いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2012年01月31日

分からないことが気にならなくなる程度。

H5-271var.jpg

コンニチハ晴れ
今はそれなりに
ハンガリー語で会話が出来るようになったalmakkiiです。

しかし、昨日も書いたとおり限定つきなんですよね。

会話していても、相手の言っていることが
100%完璧に分かるわけじゃなく、
テレビや新聞(METROPOL)を見ていても、
分からないところだらけです。
いまだにねたらーっ(汗)もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)

今の私のハンガリー語力を簡潔に表現するなら、
日常生活で、
『分からないということが
 さほど気にならない程度』
…には、ハンガリー語が分かる
ようになりました
わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
このたとえで分かってもらえますかしらねぇ…exclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)

それはどういう意味かというと、
会話をしていて、理解できないところがもちろんある。
理解できない部分はあるんだけれど、
それでも8割くらい分かった感じがするから、
まぁ、イイや、OK〜手(チョキ)
…と思える
とか、
または、会話中、
分からない単語がちょっとあるせいで理解できない。
「だいたいのところは分かってるんだけど、
 さっきから言ってる●●●って何?」
と聞き返すことが出来て、
その部分がわかればだいたいの意味はとれる。

…そういうレベルです。

これ↑って、ぶっちゃけ
ものすごくいい加減な理解度爆弾
…といわざるをえない
んですが、
今よりももっとハンガリー語が分からなかった頃は、
「もう全然、全っ然分からないexclamation メソメソもうやだ〜(悲しい顔)
…という感じ
だったし、
(つまり、まるで分からないので
 OKと思えるわけもないレベル爆弾
自分に基礎力が無かった時は、
よく分からない単語などを質問したとしても、
相手が答えてくれることが理解できないので、
そうするともっと消極的になって、
聞いても理解できないから、聞くのやめておこう…
と、
そんな感じになってしまいがちだったんです。

だから、
かなり適当でいい加減だけど、
何となくだいたい分かるからイイや黒ハート…というのは、
それなりに成長した結果なんですよン
わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



語学学習時に、
あまり微細な部分にまでこだわって理解したがり、
その微細部分がすべてつまびらかになるまでは
先に進みたくない!…というタイプの人は、
(そういうタイプは男性に多いと言われています)
なかなか先に進めないので、
かえって習得に時間が多くかかるか、
結局、語学学習そのものを諦めてしまう傾向があるようです。
それって、要は
「語学は使えるようにならなくっちゃ楽しくないひらめき
…ってコトなんだと思うのね。
適当さと、細部へのこだわり…バランスが肝心ですよねるんるん



br_decobanner_20110902002156.gif





posted by almakkii at 01:00| Comment(2) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほどー^^でも8割って凄い事だと思いますー!!
生徒さんたちから日本語の事をハンガリー語で質問されたり答えたりってすごーく難しそうです。
沢山の人が話せる英語ではなくてまた別の語学が出来るって凄く素敵です^^
Posted by 奈央 at 2012年01月31日 01:37
奈央さん、コンニチハ。
「ホントに8割解ってるか??」と聞かれたら、
「う〜ん、6割…5割…???」って感じで
自信ないかも〜。

ヨーロッパ(ってか、EU)の言語政策の指針では、
「欧州人は母国語以外に2カ国語以上の
 外国語を使えるようになることが望ましい」
…とされているようです。
(ちょっとうろ覚えです。間違ってたらごめんなさい)
ヨーロッパは少数言語の寄せ集まりですからね〜。
あくまでも『望ましい』なので、
欧州人が皆、3か国語以上話せるわけでは
ありませんけどね。
(↑ハンガリー人を見れば良く分かる。)
Posted by almakkii at 2012年01月31日 04:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。