いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2011年04月25日

ニッポンの夏、ヨーロッパの夏(その3)

H4-495virag.jpg

全体的に緯度が高いヨーロッパでは、
夏の間、日本以上に昼間の時間が長いひらめき

これは緯度だけから計算したもので、
標高などの要素は計算に入れていませんが、
ま、だいたいって事であせあせ(飛び散る汗)
おおよそのところで
日本でヨーロッパと緯度が同等なのは北海道辺りexclamation
ただし北海道もヨーロッパの南の方の緯度と
同じくらいでするんるん

ハンガリーはヨーロッパの中では比較的南にあって、
そんなハンガリーのブダペストでも
夏至の頃には夜9時ころまで明るいです
ぴかぴか(新しい)
(サマータイムが実施されていての夜9時なので、
 サマータイムがなかったら
 夜8時頃までって事になりますひらめき

ブダペスト(ハンガリー)より北にある国々、
これがまたたくさんあるんですが、
それらの土地では
日没時間が夜10時、11時なんてところも
ざらにあると思われますがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
そうすると、やはり
夏場の照明用電力消費量は少ないんでしょうね
るんるん
実際の数値的なものは知りませんけどたらーっ(汗)
もっともヨーロッパは冬は夜が長いので、
冬場の照明用電力消費量は高いはずですが
雪

日本でサマータイムを導入した場合を考えてみますひらめき
夏至の頃、群馬県前橋市の日没時間は
だいたい夜8時ころになるはず
ですぴかぴか(新しい)
日本人のライフスタイルは宵っ張り夜
長時間残業や長時間通勤の影響もあると思いますが、
夜更かしの人が多いと思うんですひらめき
深夜枠のテレビ番組を充実させる傾向もあるでしょ?
就寝時間が深夜0時を過ぎる人も多いのではグッド(上向き矢印)
少なくとも夜8時に暗くなって…
…そこですぐに寝ちゃう人は少ないですよね
exclamation&question
サマータイム制度で昼の時間帯をを1時間ずらしても、
暗くなるのが夜8時なら、その後の深夜までの時間帯、
夜の照明用電力消費はそれなりにあるものと思われます
exclamation×2

サマータイム導入の目的は夏場の電力消費削減ですが、
日本の夏の夜時間がそれほどは長くないこと、
そして日本人のライフスタイルが
宵っ張りであること
を鑑みると、
正直言って、サマータイム導入で
劇的に電力消費が削減されるのが疑問
です
たらーっ(汗)
導入前に、その辺の計算ができる賢い人、
よく計算してみてから決めてくださいひらめきと思いますあせあせ(飛び散る汗)
(自分で計算する気はさらさら無い爆弾
 出来ないもんあせあせ(飛び散る汗)計算キライだもんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


ちなみにブダペストの人たちは
わりかし早寝
だと思います
ひらめき
私が住んでいるのはブダペストの市内とはいえ
中心部をしっかり外れているので
『夜の遊び場』なんて無い、健全な所なのexclamation
健全な我が家周辺では、
夜ふらふら歩いている人もいなくて静かなもんです人影
周辺の家の灯りのつき具合から想像するに、
善良なブダペスト人の平均的な就寝時間は
夜10時から11時くらいではないかと思います
ひらめき
ハンガリーの朝が早い(始業は朝7時から8時頃)ことを考えると、
それも当然かな?



今日はイースター・マンデー。
ハンガリーでは、
男の子が女の子に香水をふりかけ、
そのお礼に、女の子は男の子に
キレイに色づけした卵をプレゼントします。
その風習をロチョラーシュ(locsolás)と言います。
それについて書く機会が…あったら書きます。
機会を逸して書かない可能性も大きいですが…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)



人気ブログランキングへ


posted by almakkii at 02:07| Comment(0) | サマータイムを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。