舞いに自信の無い私が、
他人様のキッチンで料理をするということになり、
真っ先に考えた日本料理のメニューは『カレーライス』レストラン
日本料理らしいかどうかはともかく、無難でしょグッド(上向き矢印)exclamation&question
カレーならまず作るのに失敗するということが無いあせあせ(飛び散る汗)
ご飯もハンガリーで一般的な不味い長細い米でOKだし手(チョキ)
その他の材料もハンガリーで簡単に手に入るものばかりるんるん
唯一、手に入りにくいのはカレールーですが、
それだけは私の秘蔵の『S&Bゴールデンカレー辛口』を
持参すれば良いか…と思った
わけでするんるん

もはやカレールーの中でも古典の部類に入るかと思われる
日本では珍しくもない『ゴールデンカレー』を
『秘蔵の』とまで言うのは大袈裟だと思うグッド(上向き矢印)exclamation&question

でも、私は大袈裟だとは思いませんョあせあせ(飛び散る汗)
ハンガリーで日本のカレールーを買おうと思ったら、
アジア食材店へ行くしかなく、
そこじゃ日本のスーパーで売っている何倍もの値段で
売っている
んですからexclamation×2
カレールーは貴重品なんですぴかぴか(新しい)
ま、それでもブダペストなら売っている店があるから、
それだけでもマシなんだけどたらーっ(汗)

しかし、『カレーライス』は断念せざるを得ませんでした爆弾
アーギの家はまだ子供たちが小さいので、
カレー…しかも私の秘蔵の『辛口カレー』を振舞うのは
リスクが高すぎたからです雷

カレーの次に私が考えたのは『肉じゃが』でしたるんるん
肉じゃがなら、調味料以外の具材は
肉、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん…と
ハンガリーでも手に入りやすいですからね手(チョキ)
そして『ちらし寿司』レストラン
ちらし寿司はご飯さえ炊ければあとは
『ちらし寿司の素』を使ってしまえば簡単だもんあせあせ(飛び散る汗)

そのようなわけで、25日の午後、
アーギのお家で作る日本料理は、肉じゃがとちらし寿司に
決定しました
かわいい

まだまだ続くたらーっ(汗)
また明日手(パー)

posted by almakkii at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる。(その2)

H3-085ter.JPG

自慢にならないのは重々承知しておりますが、
私はあまり料理をするのが好きではありませんバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
自分自身の名誉のために言っておきますが、料理はしますexclamation
料理はしますし、出来ます、それなりに…あせあせ(飛び散る汗)
ただねぇ…、かなり適当なんですよ、料理に関してはひらめき
いわば『簡単手抜き料理専門』とでも言うか…あせあせ(飛び散る汗)
だから、自分で作った料理を
他人様に振舞うなんて、好きじゃないの手(グー)
だって、自信が無いんだも〜んあせあせ(飛び散る汗)

だから最初、アーギに
「うちに来て日本の料理を作って黒ハートと言われた時、
「一体何を作ればいいのか分かんないしな〜たらーっ(汗)…と思ったのでしたダッシュ(走り出すさま)
でも、「25日の午後、家に来て、
午後一緒に料理をして、それをディナーにしましょうレストラン
材料は何が必要か言ってくれれば、
私が準備するし手(チョキ)
と言われて、
「それはちょっと面白そうかも…揺れるハートと思ってしまったのでしたあせあせ(飛び散る汗)

アーギは日本のことによく興味を示してくれる
とても良い人ですぴかぴか(新しい)
でも、実はそこが難しかったりするのだパンチ

例えば、彼女の質問ってこんな感じひらめき
「日本のお菓子って、どんなものなの?」
まぁ、日本のお菓子といっても色々ですが、
私はこんなふうに答えてみましたあせあせ(飛び散る汗)
「だいたいアンコを使っているものが多くて、
アンコっていうのは豆と砂糖から作るの」

「豆ってどんな?」
「普通は小豆っていう豆」

でも、彼女は普通のハンガリー人ですので、
小豆というものを知らない
のです手(グー)
アンコも小豆も食べたことが無いのはもちろん、
見たことも聞いたことも無い人に、
これ以上どうやったら日本のお菓子のことを
たどたどしいハンガリー語で説明できると言うのでしょうかexclamation&question


いつもこんな感じですので、
彼女が言うとおり、一緒に日本の料理を作って食べれば、
私が下手なハンガリー語で説明するよりも
よほど分かってもらいやすいだろうし、
私も楽しいかもしれない…
と思いましたるんるん
だからありがたくお誘いを受けることにしたんだけど、
次なる問題は「何を作るかexclamation&question」だったんですよねぇ〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)

…ってことで、また次回手(パー)

posted by almakkii at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる。

H-446palota.JPG

ユーリカ家で暖かいおもてなしをしていただいた翌日、
実は私、12月25日も、また別のお宅へお邪魔したのひらめき
25日に行ったのはアーギの家家
アーギもやはり同僚で、彼女はドイツ語の先生でするんるん

私にとってはちょっと意外だったことなのですが、
我が同僚のドイツ語の先生たちは英語を話しませんたらーっ(汗)
ドイツ語って、英語とかなり似ているところがあると思うし、
ドイツ人には英語を流暢に話す人が多いから、
ドイツ語が出来る人は英語が出来ると信じ込んでいたけれど、
そうでもないみたいexclamation&question

ドイツ人は英語を勉強すれば熟練した英語話者になれるけれど、
ハンガリー人にとってはドイツ語も英語も外国語exclamation
そういうことかもしれませんたらーっ(汗)
もっとも、同僚の中にドイツ人のドイツ語の先生、
つまりネイティブのドイツ語教師が一人いますが、
彼女はハンガリー語はペラペラですが英語は出来ません
ひらめき
この例を考えると、ドイツ人は英語が得意という私の自説も
かなり怪しくなってきますねバッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)


さて、アーギはハンガリー人のドイツ語の先生で、英語を勉強中ぴかぴか(新しい)
だから少し英語を話しますが、難しい英語は分からないみたいたらーっ(汗)
アーギは9歳を頭に三人の小さい子供がいるお母さんなので、
易しいハンガリー語で話すのは上手だと思います手(チョキ)
それでも、やはりアーギとのコミュニケーションには
時に困難を伴います爆弾
ま、それは誰が相手でも、いつものことですね、私にはもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)

アーギの家族はアーギとアーギの旦那さん、
そしてまだ小さい子供たち三人の五人家族です。
このお宅へ家族の祝日であるクリスマスに呼んでいただいたのですが、
クリスマス・デイに私を招待してくれるというアーギのご要望は
『私の家に来て、日本の料理をしてレストラン』というもの…でしたexclamation×2


明日に続く手(パー)


posted by almakkii at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

almakkii、歓待を受ける。(続き)

H3-091hal.JPG

さて、クリスマス・イブにお邪魔したユーリカ家家
家族構成はユーリカと旦那さん、
ユーリカの娘さんとその旦那さんの四人家族るんるん
そして、犬、ネコ、ハムスター、ニワトリ、ウサギという
たくさんの動物達のいるお家でしたひらめき

昨日も書いたとおり、
ユーリカとその娘さんは、ハンガリー語が覚束ない私相手に
話をするのがとても上手な人達なのですが、
いかんせんお客である私は言葉が不自由爆弾…ということで、
娘さんが子供の頃に家族で遊んだものらしい
ゲームを取り出してきて皆で遊んだり
して、
「なんだか私、すごく歓待してもらっているなぁ…揺れるハート」という
感じで、とてもありがたかったですムード


「クリスマスに一人なのexclamation&question」と言って同情はしてくれても
「ウチに来て一緒にクリスマスしよう」って言ってくれる
ユーリカのような人は滅多にいるものではありませんexclamation×2

いえねexclamation×2私が座を盛り上げるような技術に長けていたり
すごく魅力的な人物だったりしたら話は違うんだろうケドさ
バッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)
こんな芸無しの私ですが、ユーリカとその家族の気遣いのおかげで、
クリスマス・イブを楽しく愉快に、
そしてお腹一杯になって過ごしました
手(チョキ)

ユーリカはクリスマスに
食べきれないほどのご馳走とお菓子を作る
ハンガリー主婦の鑑ぴかぴか(新しい)のようで、
昨日の記事につけた「本日の画像カメラは、
お土産にもらったユーリカ家のクリスマスお菓子の数々るんるん
上側左隅に写っている三切れのベイグリ(ハンガリーのクリスマスケーキ)は
一切れずつ具が違う
んですひらめき
だから彼女は最低でも3種類のベイグリを焼いたはずexclamation
つまり「お菓子だけ」でも6種類、
お客にお土産に持たせられるくらいたっぷりと作るんですね
exclamation×2
すごいでしょグッド(上向き矢印)exclamation&question

本日の画像カメラ上↑は、お魚のフライレストラン
そして画像カメラ下↓はウサギのモモ肉レストラン
両方とも「お家でお食べ黒ハートとお土産にくださったものです揺れるハート

これらの肉・魚はメインで、
メイン料理の付けあわせがコレカメラ
H3-082salata.JPG
左からライス・フランツィアサラダ・ジャガイモのサラダぴかぴか(新しい)

実はユーリカ家でディナーにいただいたメインは鶏肉だったのひらめき
だからメインの肉・魚料理も三種類、
お土産に持たせてもまだ余るほど作ってあったんだなぁ…あせあせ(飛び散る汗)
すごいと思いませんグッド(上向き矢印)exclamation&question
この他にも、ユーリカ家のディナーでは
「ハラースレー」というお魚のスープもいただきました手(チョキ)

以上で、1月6日の記事に
クリスマスのためにハンガリー主婦は
とても食べきれない量のご馳走を作るので大変exclamation×2

…と書いた理由がお分かりいただけたでしょうかグッド(上向き矢印)exclamation&question
そのおかげで、私はその後の数日間、
料理をしないでご馳走を食べ続けることができました
手(チョキ)
私ったら、何というシアワセ者…揺れるハート

しかし実は、全てのハンガリー主婦がそこまで大量に
ご馳走作りをするわけでもなさそうですexclamation&question
そういう主婦のお宅にもこの冬休みお邪魔しましたので、
次はそのお宅でのことを書こうと思います手(チョキ)
では、また明日手(パー)


posted by almakkii at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。