いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2010年06月03日

縮むサボテン

H3-239saboten.JPG

昨日は、私がかつてサボテンの世話をやり損なって、
憐れなサボテンは根グサレを起こして昇天の憂き目を見、
以来、私はサボテンから手を切った…
という、
我が前科爆弾を告白しましたふらふらあせあせ(飛び散る汗)

しかし、このブログを以前から読んでいるかたは、
我がフラットに今、「サボテンが在る晴れ」はずだとお思いでしょうひらめき
その通り、私のフラットにはサボテンがあります
ぴかぴか(新しい)
『私のサボテン』についてご存じない方は、
過去記事、『私のサボテン、元気かしら?』
そして『サボテンは生きていた』…をお読みください揺れるハート


実を言うとこのサボテンは、
去年の学年度末(ハンガリーでは6月)に
生徒たちから貰ったもの
なの黒ハート
前回の記事でも書いたとおり、そういう理由でもなければ、
私はサボテンには手を出さないはずだったのです…
あせあせ(飛び散る汗)
しかし、手を出さないとは言っていても、
サボテンを貰ったとき、私は素直に嬉しかったるんるん
だから、「このサボテンは根を腐らせたりせずに、
立派に育てようexclamation×2」と決意したのでした手(グー)


新しいサボテンを『殺さない』ため
私が心がけたのは、『水やりをしすぎないこと』でしたひらめき
『サボテンを溺死させた』という
どうしようもない我が前科
を考えれば当然でしょうバッド(下向き矢印)爆弾
理科の先生に
「サボテンの水やりは週に一回、ほんのちょっぴり」との
アドバイスも受けましたので
るんるん

このサボテンが私の所に来て、約10ヶ月。
「もっとお水をあげたい」と思っても
我慢して水やりを極力控え、
何とか今のところ、私の二代目サボテンは
溺死せずに生きている
ようです揺れるハート
しかし、元気に活き活きしているようには見えないの。
気のせいかと思っていたけれど、
間違いなく、このサボテン、縮んでいるがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)


植物が縮むなんてことが普通あるのかどうか知りませんが、
私のサボテンは、縮んでしまいましたたらーっ(汗)

なにやら、
とても
痛々しい風情です…もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)
あぁ、緑の親指の人が羨ましいかわいい

本日の画像カメラ上↑が
縮んでしまった私のサボテンちゃんひらめき
昨日の記事につけた画像カメラ(去年の夏ごろの姿)
と見比べてみてexclamation×2
明らかに縮んでるでしょグッド(上向き矢印)exclamation&question



posted by almakkii at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ブダペスト日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。