いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2010年01月21日

almakkii、アジアン・ハウスメイドになる (その6・牛肉を買うの)

H3-175szobor.JPG

市場のお肉屋さんの店先で、
「ハイ!牛肉ね。どれにする?」と聞かれた私たちひらめき
お肉屋さんには牛肉以外に豚肉など色々と並んでいて、
「この辺が牛肉だよexclamation…と示す先には大きな塊肉の山があせあせ(飛び散る汗)
部位別だか、それとも牛の種類の違いでもあるのか分からないけれど、
選択肢として3〜4種類あったでしょうか…?

何だか良くわからないけれど、
はっきり言って、分からないからどれでも良いような気がしたけれど、
「んじゃ、コレ」…と私が最初に指し示した牛肉は
骨付きの部位だったので「コレはあかんあせあせ(飛び散る汗)」と思い、
慌ててその隣の牛肉にオーダーをチェンジ

そしてその牛肉を切ってもらうことになったのです手(チョキ)

肉じゃがに入れるのは、牛肉に限らず豚肉でも美味しくできるけど、
いずれにしても『薄切り肉』ひらめきそうでしょグッド(上向き矢印)
しかし、ハンガリーには日本人の私が考えるような『薄切り肉』という
概念がないみたいなのよね
exclamation&question
大きな肉切り包丁を構えて、肉屋の兄さんが肉を切りましたexclamation
「ハイ、薄切りね、これでいい?」
厚みが1センチ以上ありそうですひらめき2センチ…?
私の概念上、それは薄切りではなく、厚切りです
たらーっ(汗)


「も…もっと薄くあせあせ(飛び散る汗)
努力はしてくれたのですが、やはり手で切るので
私が考えるような薄切り肉にするのは無理のようでしたバッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
「厚切り肉で作ったとしても、たぶん肉じゃがにはなるだろう」と、
ハンガリー人にとっては薄く、日本人にとっては分厚い牛肉を
入手することができた私たちでした
ダッシュ(走り出すさま)
「日本ではもっともっと薄いのexclamation機械で切るから…あせあせ(飛び散る汗)
弁解じみたことを言いつつも…、とにかく牛肉はゲットぴかぴか(新しい)
めでたしめでたし揺れるハート

余談ですが、この肉屋さん、『豚の鼻』が売ってたのよあせあせ(飛び散る汗)
丸い穴が並んで二つ開いた、あの豚さんのお鼻がね、
そのお鼻の部分だけがカットされていてね、
ゴロンゴロンと並べて置いてあるんです
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
アーギも食材として使ったことは無いと言っていたので、
それほど一般的に食材としてよく使われるものでは
ないのかもしれないけれど、あんなの初めて見た…目
日本でも沖縄辺りへ行けば見られるのかな?

今日も長いですね爆弾
でもまだまだ続くんですよパンチ大丈夫ですかexclamation&question
というわけで、また明日手(パー)



posted by almakkii at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。