いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2013年04月16日

手作りケーキ、丸いか四角いか?

H6-0412suti (2).JPG

ハンガリーの人は、甘いお菓子が大好き黒ハート
本当です。誇張ではありません。
老若男女、みんながお菓子好きで、
もちろん美味しいケーキも大好きデス
ひらめき

昨日の記事に書いた
惜しまれつつ去ったフニャ高のパティシエ
に限らず、
ハンガリー人女性なら、
ご自慢の自家製ケーキのレシピを1つや2つや3つや4つ……は
当然ひらめき持っているもの…みたいですバースデー


ところで、日本のお宅で手作りケーキバースデーを焼くときって、
上の画像カメラ↑のような
丸いケーキ型で作ることが多いですよね?

他の形、例えば長方形のパウンド型も使ったりするけれど、
手作りケーキ黒ハートぴかぴか(新しい)…といったら、
ワタシなら円形のケーキ型で作るのを思い浮かべますひらめき


上の画像カメラ↑のケーキは
フニャ高(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)で撮影したもので、
作ってきたのはもちろんハンガリー人の先生。
(ちなみに『フニャ高のパティシエ』とは別の人)
それに、街のケーキ屋さんで売っているケーキは
円形のケーキ型を等分にカットして売っているものが多いですので、
ハンガリーでも、円形のケーキは珍しいものではありませんバースデー

ハンガリー女のたしなみとして、
ケーキの一つや二つは当然作れるもの(らしい)ので、
職場でも、そういったお手製のケーキのご相伴にあずかることが
時々あるシアワセなワタクシ
なんですが、
そういった自家製ケーキって、
たいていの場合が四角いんですよ。


残念ながら、一般家庭でケーキを焼くところを
見学したことがないので定かではないんですが、
ハンガリーの人がお家でケーキを焼くときって、
オーブンの大きい天板のちょっと深めのものを使って、
大きくて四角い形で生地を焼くことが多いみたい。
そして、大きく四角い形で作ったケーキを
食べやすい大きさにカットする。


大きくド〜ンと作ってカットしたケーキの一例カメラ
H6-0412suti (1).JPG
(ケーキが乗っているのはお皿ではなく「おぼん」です。)

一口サイズ…というよりはもう少し大きめで、
だいたい片手でつまんで
2〜3口くらいで食べられるくらいの大きさに
カットしてあることが多いです
ひらめき

ケーキが丸かろうが四角かろうが
美味しければそれで良いワタシなので、
四角いのがどうということでもないんですが、
ケーキの作り方も国によって違ったりするのね〜…と、
思うんですよね、時々…。



大きく四角いのを作るのは、
甘いもの大好きなハンガリー人たちが、
「どうせ作るならたくさん食べたいからレストラン
…という理由なのではないだろうか…???
邪推ですかね、コレは…あせあせ(飛び散る汗)


  br_decobanner_20110706150423.gif




posted by almakkii at 00:00| Comment(2) | ハンガリーの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。