いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2010年06月02日

私の指は何色なのか

H3-390sabotent.JPG

植物を育てる才能のある人のことを
『緑の親指』を持っている人
、とか言いますが、
私はその逆で、植物を育てる才能が無いみたいバッド(下向き矢印)爆弾
そういう才能が無い私の指って、何色なんだろ…exclamation&question
茶色?
それともどす黒い『ドブの色』かしら?
茶色いような、濁った緑色のような…
ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

非常〜に不本意ながら、
私は植物の世話をする才能が無いことにかけては、
『自信がある』と言っても良いくらいなのよexclamation
だって私、サボテンも駄目にしちゃった前科があるんだもんがく〜(落胆した顔)爆弾
それって、かなり酷くないもうやだ〜(悲しい顔)


昔々のその昔、
実家を離れて『東京砂漠』(←古すぎ?)で
私が勤労学生をしていた頃、
お部屋に潤いを取り入れようと、サボテンを一鉢買いました黒ハート
サボテンなら、それほど手をかけなくても大丈夫かと思ってかわいい

ところが、そのサボテンを私はダメにした爆弾
こんな事は言いたくないけど、
「サボテンを殺した」と言っても良いような
所業
に及んだのでしたバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)

具体的に何をしたのかというと…exclamation&question

毎日毎日、律儀にせっせと甲斐甲斐しく
サボテンに水やりをした
んですよ。
だって、何か植物の『お世話』をしたかったんだもんあせあせ(飛び散る汗)
でもそんな『お世話』は『余計なお世話』だったexclamation×2
もちろんサボテンにとって…たらーっ(汗)


サボテンはあまり水やりをしてはいけない事で有名でするんるん
そのサボテンに、日々水やりを決行し、
私のサボテンは根っこを腐らせて…
憐れなサボテンは死んでしまったがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

私は精一杯サボテンに優しくしているつもりでしたが、
実際はサボテンを『水攻め』『溺れ死に』させていたのねふらふらあせあせ(飛び散る汗)

望んでそうしたわけではなかったけれど、
私がサボテンを「殺した」のは間違いないので、
それ以来、私は
『サボテンは世話が簡単』という考えを改め、
サボテンに『手を出す』ことを止めました
たらーっ(汗)
私には植物を育てる才能がないんだ爆弾
何色なのか分からないけれど、
私の親指が緑色でないことだけは間違いない…と
たらーっ(汗)



posted by almakkii at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ブダペスト日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。