いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2010年01月26日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その9・米を研ぐ)

H-140ter.JPG

私が皿洗いを始めてしばらくすると
さすがに奥さまもそれに気がつき、
「(私に対して)あらあらalmakkii、何してるのexclamation&question 
 (旦那さんに)ねぇ、あなた、見て頂戴あせあせ(飛び散る汗)
…ってな事を言って、
あの二人…面白がっていましたね…たらーっ(汗)たらーっ(汗)
「ハンガリーでは『お客さん』は皿洗いなんて絶対にしないョるんるんとか
言っていたので、
『訪問したお宅で皿洗いをする』ことを
『不思議の国ニッポン』の『ステキな風習』とでも
思ったのかもしれません
exclamation&question
とんでもない誤解ですが爆弾

「…日本だって普通、お客は皿洗いなんてしませんよパンチ
 むしろ初対面のお客にそんなことをさせたら、
 日本では普通、ホスト側は恥じ入り恐縮するもんですひらめき

…と思ったけれど、何も言わないでおきましたあせあせ(飛び散る汗)
そしてこの時点でようやく、
自分が『お客さん』としてここに招かれたというには
程遠い現実に置かれていることに気がついた
のですあせあせ(飛び散る汗)

皿洗いを終えて、私は持参した米を研ぎました手(チョキ)
日本で最近普及している『無洗米』は洗う必要無しだけど、
いわゆる普通の米の場合、米研ぎは必須ねexclamation
特にハンガリーで普通に売っている米って品質が悪いんですよバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
米の専門家でも目利きでもない私の目から見ても
「このお米、ボロボロやん…たらーっ(汗)って感じだったりするの爆弾
だから、中に混ざっている黒くなっている粒を除けたりしつつ、
米を研ぐのは必須の手順なのですexclamation×2
その点、日本で売っている米の品質は、
たとえ低級特売品でも、ずっとマシだと思いますわムード

奥様は私の『米研ぎ』にも興味を示していましたねあせあせ(飛び散る汗)
私も、ハンガリーでは自分がしているような『米研ぎ』は
しないんだろうと予想していたけれど、
逆にハンガリーではどう米を調理するのか興味があったので
ハンガリーでは米を調理する前に洗わないのかと質問してみましたるんるん
その答えひらめき
「洗うけどぉ…たらーっ(汗)ザルに米を入れて流水でチャチャチャとして
鍋に入れるひらめきそれだけダッシュ(走り出すさま)
…だそうですexclamation
拍子抜けするくらいに予想通りだった…たらーっ(汗)
そんなところだろうと思っていたのよexclamation×2

給食にも週に一度か二度は米のメニューが出るので、
私にもハンガリーの米料理を食べる機会は結構あるのですひらめき
そして感じる日本の米との違いたらーっ(汗)
単に長いツブの米だという種類の違いだけとは思えないあの違い…exclamation&question

「この見事なまでに米の一粒一粒に芯が残っている感じ、
 一体どう調理すればこうなるのかexclamation&question
…と
常々不思議に思っているのですダッシュ(走り出すさま)
奥様のおかげでハンガリー風の「米の洗い方」は分かったので、
次は誰か、ハンガリー風の米の調理の仕方を
教えてくれないかなぁ…るんるんあの、芯のある米料理の…ダッシュ(走り出すさま)
真似したいわけじゃないけれど、
どう調理すればああなるのか、興味があるのよexclamation×2

何はともあれ米を研ぎましたぴかぴか(新しい)
次は…また明日手(パー)



posted by almakkii at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。