いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2013年03月12日

お母様のお名前は?(質問編)

H6-414lanchid (1).JPG

ハンガリーでは、
役所に提出するような公式の書類(?)には
自分の氏名を書く欄があるのはもちろんですけれども、
母親の旧姓を書く欄があります。

父の氏名でも母の氏名でもなく、母の旧姓、
つまり『自分のお母さんの結婚前の名前』です。

ちなみに、自分の氏名の欄には
当然ながら、現在の自分の氏名を記入するわけですが、
自分が『生まれた時の氏名』を書かされる場合もあります。
そういう時、
ワタシは年は食ってても未婚ですので
「生まれた時だろうと、今だろうと、
 名前は同じダョむかっ(怒り)

…とか思っちゃうんですが、
それは単なるヒガミ根性の現れですふらふらあせあせ(飛び散る汗)

しかし、
自分自身の旧姓を書かされるのはまぁ道理として、
「母親の旧姓を書けパンチ」…とは、これ如何にexclamation&question
ワタシはずっとそれが不思議だったデス。


だってね、
「父親の名前を書け」とは全然言われないんですョ。
(日本でなら、母の名より父の名を書かされる気がする…)
そして、母親の「現在の名前」も書かなくてイイの、
書かなくちゃならないのは『母の旧姓』ひらめき

なんででしょう〜?
どうしてなんでしょう〜〜〜???
分かります?????


…というわけで、
ワタシにとっって長らくの謎だった
公式書類への母の旧姓記入のなぜexclamation&question
このブログの過去記事を読んで、
是非、考えてみてくださいませ
ひらめき

わりと最近になって思い当たった
「たぶんこういう事なんだろうな〜」…という
ワタクシの持論公開は明日
晴れ

…というわけで、また明日ダッシュ(走り出すさま)



本日の画像カメラ↑はパノラマ写真。
たぶん右の方が切れちゃってるんじゃないかと思いますが…。
『ブダの王宮』を正面に、右側には『くさり橋』ひらめき
お天気の良い午後だったので、逆光です爆弾
ドナウ川のペスト側からは
このように午後は逆光になってしまいますので、
晴れの日は午前のうちに、
午後行くなら曇りの日のほうがヨロシイですねもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


br_decobanner_20110902001902.gif





posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | ハンガリー覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。