いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2009年08月14日

「日本人の知らない日本語」



日本語学校が舞台になっているらしいので読んでみましたるんるん
「日本人の知らない日本語 (蛇蔵&海野凪子)」
面白かったです手(チョキ)

日本にある日本語学校のお話なので、生徒の国籍は様々。
私のように、「生徒は皆ハンガリー人高校生」という場合と違い、
色々な、本当〜に色々な生徒さんがいらっしゃいまするんるん

そして、
日本の日本語学校は(ハンガリーと違って)レベルが高いと聞いていたけれど、
それは本当だったexclamation×2

この本の中に出てくる生徒たちの鋭い質問パンチ
それに答え、導く凪子先生…名教師ですぴかぴか(新しい)
私は凪子先生の生徒になりたくなってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
生徒の鋭い質問の一例
・「さしつかえなければ」と「おそれいりますが」の
 使い分けを教えてください。

…など。
なんつうレベルの高さじゃあせあせ(飛び散る汗)
あなた、本当に『日本語学習者』なんですかexclamation&questionって感じたらーっ(汗)


posted by almakkii at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

タカラヅカは…


日本の伝統的な舞台芸術で、
外国人のあいだでも有名なのは歌舞伎ひらめき
たしかに歌舞伎も日本らしくて良いですけれど、
私が秘かに日本の舞台芸術の一つとして
ハンガリー人に紹介してみたいとたくらんでいるのは『タカラヅカぴかぴか(新しい)

個人的にはアニメやジャニーズよりも
タカラヅカをプッシュしたいですヮ〜ハートたち(複数ハート)
残念ながら今のところ、
タカラヅカが好きで日本語の勉強を始めた…というような、
私と趣味の合いそうなハンガリー人には
会ったことがないですが…たらーっ(汗)
posted by almakkii at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

また作ってみようかな?

作りものが好きです。
ビーズヘンプで作るアクセサリーなども、
ずいぶんたくさん作りました。
染色・織物にトライしてみた事も…。

半年以上前になりますが、
か〜な〜りぃ〜大雑把な解説の本を見て、
作ってみた布ぞうりを、愛用中です。

今回は、布ぞうりの作り方
とても親切に解説している本を見つけたのでご紹介♪

『手づくり布ぞうり』市ノ瀬絵里子(著) 日本文芸社



この本は親切ですョ〜♪
布ぞうりの材料にする古着の裂き方も図解解説してあります。
Tシャツを裂く場合、Yシャツを裂く場合…というふうに。

もちろん布ぞうり作りの手順
カラー写真で細かく解説されているので、
私が布ぞうりにトライした時に
この本があれば…と思いました。

また作ってみようかなぁ〜〜???
posted by almakkii at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

使えそうな本、見つけた!

役に立ちそうな本を見つけました!

『絵を描いて教える日本語』永保澄雄 (創拓社出版)




日本語を教える時に、

シャカシャカ〜と手早く絵を描いて教えると、

理解しやすいので、絵を描いて教えましょう…という、

日本語教師向けの内容なのですが、

日本語を教えようという人ばかりでなく、

ちょっとした絵が簡単に描けたら良いのになぁ…

思っている人にも有益な本だと思います。

人物、動物、色々な物などの特徴をつかんだ描き方や、

階段を登る・降りるなどの、動作を分かりやすく絵に描く

方法などが解説されていて、

本を読みながら描いて練習すると、

私にも絵を描いて教えられるような気がしてきちゃいました。

地図の書き方なんていうのもあって、

実生活でも役に立ちそうです♪

posted by almakkii at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。