いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2012年06月11日

街路樹はチェリー

H5-578cherry.jpg

ハンガリー人はワタシと同様に
食いしん坊な人が多くって、果物も大好きですレストラン
たとえば『サクランボ』なんかも
ハンガリー人が大好きな果物の一つ。

ハンガリーのサクランボには2つの種類があります。
『cseresznye(チェレスニェ)』と『meggy(メッジュ)』ひらめき

(厳密には『cseresznye(チェレスニェ)』と『meggy(メッジュ)』の両方に、
 さらにまた細かい品種がたくさんあるんでしょうが…。)
『cseresznye(チェレスニェ)』は『チェリー』で、
『meggy(メッジュ)』のほうが『サワーチェリー』
…なんだそうです。


『チェリー(チェレスニェ)』は普通に甘いサクランボで、
そのまま食べます。
日本のサクランボは、このチェレスニェのほうに近いかなるんるん

一方、『サワーチェリー(メッジュ)』は少し酸味が強いので、
そのままでも食べられますが、お菓子などによく使われます。
ハンガリーのお菓子には、
『サクランボのパイ』とか、『サクランボのケーキ』とか、
色々色々あるんですが、
そういうのはコチラ、『サワーチェリー』の方です。

収穫時期は、
『cseresznye(チェレスニェ)』が先で、『meggy(メッジュ)』が後。
『cseresznye(チェレスニェ)』は5月後半くらいから出てきて、
『meggy(メッジュ)』が出てくるのは6月後半以降…って感じかな。
だから今は、
ギリギリで『cseresznye(チェレスニェ)』の時期(終期)にあたります。


で、本日1枚目の画像カメラ↑なんですけどひらめき

これはワタシの利用する最寄り駅にて、
先週撮影したモノですカメラ
ほぼ中央にちょっとバランスが斜めに延びている
背の高い木があるでしょ?
コレよカメラ

H5-579cherry.jpg



この木を、めいっぱいズームにしてみると、
このとおりカメラ

H5-580cherry.jpg

サクランボがなってますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

この木、
毎年毎年、今頃は立派なサクランボの実が
たわわに実って美味しそうなの〜レストラン

誰も採って食べたりしてないみたいだけどね。
木が高すぎて、
採りたくても手が届かないしさ
バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

毎年、実が熟れ過ぎて
自然と落ちて潰れているのを
「もったいないなぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)
…と思いながら見つめているワタシです。





このサクランボの木の他にも、
近所に街路にサクランボの木があるんですが、
それも毎年実を実らせているんですが、
やっぱりそれにも手が出せないワタシですあせあせ(飛び散る汗)
街路樹だけど、
持ち主が居るのかどうか分からないからね〜、
持ち主が居て収穫期を見計らっているところだったりするとマズイもんたらーっ(汗)


br_decobanner_20110902002156.gif



posted by almakkii at 01:00| Comment(0) | ハンガリーの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。