いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2011年04月22日

ニッポンの夏、ヨーロッパの夏(その2)

H-337duna.JPG

日本の夏は意外と夜が長い夜
…というのが私の見解
ひらめき
もっとも『日本』といっても広いので、
私がこのブログに書いている『日本』が
当てはまらない日本もあるでしょうね〜あせあせ(飛び散る汗)
北海道辺りだと緯度が高くなってくるので、
私がこのブログに書いている
「ヨーロッパの場合は〜〜」っていうのに
近いのかも
しれませんexclamation×2
だから、今日、これから書くことも
当てはまらない日本があるかも
exclamation&question…ですが、
先に進みましょうダッシュ(走り出すさま)

私が日本の夏について思うことひらめき
それは『ニッポンの夏は蒸し暑い晴れです
ちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)
たぶん夏が蒸し暑くないところもあるはずひらめき
例えば北のほうとか、標高の高いところとかるんるん
でも、『ニッポンの夏は蒸し暑い』という意見に
思いっきり同意する人は多いはず
ひらめき

東京の公共交通機関は夏、冷房するでしょ?
ブダペストの公共交通機関は冷房のない車両が多いんです
あせあせ(飛び散る汗)
私が良く利用する、郊外電車、バス、地下鉄路線では
冷房付きの車両にお目にかかったことありません
がく〜(落胆した顔)
もちろん冷房の付いている車両も存在しますよexclamation×2
トラムの4・6番線を走っているのは新しい車両が多いので
冷房が付いていますぴかぴか(新しい)
でも古い型のトラムには冷房なしexclamation
ブダペストでは冷房無しの車両が多いせいか、
公共交通機関は夏は窓を開けて走っているのが多いexclamation×2

逆に、珍しく冷房付き車両が走っている
トラム4・6番線では、
「この車両は冷房しておりますので
 窓を開けないでください」…という
ご親切な車内放送があるのです
演劇
ブダペストの人は冷房に慣れていないので
わざわざ注意しないと冷房車でも窓を開けてしまうらしい
…な〜んてねあせあせ(飛び散る汗)

古いボロ車両が頑張って走らされているから…という
理由もあるかもしれませんが、
とにかくブダペストの公共交通機関は
『冷房無し』が基本
ですひらめき

ちなみに私のフラットも冷房無し家
たぶんブダペストでは、
住宅は冷房無しが普通
なんじゃないでしょうかグッド(上向き矢印)
ショッピング・モールみたいな所には
冷房があるみたいですけどねぴかぴか(新しい)

なぜブダペストに
冷房がこれほど浸透していないのかexclamation&question
それは単純に、必要度が低いからだと思いますひらめき


ブダペストにも暑い日はあります晴れ
去年、私が日本に帰省していた7月中は
1〜2週間ほど『日本のように』暑かったと聞きました
耳
でも、私がブダペストに戻った8月は
とっても過ごしやすかった
ですねぇ〜ハートたち(複数ハート)
寒くなくて、暑くもないかわいい
蒸し暑さのない爽やかな夏ぴかぴか(新しい)まさに快適手(チョキ)


冷房が欲しいのが1年のうちの1〜2週間なら、
エアコン買うのも我慢しちゃいますよねexclamation&question
エアコン必須の蒸し暑さ
3カ月間も続くような日本とは違うんです
たらーっ(汗)

(続きます)



逆に、冬が暗くて寒いので
ブダペストで暖房のない家は考えられないでしょうね〜あせあせ(飛び散る汗)
窓はたいてい二重窓で壁も分厚いexclamation×2
ハンガリーのお家は『冬仕様』だと思います。

では、また来週手(パー)



人気ブログランキングへ


posted by almakkii at 01:57| Comment(0) | サマータイムを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。