いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2010年06月04日

サボテンが膨らんだ!

H3-389sabotenf.jpg

昨日の記事では、
私のサボテンが見るも憐れに『縮んでいる爆弾』事を書きました
たらーっ(汗)
しかし、実は、今、6月現在の私のサボテンは
縮んではいません
ぴかぴか(新しい)
私のサボテン、『膨らんだ』んです
手(チョキ)
今日は、私がどんな魔法を使って
サボテンを生き返らせたのかを書こうと思いまするんるん
意気揚々わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

我がサボテンがひたすら縮んでいく様子を見て、
サボテンを学校へ持っていって生物の先生に見せ、
どうすれば良いか指示を仰ごうかと、
私が思ったのも、実は一度や二度ではありませんでした
あせあせ(飛び散る汗)
しかし、実際には
他人様のお力を借りることなく
私のサボテンは「膨らみ」を復活することが出来た
のです黒ハート

何をしたのかというと…

水を与えた霧
それだけ
exclamation×2


今まで約1年近く、
『水やりは控えめ、週に1度、ちょっとだけ』
『冬場は二週間に1度くらいで良い』

…というアドバイスを忠実に守っていたのですが、
私の水やりは幾らなんでも『控えめ過ぎた』ようですふらふらダッシュ(走り出すさま)

つい先日のことですexclamation
憐れに縮みきった姿のサボテンに為す術もなく、
思い余った私は、
今までになくたっぷりとサボテンに水やりをした
のです台風
(ま、『たっぷり』と言っても、
まだ植木鉢の底から水が溢れてきたりはしない程度ですがたらーっ(汗)

そうしたら、それから2日か3日後に、ふと気が付くと、
私のサボテンがふっくらと大きくなっているではありませんかぴかぴか(新しい)
もうビックリ
目
(本日の画像カメラ↑)

過去の前科(サボテンを溺死させた)の二の轍は踏むまいと、
今回はその逆責め爆弾で、
サボテンを苦しめてしまっていたのですね。

ゴメンよ〜あせあせ(飛び散る汗)許しておくれョ〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
私のサボテンは運良く生き返ったようですが、
あぁ、やっぱり植物って難しい…もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)


しかし、植物の生命力ってスゴイですねぴかぴか(新しい)
感動モノでするんるん

(自分の酷い仕打ちを完全に棚に上げた発言↑あせあせ(飛び散る汗)



posted by almakkii at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ブダペスト日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。