いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2013年05月31日

女の子って…(結末編)

H5-48fagy.jpg
(↑カメラアイスでお腹いっぱい…を体で表現中のシャインくんあせあせ(飛び散る汗)

(今回は今週火曜日からのつづきです。
 火曜日の記事はコチラ
 水曜日の記事はコチラ
 そして昨日、木曜日の記事はコチラ

他の生徒たちとは比べ物にならない
日本語学習への熱意ぴかぴか(新しい)を買われ、
一人、別メニューで勉強していたK子ちゃん。

しかし、そのK子ちゃんは4月半ばで
まさかの「日本語やめます」宣言がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)
それに加えてその宣言以降の3回の授業をいずれも欠席exclamation
(3回欠席のうちの1回は、
 他の授業には出席した後、日本語だけを欠席。
 あとの2回は朝からの全授業を欠席。
 マジメな生徒として通っているK子ちゃんのことなので、
 いずれの欠席もお咎めナシになってますぴかぴか(新しい)

あんなに熱心だったK子ちゃん、
いったい何が起こったんでしょう…???

詳しいことはモチロン分からないんですけど、
K子ちゃん、4月に彼氏と別れたらしいんですョひらめき
そして、今までの学習意欲が一気に冷めたのは、
まさにそれが原因だと思うわけですexclamation×2

K子ちゃんの別れた彼氏っていうのは、
フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の生徒ではありません。
K子ちゃんを迎えに来ているところを、
ワタシも一度見たことがあったんですけどね。

今になって考えてみると、
日本語を勉強してみたかったのは
K子ちゃんよりも、
むしろ彼氏のほうだったのではないかexclamation&question
…と思うわけひらめき
でも、彼氏はフニャ高の生徒じゃないので、
フニャ高の日本語の授業に通うわけにはいかない。
でも、フニャ高生の彼女(K子ちゃん)には可能。
(フニャ高の日本語のクラスは授業料を徴収していないので、
 フニャ高生であればタダで授業が受けられます。)
K子ちゃんはきっと彼氏の影響でもって、
日本語クラスに通うことにしたんだヮひらめき

K子ちゃんは、予習・復習に
いつも余念のない生徒だったんですが、
授業で使った教材や内容を
彼と一緒に復習したり、予習をしたりしてたんでしょうねぇ〜。
熱心だったはずだわ…たらーっ(汗)
そりゃ楽しかったでしょう手(チョキ)

でも、その彼氏とは4月に別れた爆弾
日本語への熱も一気に冷めた台風

女の子って、
何か、そういう子がいるわよね。
付き合う男によって
服装だとか、好きなものや興味とかが、
まるっきり変わっちゃう子ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



K子ちゃんの件は、
今までそんなに熱心な生徒がフニャ高にはいなかったので、
やはり残念だとは思いますが、
腹が立つかというと、全然腹は立たないですね。
生徒ってのはそういうもんですよ、ね?

最近のK子ちゃんとは
授業に来ないのでしばらく会ってませんが、
生物の先生に
「ワタシ、将来お医者さんになりたいひらめき
…と言っているそうです。

……新しい彼氏でも出来たんかな???


br_decobanner_20110706150616.gif




posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

女の子って…(履修登録と特別メニュー編)

H5-58virag.jpg

(今回は昨日、一昨日のつづきです。
 一昨日の記事はコチラ
 そして昨日の記事はコチラ

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の日本語クラスは、
正規科目ではなく、成績もつかないのですが、
一応『授業』ということで、
学年度の初めに希望者のみが履修登録をすることになっています。
そして、履修登録をした生徒は、
学年途中で勉強がイヤになって
「日本語なんてもう止めたダッシュ(走り出すさま)」…と思ったとしても、
その学年の間は止めることが出来ないことになってます爆弾

フニャ高の日本語クラスで1年で進める進度はたかが知れているので、
教えている側としては、生徒たちが2年、3年と続けて履修登録をして
ちょっとずつ先へと日本語の勉強を続けてくれることを
切に願っておるわけなんですが、
途中で勉強がイヤになった生徒が
最初の1年目とかで止めていくのを止める手立てはありませんたらーっ(汗)

でも、勉強がイヤになってしまった子の場合、
授業にむりやり来させても勉強に身が入らないので、
まぁ、学年末まで続けて止めて行くのは仕方がないと思うし、
ワタシもそれはそれで全く構わないんですョね〜ダッシュ(走り出すさま)

厄介なことになるのは、
学年度の途中でイヤになった生徒がサボること爆弾
たとえ日本語が正規科目じゃなくても、
一応は履修登録もした授業の一つなので、
生徒が無断欠席をすると、
厳しい場合は、『校長先生からの注意』を受けます。
それがフニャ高の決まりですひらめき

さて、話は戻って、
どんどん先へ進みたいK子ちゃんと、
先へ先へと急ぐよりも、ゲームやクイズで遊びながら
ゆっくりペースで日本語を勉強したい他の生徒たち。
その両方のニーズを尊重して、
学年度途中から、1クラス内2グループ体制で
K子ちゃんだけは別メニューで授業をすることにしました。

その時の目標は、
K子ちゃんは今年2年目のグループがやっている内容まで勉強して、
次の学年では、今2年目(来年は3年目)のグループに入る。
(K子ちゃんの今のクラスは1年目なので、
 言ってみれば『飛び級』するということ)
ゆっくり組は、今までどおりのペースでゆっくり続ける。
…ということでした。

1クラス2グループ体制、
完全に上手くいったとは言えないかもしれないけれど、
まぁまぁ上手くいっていたと思います。
上を目指すK子ちゃんはより先の課題をこなす…ということで、
他の生徒のゆっくりペースに付き合わされることもなくなって、
本人も満足そうでした。

…が、4月の半ばころ、
コチラの学校のサイクルでいうと、
学年が終わるまであと2ヶ月となった頃に、
フニャ高の逸材・K子ちゃんは、
「私、来年はもう
 日本語のクラスに通うの止めます。」
…と宣言
しましたがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
そして、その後の授業から今までの約1ヶ月、
日本語の授業に来ていませんたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



さて、逸材・K子ちゃんに
一体何が起きたのか…は明日につづくなのダ

あらかじめ断っておきますけど、
K子ちゃんが思わずイヤになってしまうほど
ワタシが過度な課題を与えた…とか、
そういうことじゃ絶対にありませんからexclamation×2
本当にそういうコトじゃないんですからネあせあせ(飛び散る汗)


br_decobanner_20110706150616.gif

posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

女の子って…(別メニュー編)

H6-0520 (4).JPG

(今回は昨日のつづきです。昨日の記事はコチラ

語学試験も受けたいし、
宿題だって頑張っちゃうexclamation×2
授業でやったことは一生懸命覚えてくるし、
さらに先の予習までしてきちゃう
手(グー)…という
やる気の満々の日本語学習者って、
一般的には大勢いると思います。
むしろ語学学校やプライベートの家庭教師など、
わざわざ身銭を切って勉強する学習者には、
上記のような「ヤル気あり」タイプが多いのではないかと思いますひらめき
(少なくとも学習開始当初はそうであろうと思う…)

でも、フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の
日本語クラスに通う生徒たちの中には、
そういうタイプは存在しなかったexclamation×2
昨日の記事の最後に書いた、
今年入ってきたヤル気マンマンの女子生徒が
初めてのケースだったわけなんです。

その生徒のことは、このブログでは仮名として
『K子ちゃん』ということにします。

K子ちゃんは今学年、フニャ高の11年生。
(学年齢としては、日本の高校2年生に相当)
11年生にして初めて、フニャ高日本語クラス1年目
(ひらがなから勉強を始めるグループ)の生徒として、
9月の学年度開始からワタシの授業に通ってくることになりました。
同じグループには、今年入学した9年生も一緒です。

学年末近い今も印象に残っているのが、
9月の最初の授業で、K子ちゃんが
「私、将来は貿易関係の仕事がしたいのひらめき
…と言っていたことです。
「あぁ、貿易か〜ひらめき
 それじゃ日本人とも取引きするかもしれないし、
 日本語が役に立つことが、きっとあるねるんるん
 それじゃ勉強、がんばろうね〜手(チョキ)
…というような話をしましたね、確か。

そういう『まっとうな目標』があるせいか、
K子ちゃんは、授業態度は積極的だし、マジメだし、
まだ進んでない部分までお家で予習してくる勤勉さぴかぴか(新しい)

最初は他の生徒と一緒に
いつものゆるゆるペースで進んでいたわけですが、
K子ちゃんと他の生徒との『ヤル気』には、
格段の差があるわけ。

授業は週に1度なので、
他の生徒は前の週に習ったこともけっこう忘れていることが多くて、
そういうときは地道にまた繰り返し…のペースでやっているのに、
K子ちゃんだけは、
「それはもう分かったから、次は何やるの?」…というあせあせ(飛び散る汗)
グループの他の生徒たちと釣り合いがとれなくなったんですよねたらーっ(汗)

ヤル気のある生徒を、
わざとのろのろペースに留め置くのも酷なので、
学年の途中で
K子ちゃんのいるグループの生徒全員で話し合って、
ヤル気があって先へ先へと進みたいK子ちゃんだけは、
同じ教室の中でも別メニューを組んで、
K子ちゃんにはどんどん先の課題を
やってもらうことになりました。



一つの教室のなかで、
速いのと遅いのと二つのメニューで進めたことなんて、
ワタシには経験がなかったですし、
全員一緒にやってくれた方が、何かと楽なんですが…。
そう思って、ゆっくり組の生徒にも、
「みんなも ほんのちょっと頑張る気になれば、
 K子ちゃんと一緒にどんどん先に進めるョ〜るんるん
…と言ってみたんですが、
やはりゆっくり組の生徒は
あまり「頑張りたい」とは思っていなかったのでした…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

そういうわけで、1クラス内2グループ体制が始まりました。
(明日へつづく)


br_decobanner_20110706150616.gif




posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

女の子って…

H6-0506mter (1).JPG

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の
日本語の授業は正規科目ではなく、
クラブ活動みたいな位置付けなので、
正規の授業が終わった後に日本語の授業があります。
だから、日本語の授業があるのは
だいたい午後の7・8時間目。
この時間帯ですと、
日本語やその他の選択授業をとっていないクラスメイトは
もう帰途についているので学校には残っていません。

朝7時半の1時間目の開始から、
まとまった昼休み時間もないままの7〜8時間目。
生徒たちは若さに満ち溢れた高校生…とはいえ、
7時間目ともなるとやはりちょっとは疲れているだろうし、
フニャ高の子は学校ではお昼を食べないで
家へ帰ってから昼食を摂る生徒も多いので、
ワタシの授業のときにはお腹がペコペコ…という子もいます。

そういう状況下ですし、
成績をつける正規科目でもないわけなので、
フニャ高の日本語の授業はゆるいですあせあせ(飛び散る汗)
進度がおそろしく遅い爆弾
一切の無理はせず、ゆっくりゆっくりやってますたらーっ(汗)
(前にやったコトでも、次に生徒たちが忘れていれば
 同じ練習を繰り返す…一歩進んで二歩下がるるんるん方式たらーっ(汗)

一応、時々は生徒たちに聞いてみます。
「こんなに進度が遅くても良いのか?
 それとも、
 もうちょっと頑張ってどんどん先へ進みたい?」…と。
(『頑張る』というのは、
 たとえば宿題が出るとか、
 自主的な暗記事項を多く課されるとか、
 そういったことですね、この場合。)
そうすると、ワタシの生徒たちは、
「あまり大変になるのはイヤだひらめきと言うわけ。
日本語能力試験や日本留学を控えて準備しているわけでもなし、
ゆるゆるゆっくりでも、
日本語の授業時間そのものが楽しく過ごせれば良いみたい。

ノルマがあるわけじゃなし、
生徒たち本人がイイと言っているんだからイイか…と思って、
日本語力レベルアップを目指すよりも、
勉強がイヤにならない程度…のゆるテンポでやってきていたんですが、
今年一人、ものすごくやる気のある女生徒が出てきたんです。
語学試験も受けたいし、
宿題だって頑張っちゃうexclamation×2
授業でやったことは一生懸命覚えるし、
さらに先の予習までしてきちゃう
…という、
今までのフニャ高日本語クラスには存在しなかった逸材ぴかぴか(新しい)あせあせ(飛び散る汗)

…と盛り上がってきたトコロですが、
長くなってきてしまったので、その逸材のハナシは明日に続くひらめき



ココで逸材と言っている子の他にも、
「真面目に日本語勉強する気になってくれたら
 かなり伸びるだろうなぁ…」
…と思う生徒は何人かいるんですけどね、
その子たちは
無理して上のレベルを目指すよりも
友達といっしょに楽しくやっているのがイイみたい。
つまりゆるゆるペースが本人もお望みだという…。

教える立場としては、
「能力あるのに勿体無いたらーっ(汗)」とも思うけれど、
フニャ高の生徒は日本国外で趣味で日本語勉強しているんだし、
日本語が出来るようにならなくちゃ困るわけでもないんだし、
本人がイイと思うペースが一番かなぁ…と思うんですよね。


br_decobanner_20110706150616.gif



posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

工事中です。

H4-345duna.JPG

このブログにわりと頻繁に写真をアップしている
ハンガリーの国会議事堂は、
上の画像カメラ↑のように、
ドナウ川のほうから撮影したものが多いです。
普通 建物って、
入り口がある側のほうが正面でしょ?
そうすると、この角度からみた国会議事堂は、
たぶん国会議事堂の裏側…だと思うんですよあせあせ(飛び散る汗)
キレイなんだけどね。

そして、このブログには滅多に出てこない
ハンガリー国会議事堂の正面側は、
ただいま道路封鎖して大掛かりな工事の真っ最中ですカメラ
H6-0521ohaz (3).JPG

こっち側(正面側)から見た国会議事堂も、
なかなか美しい建物だと思うんですが、
今はこんな感じですから……たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
H6-0521ohaz (2).JPG
今、ハンガリーへ観光に来る方々(日本からの観光客に限らず)には
少々残念な感じですたらーっ(汗)

この工事、いつまで続くのか分かりませんが、
永遠に続くってことは絶対にありませんので
今来た人たちには
「レアな場面に遭遇できてラッキー手(チョキ)
…と思っていただけたら良いなぁ…とあせあせ(飛び散る汗)

H6-0521ohaz (1).JPG
こんな風景カメラ↑↓を見られるのは今だけ、今だけ、
今だけですョ〜〜ひらめき
H6-0521ohaz (4).JPG
…と言われても、
残念感は拭えないでしょうが…たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



以前ワタシが通っていたハンガリー語の学校は
国会議事堂から歩いて3分くらい(?)の所にあるので、
この辺へは週2回は通っていましたが、
語学学校通いをやめて以降、最近はすっかり足が遠のいていました。
でもこのところ、何回か国会議事堂の近所にいく用事がありまして…。
かれこれ1カ月くらいはこんな感じで工事しているかなぁ…??
夏休みのころには
この工事も終わっているんじゃないかと思いますが、
どうでしょうね?
終わっていて欲しいですネ。


br_decobanner_20110706150028.gif



posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | ブダペスト日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

酸っぱいレモンの使い道?

H6-0412suti (2).JPG

一昨日は『ハンガリー産イチゴ』のこと、
昨日は日本よりもなぜか美味しい
『ハンガリーで売っているグレープフルーツ』のこと、

…を書きましたので、
果物つながりで、
今回は『レモン』のことを書こうと思います。
…といっても、
ハンガリーのレモンが甘くて美味しい…という話ではなくて、
ハンガリーのレモンも日本のレモンと同じで
酸っぱ〜いレモンであることに変わりはないんですが…あせあせ(飛び散る汗)

レモンというと、
ビタミンCが豊富な果物の代表格…なイメージがあります。
それは、ハンガリーでも同じみたいです。
何かのCMで、
コレ一本でレモン10個分のビタミンCぴかぴか(新しい)
…みたいのをハンガリーでも見ることがあるのでね、
やはりハンガリー人も、
ビタミンCは健康に必要不可欠な栄養素で、
レモンにはそれがたっぷり含まれている…と思っている…と思われる。

しかし、ハンガリーのスーパーなどで、
レモンが、まるでオレンジやみかんか何かと同じように
山盛りな感じで売られていて、
実際レモンを山のように買っている人を見かけるのは、
一体全体、何ごとなんだろうかexclamation&question…と思うのがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

本日の画像カメラ↑にあるような『レモンのケーキ』にしたって、
レモン1個か2個あれば作れるんじゃないかと思うわけ。
みかんやリンゴならともかく、
山のようなレモンがあっても、私なら消費方法に悩んでしまう…たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
薄切りで使うならレモン1個で何枚できる?
レモンって、一度に1個、多くても2個あれば
充分なんじゃないの???

レモンを山のように買いこんで行く人を見るたび、
そのレモン、どうやって消費しているのか…と、
疑問が抑えられないワタシです。
ハンガリーには、レモンを大量に消費するような
秘密の裏技があるんだろうか〜〜????



スーパーのレジに並んでいて、
ものすごい大きな塊のお肉を何個もひらめきとか、
超超超超大量なパンをお買い上げの人とかも
お見かけするわけですが、
そういうのを見ても、
「何人家族なんだろう〜?」
「何日分なんだろう〜??」とか、思っちゃう。

ハンガリーのスーパーって、
レジで買い物カゴから出してベルトコンベヤーに並べるので、
前に並んだ人の買い物に
ついつい目がいっちゃうのよね目あせあせ(飛び散る汗)
レジ待ち時間、けっこう長いしあせあせ(飛び散る汗)


br_decobanner_20110902002156.gif



posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | ハンガリーの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

そういえば…

H6-0520 (3).JPG

昨日、ハンガリー産イチゴを話題にしたついでに。

生まれた頃からの慣れ親しみとか、オフクロの味への郷愁であるとか、
理由は色々あるとは思いますが、
たいていの食べ物はハンガリーの食べ物より
日本の食べ物のほうが美味しいと思うワタシです。
ハンガリーの食べ物もいいんですけどね、
日本のモノは、しみじみ美味しいなぁ…とか思うわけひらめき

でも、ワタシの好きなフルーツのひとつ、
グレープフルーツは、
日本よりハンガリーのほうが美味しいですぴかぴか(新しい)

ハンガリーのグレープフルーツもたまにハズレがあるんですが、
だいたいにおいて日本で買うグレープフルーツよりも、
果肉やわらかジューシーで甘い…気がする。

日本で売っているグレープフルーツは輸入物だと思うし、
ハンガリーで売っているのもやはり輸入物だと思います。
(ハンガリーではグレープフルーツは生産してないと思う。)

例えばバナナは
日本では圧倒的に
フィリピン産か台湾産が多い気がしますが、
ハンガリーのバナナの産地はたぶん違うと思うのね。
ハンガリーでは何処産が多いのかは知りませんが、
以前「コロンビア産バナナ」を見た覚えがある…ような気がする。
(モノスゴクあやふやな記憶↑あせあせ(飛び散る汗)

イチゴが産地で違うことを学んだので、
グレープフルーツも、日本とハンガリーでは
輸入元のお国が違うのかしらねぇグッド(上向き矢印)exclamation&question
…と思っているところデス。




ワタシの周囲のハンガリー人たちを見ていると、
ハンガリー人はフルーツ好き…という印象を受けます。
ハンガリー人同僚たちが仕事の合間に食べるものというと
パンに何かの具をはさんだサンドイッチが定番なわけですが、
サンドイッチと一緒に、またはサンドイッチなしでも
リンゴやバナナ、オレンジなど等のフルーツを持ってきて
仕事の合間に食べている人が多いデス。

ハンガリーでは日本ほど葉っぱモノの野菜が無いので、
ビタミン類はフルーツで補給しているのかなぁ…などとも思いますが、
その辺のところはよく分かりません。
まぁ、とにかく日本にいるときよりも、
ハンガリーでのほうが
果物を食べている人を見かける頻度が多い…ということは確かデス。
歩きながらリンゴを齧っている人とかね、
ハンガリーでは普通だけど、日本ではお目にかかったことがないヮひらめき


  br_decobanner_20110706150423.gif



posted by almakkii at 00:00| Comment(2) | ハンガリーの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

ハンガリー国産の底力!

H6-0520 (1).JPG

突然ですが、イチゴの季節ですネ黒ハート
イチゴが嫌い…という人は滅多に居ないような気がしますが、
ワタシもイチゴは好きですムード

地元ハンガリー人のみならず、
ワタシの数少ないハンガリー在住日本人の知人たちからも、
いままで何度も
「ハンガリーのイチゴは美味しいひらめき
…と聞いたことがありました。

でも、
何故かワタシが買ってきたイチゴは
いつも硬くてマズイ
爆弾
みんながハンガリーのイチゴ美味しいって言っているのに、
どうしてワタシはいつもハズレのイチゴを引いてしまうのかexclamation&question
…と思っていたら…。

つい先日、同僚が教えてくれました。
美味しいイチゴはハンガリーの地元産イチゴひらめき
スペイン産や、ギリシア産のイチゴのほうが安く売ってるけど、
そういうのは見た目が良くても、硬くて美味しくない爆弾
ちょっと高いけど、
『magyar(ハンガリー産の意味)』または『hazai(国産の意味)』と
書いてあるイチゴを買うべし。
ハンガリー産のイチゴなら柔らかくて美味しいからひらめき

…と。

このアドバイスに従って、
早速『Magyar EPER(ハンガリー産イチゴ)』と書いてある
イチゴを買って食べてみたら、
ホント、
柔らかくて甘かったexclamation×2

そういえばワタシ、
今までお値段の安さに惹かれて
「スペイン産イチゴ」とか、買ってたなぁ…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
品種はともかく、
産地でイチゴが違うなんて思いもしなかった。
(いや、品種も違うのかもしれないけど?)
これからイチゴを買う時は
間違いなく『ハンガリー産』を買うようにしよう。

ハンガリー国産の底力を甘く見ていたワタシを許して〜あせあせ(飛び散る汗)



ワタシの人生の中で、
イチゴが嫌いだという人を
一人だけ思い浮かべることができるんですが、
その人がイチゴを嫌いな理由は、
イチゴの種のツブツブがイヤなんだって。
イチゴの果肉の周りにある小さい種、
あのツブツブの事ですョexclamation

その珍しいイチゴ嫌いさんは、いわゆる「お嬢様」でさ〜、
お嬢様にふさわしいのは
スフレのようにフワフワで、
クリームのように完璧で滑らかなモノだけ
なのネexclamation×2
…とか、思った覚えが…わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


  br_decobanner_20110706150423.gif




posted by almakkii at 00:00| Comment(2) | ハンガリーの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

バッラガーシュの謎

H6-0503ballagas (10).JPG

フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の
卒業式(バッラガーシュ)をレポートしてみて、
色々分かるようになったこともあるけど、
いまだに分からないことも多いなぁ…と思う、今日この頃。

バッラガーシュ(Ballagás)で
ワタシがいまだに「何だろう〜???」と疑問に思っているのが、
本日の画像カメラ↑に写っている
卒業生たちの小さいかばんの中味ひらめき

卒業式(Ballagás)の時、
卒業生たちと、その担任の先生たち、加えて校長先生と教頭先生は、
写真カメラ↑にあるような小さいかばんを持っています。
フニャ高の名前や在籍年が、しっかりプリントされているので、
年ごとに新しいのを作っているんだと思います。

卒業生が卒業式(Ballagás)で必ず携えている小さいカバン。
小さくてもカバンなら、何か中にモノを入れることが出来るはず。
でも、いったい何が入ってんの???
…というのがワタシの疑問でした。

中味が知りたきゃ聞いてみれば良いんですケド、
なんとなく今まで聞いてみたことがなくって、
卒業式の時以外はそんな疑問も忘れているので
何年も疑問が疑問のまま残ってきてしまったんです。

しかし、この小さな疑問、
二年ほど前にハンガリーで出版された日本語の教科書のおかげで
謎は解けましたひらめき

その日本語教科書のなかにハンガリー人が日本人に、
ハンガリーの風習などを説明する場面があり、
それによると…
そつぎょう生たちは、
小さなかばんにポガーチャというパンと
しおとつちを入れて、
学校の中をならんであるきます。

…とあったからexclamation×2

だから、中身は「塩」「土」「ポガーチャ」で決まりひらめき
…と思ったんですが、
「ポガーチャ」っていうのはハンガリーのパンの種類の一つで、
小さいポガーチャはお団子くらいの大きさなので
あの小さいカバンに入らないことはない。
入らないことはないけれど、
それでもお団子大の大きさはあるんだから、
卒業生たちのカバンがペッタンコなのが解せないたらーっ(汗)

塩と土はともかく、
ポガーチャは入ってないんじゃないの
exclamation&question
…というのが新たなバッラガーシュの疑問デス。



謎のままでも別に困らない謎なので、
答えが判明しないままになるかもね、とも思うんですがあせあせ(飛び散る汗)

長らくバッラガーシュ(Ballagás)の話題でひっぱってきましたが、
今回で終わりにしようと思います。
明日はまた別の話題で〜手(パー)


br_decobanner_20110706150616.gif



posted by almakkii at 00:00| Comment(2) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

まだまだ謎が多いケド…

H6-0503ballagas (13).JPG

先週のこのブログでは
一週間ずっとフニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)の
卒業式(バッラガーシュ)の話題を、
自分自身の覚書の意味も兼ねて書いたんですが、
改めて文字にして書いてみると改めて気づく、
まだまだ良く分かってないコトが色々あるんだな…と…たらーっ(汗)

たとえば、
日本の卒業式は『卒業証書授与式』とも言うくらいだから、
式典での重要部分は『卒業証書の授与』なわけだけど、
前回のブログにも書いたとおり、
フニャ高の卒業式では『卒業証書の授与』は無いわけです。
それは間違いないひらめき
…でも、日本の学校で卒業するときに貰うような『卒業証書』が
フニャ高にもあるのかどうか、
考えてみると、そっちのほうは良く分かりませ〜んふらふらあせあせ(飛び散る汗)
やはり証明書類みたいなものはあるんだろうと思いますけど、
良く知らない…というのは本当のところでしてたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

だから、実際にはまだよく分からないことが
まだまだたくさんたくさんあるんですが、
ワタシもフニャ高生活がもうすぐ6年になりますので、
以前は良く分からなかったことが
これでも色々と分かってきたんですョひらめき

歳月を重ねてやっと分かってきたことの例としては、
例えば上の写真カメラ↑は
卒業生が教室をお練り(Ballagás)しているところですが、
以前はワタシ、こんな写真は撮れなかったデスし、
こんな場面を見たことがなかったデスたらーっ(汗)

なぜなら、
特別な担当クラスみたいなものがないワタシは、
卒業生のお練り(Ballagás)をいつも
職員室でお迎えするわけ。
一応、これでも教職員の一員だし?
そして、職員室のお練り(Ballagás)が通り過ぎていった後は、
他の先生たちがどうするのか、
様子を見ていたりしてたわけです、以前なら。

そうすると、ワタシ以外の先生たちで
特別役目が無いような人たちは、
卒業式(Ballagás)なんて自分でも経験したんだろうし、
いまさら珍しくもないだろうから
式が始まるまで雑談していたりする。
式典が始まる頃には式典会場の校庭へ下りていくけど、
式典では人垣の後ろの方に立って、
やっぱり雑談を続けていたりするんです。

雑談に加われるような語学力の無いワタシは、
「お前らの訳のわからん喋りを聞くより、
 もっと前へ行って写真を撮りたいよぅもうやだ〜(悲しい顔)
…と心の奥底では強く強く思っていたんですが、
そんなこと言ったらやっぱり失礼だと思ったし、
そもそもそんなことを言えるほど
ハンガリー語が喋れなかったので、
「ワタクシも教職員の一員で御座います、ホホ」
…という顔をして、
後ろの方で大人しく立っていたのでありましたもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)

…というか、
どんなコトをしているのか、とか、
いちいち親切に説明してくれるような人が一人もいなかったので、
わけが良く分かっていなかった頃は、
場違いな粗相をしないようにするために
大人しく他の先生たちにくっついているしかなかったのよねバッド(下向き矢印)ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

今は、だいたいの式次第も把握できるようになったので、
卒業生たちが職員室をお練り(Ballagás)して行った後は
他の同僚には目をくれることもなく、
お練り(Ballagás)の後を追って廊下へ一直線ダッシュ(走り出すさま)

校舎の中には入れない父兄たちには
撮りたくても撮れないこんな写真も撮ってしまうカメラ
H6-0503ballagas (11).JPG

さらには、頃合を見計らって式典会場となる校庭へダッシュ(走り出すさま)
卒業式(Ballagás)の写真を撮るために雇われている
カメラマンたちが陣取っているような
ベストなポジションにチャッカリと紛れ込む図々しさがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
H6-0503ballagas (30).JPG
カメラ↑ 
この写真の手前に写っている後姿の二人はカメラマンです。

このように、色々と事情にも通じてきて、
さらに図々しさをも発揮できるようになった今、
やっと『フニャ高の卒業式(バッラガーシュ)』を
レポートできるようになったというわけなのですョ〜手(チョキ)
ハンガリーの高校の卒業式レポ、
楽しんでいただけましたでしょうかグッド(上向き矢印)exclamation&question



去年の卒業式の式典のときには、
ポジションの確保に失敗して人垣の後ろになってしまったため、
父兄のかたまり(後姿)と、卒業生の風船しか写っていない写真を
たくさん撮りましたバッド(下向き矢印)がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
今年はポジション確保に成功したので、
去年よりマシな写真が撮れたんですが、
人の顔がバッチリ良く写りすぎていて
逆にコレはブログに載せにくいかな?…という感じふらふらあせあせ(飛び散る汗)
なかなか難しいモノですな。


br_decobanner_20110706150616.gif



posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。