いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2011年04月11日

昼と夜の長さを比べてみる

H4-316ho.jpg

本日の画像カメラ
もちろん今のブダペスト…ではありませんexclamation
12月に撮った写真ですカメラ
撮影時間は午後4時過ぎたばかりひらめき
私のカメラって、けっこう明るめに撮れるんですが、
実際には、すっかりとっぷり夜も暮れておりました夜
まだ4時なのに…
もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)

北極(または南極)に近い緯度だと、
冬は一日中、真っ暗な夜で、
逆に夏になると白夜なんでしょグッド(上向き矢印)exclamation&question
私は両方とも経験したことありませんけどねダッシュ(走り出すさま)
…だとすると、ヨーロッパは全体的に
日本と比べると緯度の高い所にあるので、
日本よりも夏と冬とのあいだの
昼間の時間の長さの差が大きいはず
ですexclamation×2

サマータイムの事を考えていて、
日本(上州)とブダペスト、
そしてもっと緯度が高いどこか…では、
どのくらい「昼間の時間」の長さに違いがあるのか
気になってきてきました…ので、調べてみました
ひらめき

利用させていただいたのはコチラ↓
『日出没時刻・方位角計算のページ』
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/sub/sunrise.htm
こんなサイトもあるんですね〜ぴかぴか(新しい)
大したものよ、私みたいに計算出来ない奴でも
日出没時刻が計算できちゃうんだからexclamation×2

日にち、緯度・経度などを細かく入力して計算すれば、
ピンポイントで地球上のどの位置で
西暦何年何月何日、日出・日没は何時何分、
その方角、高度、そして昼時間の長さなど
瞬時に計算してくれる
らしいのですが、
上記の要素を細かくすればするほど、
私にとって難しくなりすぎ
どこかで大間違いをしでかす可能性が高くなる
ので、
ここは単純に、
まず初めに私の故郷、
上州の県庁所在地「群馬県前橋市」を選択
パンチ
その後は、経度は「前橋市」のまま、
「ブダペスト」の緯度、
比較検討のため「ヘルシンキ」の緯度を入力して
計算しました手(チョキ)
(…ってか、計算してもらいましたあせあせ(飛び散る汗)

その結果演劇
以下、それぞれの「昼間の時間の長さ」ですひらめき
6月、一年で昼時間最長の時
 前橋市  (北緯36.42度) 14時間40分
 ブダペスト(北緯47.50度) 15時間59分
              (ほぼ16時間)
 ヘルシンキ(北緯59度)   18時間32分
              (だいたい18時間半)


12月、一年で昼時間最短の時
 前橋市  (北緯36.42度) 09時間41分
 ブダペスト(北緯47.50度) 08時間27分
              (約8時間半)
 ヘルシンキ(北緯59度)   06時間12分
              (何と約6時間!)


つまり、
ブダペストは前橋よりも
夏至の頃には
1時間20分ほど昼間が長く、
冬至の頃には逆に
1時間10分ほど昼間が短い

…ということですねひらめき
やっぱり私が
「ブダペストの冬は暗いもうやだ〜(悲しい顔)」…と思っていたのは
気のせいなんかじゃなかったんだヮ
手(グー)

しかし、ヘルシンキの
真冬の昼間が6時間ってスゴイですね
exclamation&question
残りの18時間が夜って事でしょ?
フィンランドから来た語学学校のクラスメートに、
「ブダペストの冬は寒くて暗くて…もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)」とボヤいたら、
「でもフィンランドは
 もっと寒くて暗いよ爆弾
…と言っていたなぁ…あせあせ(飛び散る汗)

本当ですねぇ…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)




北欧のほうでは「夏至祭り」とかあるようですが、
ハンガリーでは「夏至祭り」って
聞いたことがないです。
やはり冬の日の短さが耐え難いほどの地域だからこそ、
夏の日の長さが嬉しいんだろうなぁ…。
ヘルシンキの夏、夜が5時間半しかないってのも、
何かスゴイわ…がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

まだまだ「サマータイム」について考え続ける予定晴れ
…ということで、また明日手(パー)



人気ブログランキングへ


posted by almakkii at 01:00| Comment(0) | サマータイムを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。