いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2013年06月21日

ドナウ川洪水の残骸

H6-0616dunaarvizutan (16).JPG
昨日に続いて、
6月16日(日)に見てきた洪水後のドナウ川の話ですひらめき
上の写真は洪水で水没していたのがウソのように
キレイに復活したドナウ川沿いの車道カメラ


一週間前にはこの写真カメラ↓の右に写っている壁の
かなり上の方まで水があったのにがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
H6-0616dunaarvizutan (18).JPG
(先週なら、ワタシは水底に立っていることになりますなぁ…カメラ↑)

道路はキレイだし、
ちょっと水位が高い以外は洪水の爪痕なんて
なんにも無いのかしら〜??…と思ったら。
H6-0616dunaarvizutan (23).JPG
よく見ると、船着場の筏に流木がひっかかっていますカメラ

ココの場合はさらに明らかカメラ
H6-0616dunaarvizutan (20).JPG
船着場の筏へ渡る橋の手すりに漂流物がビッシリひらめき
洪水の時はこの手すり、水底に沈んでいたんだね〜がく〜(落胆した顔)

大きい流木も引っかかってるカメラ
H6-0616dunaarvizutan (21).JPG

地上の手摺りにも漂流物が引っかかってるトコロを発見カメラ
H6-0616dunaarvizutan (24).JPG

こんな大きい流木も地上に残されていましたカメラ
H6-0616dunaarvizutan (22).JPG

さらには、
ドナウ川をドンブラコッコと流れていく大きな流木を発見カメラ
H6-0616dunaarvizutan (32).JPG
いつもはそれなりに多くの船が行き来しているので、
こんな大きな流木が流れてたら危ないぞ〜がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

やはり、あれだけの大水の後だもの、
漂流物などもかなりたくさんあったはずexclamation×2
ワタシが見に行ったときには
そういったものが片付けられた後だったのね〜ぴかぴか(新しい)
あまりにキレイに片付いていたので、
洪水の後って、何もかもキレイに流されて
スッキリ片付いてしまうものなのかと
勘違いしてしまうところでしたがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

動画も撮りましたので、宜しかったら…映画


比較のため、昨年10月28日に撮った動画も貼っておきます映画




ドナウ川沿いの車道は、
いつもなら車がビュンビュン走っているんですが、
ワタシが16日に行ったときは一台の車も通りませんでした。
車の代わりに自転車の人たちが悠々と走っていて、
妙〜にのんびりした雰囲気だったです。
もしかすると、どこか別の場所ではまだ漂流物のお片づけ中で、
車はまだ通行止めだったのかもしれませんね〜。
ちなみに、
今はもう車の通行も復活しているそうですョひらめき

br_decobanner_20110902001902.gif







posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | ブダペスト日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。