いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2011年04月27日

サマータイム導入、ズバリ効果は?

H4-188forest.jpg

今月は、サマータイム万歳のヨーロッパで
生活する者の視点から、
日本にサマータイムが導入されたらどうなるか
考えてまいりました
手(チョキ)
本当に長すぎて、
本来の目的を忘れちゃいそうでしたけど
exclamation&questionたらーっ(汗)
(そういう事はこのブログではいつもの事なので
 ここで怒ってはいけませんあせあせ(飛び散る汗)

このまま本来の目的を忘れて何処かへ行ってしまう前に、
いい加減結論へ急ぎましょうダッシュ(走り出すさま)

私の意見(あくまでも個人的な意見ですョ)
日本の地理・気候的な側面、および
日本人のライフスタイルから考えると、
サマータイム導入によりもたらされる恩恵は
さほど大きくない
と思います
たらーっ(汗)たぶんexclamation&question


サマータイム制度は、私が見た限り、
ここブダペストでは大変上手くいっているようですぴかぴか(新しい)
たぶんブダペストに限ったことではなく、
サマータイム制度を導入しているヨーロッパでは、
おおむね上手くいっているんじゃないかと思います手(チョキ)
でも、日本は色々な面で
ヨーロッパとは環境が違います
晴れ

まず、日本の夏の昼時間は
それほど長いとは言えない
こと夜
(「ニッポンの夏、ヨーロッパの夏」あたりをご参照ください)
そして、日本の夏が蒸し暑く、
冷房無しでは生産力が低下してしまうくらいに
過酷である爆弾
こと、
(「ニッポンの夏、ヨーロッパの夏(その2)」あたりをご参照下さい)
さらに働き者の日本人にとっては
残業も常識
であることや、
日本人のライフスタイルは宵っ張り傾向
あることを考える
と、
(「ニッポンの夏、ヨーロッパの夏(その3)」あたりをご参照下さい)
いたずらに昼間の活動時間を伸ばすのは、
冷房必須の活動時間を伸ばす結果になって、
かえって電力消費が増えてしまうのでは???

どうなんでしょうか?
その辺、計算の得意な人に
しっかり試算してみていただきたいですね
exclamation×2
ニッポンの夏は
最近ではほとんど亜熱帯と化している
ことからして、
昼間が長いのが
単純に良い事とは言えないような気がするんですがグッド(上向き矢印)exclamation&question

(そこがフィンランドと違うところサあせあせ(飛び散る汗)



昨日の私の疑問「スーツ族は何処に?」ですが、
「ハンガリーのスーツ族は自家用車で移動するから、
 公共の乗り物には乗らないから車(セダン)
…との、納得の解答をいただきましたぴかぴか(新しい)
ずばり解答をくれたのは
『踊る書道家・高橋典允』センセです。
書道家・典允は二年近く前に
ブダペストから日本へ帰国したのですが、
いまだにこのように
私の素朴なハンガリーへの疑問に答えてくれますぴかぴか(新しい)
ありがとう〜ムード

踊る書道家・高橋典允先生のブログはコチラ↓
『踊る書道家 てんいんのひとりごと』
http://tenin-shodo.at.webry.info/



人気ブログランキングへ




posted by almakkii at 01:00| Comment(0) | サマータイムを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。