いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2012年11月27日

BKVの船に乗る場合

H6-160hajo.jpg

前回まで8回に渡って
BKVの船に乗って、
超チープなブダペストのドナウ川クルーズへ
出かけてきた報告をしましたるんるん

ひょっとすると、
それを読んだかたの中には
まっとうな観光クルーズ船ではなく

「BKVの船で軽〜くドナウ川クルーズ、
 してみてもイイかも〜ムード

…とか思う人が居ないとも限らないので、
今回は、まとめのまとめとして
そんな酔狂な方に役立つかもしれない情報などひらめき

(注:BKVの船がまっとうでないという意味ではありません。
   ただ、公共交通機関の定期運行船なので、
   ガイドなど、観光船に当然の配慮がまったく無い…という意味あせあせ(飛び散る汗)

BKVの船に乗る時は、
バスやトラム、地下鉄などでも使える
まったく同じ乗車券を使うことができます。

(船用の乗船券なんてものはナイあせあせ(飛び散る汗)
個人旅行の人で『1日有効のパス』など、
期間内は乗り放題の券を買っている場合は、
そういったBKVのパスでも乗船OK
手(チョキ)
ま、この辺はこの先、変更がないとは限らないので、
その場、その時に調べたほうが安心かもしれません。

次に、朝と晩以外の昼間の時間帯は、
一時間に、上りが一本、下りが一本なので、
場合によっては待ちますたらーっ(汗)

そして、船の乗り場には時刻表があったりして
「BKVの船着き場である」という目印はありましたが、
係の人とかはいなくて、
船が到着した時以外は無人状態のようです。
だから、
運が悪いと無人の船着き場で1時間近く待つことになるので、
旅行者の場合、
「ここで待っていて大丈夫なんだろうか…たらーっ(汗)
…と思っちゃうかも。
場合によっては辛抱が必要デスあせあせ(飛び散る汗)

全区間に乗ると、約2時間くらいの船旅になるようですが、
歴史的建造物の多い、
つまりはブダペストのドナウ川クルーズらしい区間は
『ボラーロシュ広場(ペトゥーフィ橋)』から
『ヤーサイ・マリ広場(マルギット橋)』までの間の
片道が約1時間くらいの区間
です。
これは、
『ボラーロシュ広場』で船に乗ってドナウ川を上っても、
『ヤーサイ・マリ広場』から乗ってドナウ川を下っても、
どちらでも良いんじゃないかなぁ?
船旅が気に入ったら、往復してもイイかもるんるん
(往復して運賃が二倍になっても、
 たぶん観光クルーズ船より安上がりではないかな?…とあせあせ(飛び散る汗)


それから、
上記の船旅おススメ区間には入っていない『マルギット島』は
外側から見てもそれほど面白くはないので
船旅のお勧め区間からは、あえて切り捨てましたが、
マルギット島そのものはステキなところなので、
ブダペストへご旅行の際、時間があったら
行ってみるが良いですョ
るんるん
『マルギット橋』の真ん中辺りで
『マルギット島』への橋が渡っているので、
島へは歩いてでも行くことができます手(チョキ)
(『マルギット島』の北端にある『アルパード橋』からも、
 橋で直接つながっています。)

H6-184hajo.jpg
分かりにくい写真だと思いますが、
この写真に写っている船の上にあるのが
『マルギット橋』から『マルギット島』へ渡る橋ですカメラ



めずらしく観光のかた向けのつもりで記事を書いてみましたが、
これからブダペストは暗く暗く、寒く寒くなる季節で、
たぶん船旅もマルギット島も
あまり適していない時季かもしれません
バッド(下向き矢印)ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
今、ブダペストに来る人には
ヴルシュマルティ広場のクリスマスマーケットが
おススメ
ですクリスマス
(今年はまだ行ってないケド、
 たぶんステキだと思いますあせあせ(飛び散る汗)


br_decobanner_20110902001902.gif


posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

ドナウ川の小石

H6-112dunakavics.jpg

時々、
「こんど、ハンガリーへ旅行することにしたからひらめき
…という理由で、ネットを検索していて
このブログへ辿りついてしまうかたが居るようです。

でも、このブログってば
旅行に役立つような事はほとんど書いてないので、
そういった迷い込んでしまった子羊の皆さんには
申し訳ない気が…たらーっ(汗)

たまには
そういった迷える子羊の皆様に
少しは役立つことでも書かなくっちゃね?
…と思ったので、
今回はお土産に良いかもしれない
ハンガリー産のお菓子をご紹介
黒ハート


本日の画像カメラ↑にありますのは、
ハンガリーの菓子メーカー・ボンボネッティ社の
『Duna kavics(ドゥナ カヴィチ)』ひらめき
ピーナッツを砂糖がけコーティングしたようなお菓子
です。

オススメしておいて何なんですが、
たいして美味しいわけではないんです
がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
味を重視するなら、
同じボンボネッティ社の製品でも、
クッキーとかのほうが美味しいと思うんですよね。

それなのに敢えて『Duna kavics』を推す理由は
名前のせいだったりします。

Dunaというのは『ドナウ川』のこと、
そしてkavicsとは、『砂利』とか『小石』のことなので、
『Duna kavics』とは
『ドナウ川の小石』といった意味
なわけデス。
(ドナウの砂利…というと、あまり美味しそうでないので…あせあせ(飛び散る汗)
この変な色に色づけされたピーナッツが
ドナウ川の小石ぴかぴか(新しい)というわけなんですよひらめき

それほど美味しいものでもないけど、
小さい袋なら安いし、軽いし、
不味くても食べきれないってことはナイと思うので、
ハンガリー土産にオススメしておきます。

あ、
「これね、
 『ドナウ川の小石』っていう意味のお菓子なんでするんるん
 ハンガリーのお土産です黒ハート

…と、ひと言添えるのをお忘れなくexclamation×2
そうでないと、全然ありがたみが無いから
あせあせ(飛び散る汗)



でも、ホント、
味を重視する人には敢えてオススメしませんけどあせあせ(飛び散る汗)
けっこう固いのよね、『ドナウ川の小石』は・・・たらーっ(汗)
『ヘレンド』とか『ジョルナイ』へ行って
高級磁器をバンバン買えるようなリッチな層にも
オススメしませんあせあせ(飛び散る汗)
そういうお金持ちは
中央市場へ行って高価なフォアグラの缶詰でも
お買いあそばせぴかぴか(新しい)


  br_decobanner_20110706150423.gif



posted by almakkii at 00:00| Comment(2) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

週末園芸クラブ御用達の土

H6-025taniku1.jpg

このたび、一気に仲間が増えた
我が家の多肉植物、『多肉ちゃん』たちかわいい
本日の画像カメラ一枚目は、他の多肉ちゃんたちよりも早く、
今年の4月に我が家に養子に来た
いわば多肉ちゃんのなかの先輩格、
元祖・本家の多肉ちゃん、
『多肉ちゃん1号』の近影でございますカメラ


どうですか、
夏の辛い時期を乗り越えた後の、
この見事な生き返りっぷりは
ひらめき


(『多肉ちゃん1号』が乾ききってヨレヨレになっていた
 かわいそうな姿は
 こちらのページをご覧くださいダッシュ(走り出すさま)


今回の週末園芸クラブ(部員一人)では、
『多肉ちゃん1号』は植え替えをせず、
鉢の上の方に、
ちょっとだけ土を盛り足すだけにとどめました。
ま、深い意味は無く、
まだ植え替えしなくても大丈夫かなぁ…と思ってあせあせ(飛び散る汗)
やっと元気を取り戻しつつある時なので、
あまりいじらない方が得策かな…と。


ところで、
今回の園芸クラブで使った土なんですが、
これがスゴイのexclamation×2

『ココナッツを原料にして作った土』とかいうモノで、
買ってきた時のパッケージはコチラカメラ

H6-021enge.jpg

『土』といっても日干し煉瓦(?)みたいな感じに
乾燥して固めてあるんです。カメラ
H6-022enge.jpg

この日干し煉瓦(?)に水を加えて混ぜると
みるみるうちに『土』になりました〜カメラ
H6-023enge.jpg

やだコレ、
超〜〜おもしろ〜〜〜〜いぃぃぃ
ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

水を加えると、
あっという間にムクムクモコモコ膨らんで
ココナッツの筋スジいっぱいの土が出来上がりひらめき
およそ2〜3週間分の肥料も含まれているんですってョ手(チョキ)
便利でしょ?


クルマ持ってなくて、
公共交通機関が頼りのブダペスト暮らしなもんで、
大きな袋入りの土なんてものを
持って帰らなくて済むのはありがたいひらめき

そして最後に耳寄り情報演劇
この『ココナッツの土』はIKEAの商品なんです。
IKEAって日本にもあるんでしょう?
(どこにあるのか知らないけど)
たぶん IKEAがある国ならどこででも
手に入るんじゃないかと思うんです。
週末園芸クラブの自主トレに励みたい人は
IKEA へ Go〜〜
ひらめき



継ぎ足したココナッツの土が効いているのか、
今、『多肉ちゃん1号』が絶好調に元気ですぴかぴか(新しい)
多肉ちゃん1号に良く似ている多肉植物が
黄色いお花をつけたという情報もいただいたので、
「多肉ちゃんにお花が咲いたりしたらどうしようぅぅ〜〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
…と、野望(妄想?)が膨らんでいますexclamation×2


br_decobanner_20110706150028.gif


posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

窓側か、通路側か?

H5-6-005pest.jpg

飛行機で座る座席は、
窓側がイイか、
それとも、通路側がイイか
…なんですが、
ワタシは断然、通路側派デス。

ワタシが飛行機に乗る時って、
たいてい一人で乗ることが多いんですが、
過去、珍しくお連れがいた時でも、勝手に
「通路側にしてくださいひらめき
…って言っちゃうくらいに
ワタシが座りたがるのは通路側exclamation

通路側席の利点は何といっても
自由がきくことexclamation×2

座り続けで疲れたら、
ちょっと歩き回りに行くこともできるし、
ストレッチのため、
通路の方に少しばかり手足を伸ばしても
それほど迷惑はかからない。
(ずっと通路に足を伸ばしっぱなしにしたら迷惑だろうけど爆弾
客室乗務員さんが、
飲み物バーを持って廻ってくる時にも
すかさず手を伸ばして飲み物を貰うことができる手(チョキ)
乗務員が廻ってきてくれなければ、
自分から水を貰いに出向くこともできるくつ
長時間フライトの辛さは窮屈なコトexclamationですので、
少しでも自由のきく通路側席は譲れません手(グー)

でも、今回帰省してくる時に利用した
『ブダペスト→フランクフルト』みたいな
ヨーロッパ内を飛ぶ飛行機の場合は、
窓側席を確保するようにしています。


その理由は、飛行時間が短いから
例えば、ブダペスト→フランクフルト間は
飛行時間にして、ほぼ2時間足らず。
まぁ、2時間くらいなら
トイレに行くのも我慢できるし、
ストレッチも自分のスペース内で
小さくやってればイイかたらーっ(汗)…って感じなので。

その代り、
短距離フライトでは窓側のお席で
外の景色を存分に楽しみまするんるん
写真も撮っちゃいます
カメラ
このところ、このブログにアップしている写真は、
6月30日の、ブダペストからフランクフルトまで移動の際に
飛行機の窓から撮った写真ですぴかぴか(新しい)

空から見ても、
今、自分が何処を飛んでいるのかなんて
ほとんど分からないことが多いんですが、
ブダペストの中心部は
ドナウ川と、ドナウ川にかかる橋や中洲の島々のおかげで、
飛行機からでも良〜く分かるんです手(チョキ)
手(チョキ)
それが楽しみなので、最近は
『短距離フライトでは窓側派飛行機』になりましたわーい(嬉しい顔)




さて、今日書いた内容は
「エコノミークラスではひらめき
…の但し書きが必要だったかも?
ファーストクラスではさ〜、
窓側席でもゆったり…だろうからねぇぇ。
羨ましいよねぇぇぇぇあせあせ(飛び散る汗)



  br_decobanner_20110704215537.gif



posted by almakkii at 10:30| Comment(0) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

空港のWi-fi事情(わかる範囲で)

H5-6-004pest.jpg
(今日は『リスト フェレンツ空港』を離陸してすぐに撮った写真カメラ↑で〜す)


このブログ、6月30日更新の『リスト フェレンツ空港』
『フランクフルト空港』
そして、7月1日更新の
『日本に到着』は、
それぞれの場所にて、i-pod touch を使って更新しました。

更新場所は、
『リスト フェレンツ空港』は、リストフェレンツ空港にて。
『フランクフルト空港』は、フランクフルト空港にて。
『日本に到着』は、成田空港にて、ですひらめき

ワタクシは吝嗇ですので、
有料の Wi-fi 接続なんてしません
あせあせ(飛び散る汗)
上記の3つの場所では、
無料 Wi-fi を有難く利用させてもらいました
手(チョキ)

同じ無料の Wi-fi でも、
上の3つの空港では、それぞれ接続方法が少しずつ違ったので、
どなたかの役に立つかもしれないから
書いておきますねるんるん

まず、
『リスト フェレンツ空港(ハンガリー;ブダペスト)』の場合は、
接続にパスワードなどは不要でした。
キャッチできた フリーWi-fi を選択、受信するだけでOK
手(チョキ)
ただ、Wi-fiをキャッチできるエリアは
あまり広くないみたいで、
免税店などがある場所から離れて、
出発ゲートの方へ移動したら
Wi-fi の受信が出来なくなっちゃいましたたらーっ(汗)

次は『フランクフルト空港(ドイツ;フランクフルト)』
ここでは、まずフリーWi-fi を受信したら、
「1日30分間はアクセス無料」っていうのを選択
します。
自分の携帯電話の番号を入力する欄があるので、
電話番号を入力、送信すると、
即座に携帯にSMS(メール)が送られてきます。
送られてきたSMS(メール)に
PINコード(数字4ケタ)が書いてあるので、
そのコードをネット接続画面の所定の位置に入力すると、
インターネット接続OK
になりますぴかぴか(新しい)

最後に『成田空港(日本;成田)』ではひらめき
ここでは、ネット接続画面に
自分のメールアドレスを記入する欄があって、
そこにメアドを入力したら接続OK
になりましたるんるん

空港で無料の Wi-fi を使いたい方、
参考にしてくださ〜いるんるん



こんな説明↑じゃ分かりにくいでしょうかね?
無料でも接続までのやり方に
色々あるみたいョ〜ってことさえ分かれば、
あとは実践あるのみexclamation&question


br_decobanner_20110706150616.gif


posted by almakkii at 16:35| Comment(0) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

貴様、トランスレーターを隠し持っているだろう!!

H5-6-009frankfurt.jpg
カメラ↑ フランクフルト着陸前に撮った写真なので、たぶんフランクフルト〜飛行機

今回のブログタイトル、
「貴様、
 トランスレーターを
 隠し持っているだろう手(グー)

…とは、
先日、フランクフルト空港のセキュリティチェックを通る時に、
特に危険物など入っていないはずの私のカバンが
要チェック雷のラインに送られてきて、
見上げるような大男で凄味のきいた係官に
言われた言葉
です。

いえ、本当は
そんなに恐ろしげに言われたんじゃなくって、
普通に
「このカバンの中に
 『トランスレーター』が入ってるんじゃないですか?」

…って感じに聞かれただけなんですケドあせあせ(飛び散る汗)
でも、係官が見上げるような大男だったのは本当。
やっぱドイツの人は背が高いね、ハンガリー人と違って。
(ハンガリー人は大きい人もいるけど、小さい人もたくさんいる)

しかし、問題は『トランスレーター』ですよ。

『トランスレーター』と聞いて、
一瞬、ワタシの頭に浮かんだのはコレ↓カメラ
C-3PO.jpg
通訳ロボットのC−3POぴかぴか(新しい)

3POがワタシの翻訳機だったりしたら
嬉しくって自慢しちゃうと思うんですが、
もちろんワタシは3−POのフィギュアさえも持ってませんexclamation

「えぇ〜、トランスレーターって何だろ〜?
 そんなイイもの、持ってないョたらーっ(汗)

…と思いながら、
カバンからまず最初に取り出したのは i-pod touchひらめき

「コレですか?」
「違う。それは携帯電話携帯電話


i-pod touch はケータイじゃないんだけど、
係官様にあからさまにたて突くのは憚れたのと、
何といっても説明するのが面倒くさかったので
誤解は解かずにおいておきましたあせあせ(飛び散る汗)

それで、結局のところ
トランスレーターとは何なのか?ですが、
『電子辞書』のことでしたひらめき


目的のブツ(電子辞書)を発見した係官様に
ちょっと離れたところまで連行されて、
そこで待ち構えていた美人係官が
ワタシの電子辞書を何かチェックした後、
無事に返してくれたので、
結果オーライなんですけどね、
今まで何回も問題なくセキュリティを通ってきた電子辞書が、
セキュリティにひっかかったので
ちょっとビックリ
あせあせ(飛び散る汗)

それ以上に、
電子辞書が
『辞書(dictionary)』じゃなくて
『翻訳機(translator)』だなんて
ただの辞書よりも何となくハイグレードな感じの名前で
呼ばれていることにもビックリしました
がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)



係官様(大男のほう)に
「コレって translator って言うんですか?
 dictionary だと思ってましたケドグッド(上向き矢印)exclamation&question
…と言ってみましたらば、
「いや、コレは translator だよ」
…と言っておられました。

電子辞書は translator って、言うみたいよひらめき
憶えておいて損はないかも。
…っていうか、コレって常識exclamation&question


br_decobanner_20111109014654.gif


 
posted by almakkii at 22:49| Comment(6) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

MÁVの切符の注意点

H5-608jegy.JPG

ふと気が付いたんですが、
日本のJRを利用して
どこかちょっと遠い所へ往復で行くとき、
駅で往復切符を買うと思うんですが…


…って書いたところでさらに気が付いたんだけど、
最近の日本じゃ PASMOだとかいうICカードを使ってるから、
いちいち切符なんて買わないのかしらexclamation&question

そうだとすると、
なんだか自分がすっかり浦島太郎さん状態だってコトを
改めて自覚せざるを得ないんですが…ふらふらたらーっ(汗)

ま、とにかく、
JRで往復切符を買った場合、
切符は『往路用』と『復路用』の2枚ですよね。


しかし、ハンガリーの鉄道『MÁV(マーヴ)』で
往復切符を買った場合、
切符は往復切符1枚だけ
ですひらめき
1枚の切符を往路も復路も使いますので、
往路を使った段階では
まだ切符を捨てちゃダメですョexclamation
それから、
「往復のお金を払ったのに、
 切符を一枚しかくれないがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)」…と
あせらなくても大丈夫。
まずは切符をよく見てみましょう目

本日の画像カメラ上↑が
先日ゼベゲーニへ行ってきた時の往復切符です。
同じ画像ですが、印をつけてみましたカメラ
H5-608jegy-2.jpg

赤く○で囲んである所に、
Menettérti
と書いてあるのが往復切符
である印。
片道切符の場合は、同じ場所に
Egy útra
と書いてあります。

なんだかねぇ〜、
「こんなのハンガリー人にしか分からないじゃんむかっ(怒り)
って思う。
外人に優しくなー(長音記号1)もうやだ〜(悲しい顔)

MÁVが外人に優しいかどうかはさておき、
同じ切符で往路、復路の両方使うって、
何か不便じゃないのかしら?って思ったんですが、
特に不便ではないらしいです。


MÁVの電車でも、
往路、復路ともに車掌さんが
切符を見にまわってくるんですが、
往路の車掌さんがチェックしていった
既に書き込みが入っている切符を
(上の画像カメラ↑を参照)
復路の車掌さんに見せると、
「使用済みじゃないか手(グー)
…などと言われることもなく、
普通にチェックして、車掌さんは去っていきます。

復路の車掌さんがチェックした後カメラ
H5-609jegy.JPG
↑真ん中あたりに、
 復路の車掌さんがグチャグチャって書き加えていったの。
 分かる?

おそらく、
『往路』と『復路』で
それぞれ書きこむ場所が決まっていて、
復路の車掌さんも
切符が二重使用されていないことが
分かるようになっているんじゃないでしょうか。
多分ね。



2枚目の画像カメラで、
黄色く四角で囲ったところが
『出発地の駅名』と『目的地の駅名』

一番下のライン(印なし)が
『切符の有効期限』
です。
そして、
赤く○で囲った部分にある
『片道切符Egy útra』か『往復切符Menettérti』

この3つに注意すれば、OKなんじゃないかな?と思います。

ワタシの切符の場合、
50%kedvezmény(緑で線を引いた部分)とあって、
これは50%割引の意味なんです。
だから正規運賃(Teljesárú)で『ゼベゲーニ』まで行くと、
今は往復で2,240フォリントかかります。
でも、頻繁に値上がりしてるみたいなので
あまり参考にならないかも…たらーっ(汗)


br_decobanner_20111109014654.gif


posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ブダペスト東駅、実話事件。

H5-149keleti.jpg

もう随分長いこと、このブログのコメント欄は
誰も書き込むことのない閑散とした有様だったのですが、
最近、時々ですがコメントが入るようになりました。
コメントを入れていただくと、
自分の身内(両親とか親戚、数少ない友人など)以外にも
読んでくださるかたが居るんだ…ということが分かるので、
素直に嬉しいデス
手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
嬉しいことは嬉しいんですが、
コメント欄に記事に関する感想などではなく、
何故かコメント欄にブログ記事とは全然関係のない質問を
寄せられることが多くなった気がするのには
少々当惑しています。

『ハンガリー試行錯誤』はただの日記ブログなのに、
何でワタシに質問してくるんでしょexclamation&question
ワタシがまともに質問に答えられるわけないのにねバッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)


さて、最近いただいた質問がきっかけで
思い出したことがあったので、
今回はそのことを書こうと思います。
私自身の体験ではないのでこのブログに書こうとは
思ったこともなかったんですが、
考えてみると、この話は
「外国だからって、そんなに怖がる必要もないけど、
 こういうコトもあるので、皆、気をつけようねひらめき

…という注意喚起
になるんじゃないかな〜と思います。

さて、事件というのは数年前、
私の知人がお財布を盗まれた爆弾…というもので、
ブダペストの東駅で起こりました。

ブダペスト東駅というのは、
ハンガリー国内のみならず、
ハンガリー国外まで行くような電車の始発駅なので、
旅行者など、わりと遠くまで出かける人が多い駅です。
そして、通過駅ではなく始発・終着駅なので、
ホームに入線してきた電車が10分とか20分とか(?)
出発するまでの間しばらく停車している駅でもあります。

私の知人(以下、Aさん)は、
Aさんのお友だちと一緒に旅行へ行くため、
東駅へ行き、入線してきた電車に乗り込みました。
その電車はコンパートメントタイプの電車だったそうです。

日本にはコンパートメントタイプの電車ってありませんけど、
ヨーロッパには日本と同じような
ずらっと座席が並んでいるタイプの車両の他に、
一つの車両の端っこが長細い廊下になっていて、
客席は仕切られた個室の中に、
3席づつが合い向かいになっている
(1つの個室に座席が6つ)
コンパートメントタイプの電車があります。
コンパートメントタイプの電車は、
1つの個室を自分達だけのグループで占領することができれば
他の乗客に気兼ねをしなくて済むので快適なんですが、
占有できるのはあくまでも一人一座席なので、
座席が空いていれば個室に誰か知らない人が入ってくるのを
阻止することはできません。
結果、狭い個室に見ず知らず同士が
相席することになります。

Aさんとそのお友だちは、
東駅で電車に乗り込んで、
運良く空いているコンパートメントを見つけて
座席を確保ひらめき
あとは電車が勝手に出発して目的地到着するまで
何の心配もない…と、
おしゃべりに夢中になっていたんだそうです。

超・ヘタクソだけど、ペイントで図解を描いてみました↓あせあせ(飛び散る汗)

H5-287vonat.bmp

上の図のような位置関係で、
Aさんは自分の横にお財布の入っているバッグを置いて、
対面している席にいるお友達との喋りに夢中。
個室の中という安心感もあって、
ほとんど周囲に気を配っていなかったそうです。
そして、
Aさんの言うことには、
「何か、いつの間にかおばあさんが個室の隅に
 チョコンと座っていた気がするんだけど、
 そのおばあさんがいつの間にか居なくなってて、
 気づいたら
 バッグに入れていた財布が消えていた…」
…だそうです。

証拠はありませんけど、
『いつの間にか入ってきて、
 気がつかないうちに消えていたおばあさん』が
スリだったんでしょう。

旅行へ行くので少しお金を
多めに入れていたお財布を失くしてしまったAさんは、
旅行へ行くのをあきらめて
まだ出発前で東駅に停車中だった電車から降り、
警察に届けを出しにいったそうです。
(つまり、すべては東駅を電車が出発する前の
 停車中の間に起った…ということです。
 プロの手口だと思われますたらーっ(汗)




Aさんには申し訳ありませんけれど、
Aさんが少々無防備すぎた面もあると思います。
私自身は東駅周辺が
とりたてて危ないとは思っていないんですが、
やはりまとまったお金を持ち歩いていそうな
旅行者が多く集まる場所ですから
それを狙う人たちもいる…ということだけは
意識していたほうが良さそうです。
皆さん、
気をつけましょうね、お互いにひらめき


br_decobanner_20111109014654.gif











2011年11月29日

カワイイ拭き拭き♪

H5-230inu.jpg

本日の画像カメラ↑の『しろいいぬ」
可愛いでしょう〜?
夏に日本の素敵な大手100円ショップで買いましたるんるん

このワンコ、可愛いだけじゃなく
とっても役に立つワンコです。
パソコンなどの画面を拭くモノなの。
i-pod touchの画面は指で触って操作するため
すぐに汚れてしまう…けれど、
このワンコで拭き拭きすると
あっという間にキレイになる〜ぴかぴか(新しい)
重宝しています
黒ハート

このイヌを買った時、
母にそんなモノを買うのかと呆れられたんですけどね、
こんなに優れモノなら、
一緒に売っていた「ネコ」も「クマ」も買ってくれば良かったexclamation×2
…そう思っているくらいです。

だって、
カワイイだけじゃなく、
実用性もあるなんて
素晴らしい
じゃない
exclamation&question

ハンガリーにダイ×ーがあったら、
どんなに良いだろうか…と、思います。
マジでexclamation×2



今日は日本で買えるモノの話なので、
日本在住の方々にとってのお役立ち情報(?)
スマホの画面汚れに悩んでいる人は
100円ショップ・ダイ×ーへGOだexclamation×2

役に立つものを
ただ役に立つだけでなく、
さらにカワイくしてしまう日本のセンス、

ワタクシ、素晴らしいと思います
exclamation×2
もっと世界に誇るべきデスョパンチ


  br_decobanner_20110704215537.gif




posted by almakkii at 01:00| Comment(0) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

BookCafe

H4-527cafe.jpg

昨日、勿体をつけて詳細を書かなかった
超ステキなFree Wi-fiのお店の名前は『BookCafe』晴れ
その名の通り、本屋さんの2階にあるカフェです
るんるん

内装は本日の画像カメラ↑にあるとおり、ゴージャスぴかぴか(新しい)
ちょっと立派過ぎて気後れしてしまいそうです…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

「ここでお茶したら、
 さぞかし高いんだろうなバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)」…と思ったら、
意外と値段は普通くらい。

もちろんモノによっては高いものもあるし、
普通のお茶にしても安いほうではないと思うけれど、
本当に、普通くらいのお値段です手(チョキ)
貧乏なワタシが言うんだから間違いないexclamation×2
ここよりも高いお店だっていっぱいあるもん。

ケーキ大好きなワタシにとっては重要ポイントですが、
ケーキも美味しかったですよ〜黒ハート
こちらのお値段も、普通くらい。
…今は円高だから、
日本から来て円換算している人にしてみると、
むしろ「お安い揺れるハート」かもしれません
ひらめき

こんなお城みたいな内装なのにカメラ

H4-528cafe.jpg

しかも、これがタダでWi-fiも使えるときたもんだひらめき
なんて素晴らしい
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

『BookCafe』は、世界遺産でもあるブダペストのアンドラーシ通り。
『アレクサンドラ(Alexandra)』 という本屋さんの2階です。
本屋さんのほうは現代的な内装で、カフェとは全然違うけれど、
そっちのほうもキレイです。
入り口近くには、ワイン売り場がありましたョンバー
アンドラーシ通りの、『オペラ座』と『オクトゴン』の間にあります。

もうこれ以上は教えない〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



ウチの近所でもないし、
滅多に行くことも(行けることも)ないと思うんですケドexclamation×2
お町のほうへ出かけたときに行きたいお店が出来た〜黒ハート
食事している人は周りにいませんでしたが、
お食事用のメニューも渡されたので、
一応は見るだけ見ておけば良かったなぁ…たらーっ(汗)
(次、いつ行けるか分からないし…)

一応、比較のために書いておくと、
コーヒー一杯だけで粘るつもりなら
マクドナルドのほうが安いっスひらめき
(でも、マクドナルドでメニューを注文するとしたら、
 BookCafeでお茶とケーキのほうが安く上がるかもョ揺れるハート


br_decobanner_20111110145003.gif


posted by almakkii at 01:00| Comment(2) | お役立ち(?)情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。