いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2013年03月11日

ドナウ川夜景・第6弾

H6-411duna (6).JPG

3月ともなると日が長くなってきて、
とっぷりと暮れた夜景を撮るには
6時を過ぎるのを待たないとダメ手(グー)…になってきました。

今回のドナウ川夜景・第6弾の撮影日は2月25日。
場所は『ペトゥーフィ橋』の上カメラ↓、ペスト側のたもと近くです。

(地名で言うと、『ボラーロシュ広場』と言われている辺り)
H6-411duna (2).JPG



橋の上からすぐ下に見えるのは
BKVの船乗り場『ボラーロシュ広場』カメラ

ここに船が来ます。
船がいないときは無人ですたらーっ(汗)
H6-411duna (1).JPG
(BKVの船について書いてあるのはこの辺です


一番手前が『自由橋』、
その向こうに見える橋は『エルジェーベト橋』、
『ブダの王宮』と『マーチャーシュ教会の尖塔』、
左の小高い丘が『ゲッレールトの丘』、
その手前、左隅に写っているのが『ゲッレールト・ホテル』ですカメラ

H6-411duna (7).JPG



ペトゥーフィ橋から近いのはブダ側のこの建物カメラ
Budapest Műszaki és Gazdaságtudományi Egyetem
(the Budapest University of Technology and Economics)
正式な日本名は分かりませんが、
『ブダペスト経済工科技術大学』…という感じの名前の立派な大学〜ぴかぴか(新しい)
H6-411duna (5).JPG



再び
『自由橋』、『エルジェーベト橋』、
『ブダの王宮』、『マーチャーシュ教会の尖塔』カメラ

H6-411duna (8).JPG



『ゲッレールトの丘』の
『しゅろの葉を掲げる自由の女神像』カメラ

H6-411duna (3).JPG


動画はコチラです映画




今回の写真を撮影した日は2月末でしたがあまり寒くなく、
橋を歩いて渡っても平気かな?…と思ったくらい。
渡りませんでしたけどねあせあせ(飛び散る汗)

日が長くなってきたので、
夜景写真もそろそろ難しくなってきました。
まぁ、ブダペストは夏でも白夜になるわけじゃないので、
夜遅くなっても良ければ
真夏でも夜景を撮ることは出来るんですが…
夜出かけるのはメンドクサイからねあせあせ(飛び散る汗)

震災から今日で二年。
日本人として、思うところがないわけがないのですが、
震災当時もブダペストに居て、
日本人と会うことも少ない日々を送っていて…、
今日もやっぱりいつもと同じ日常に追われてしまうと思います。
やはり日本にいらっしゃる方々に比べると、
震災について思いをはせるときが
ワタシには決定的に少ないですよね。
なんか、すみません。


br_decobanner_20111109014654.gif





posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | ブダペスト日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。