いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2013年04月15日

惜しまれつつ去る…

H6-068torta.JPG

学校という職場は、
普通の職場よりも年度(学年度)の区切りが
はっきりしている…と感じます。

経理関連のお仕事なんかだと また違うのかもしれませんが、
ワタシの以前の仕事では
年度末の〆とか関係なかったし、
勤め先は大会社でもなかったので
4月だからといって新入社員が入ってくるわけでもなく…。
会社そのものには年度があったんだろうけども、
ワタシの職種にはあまり関係なかったなぁ…って感じあせあせ(飛び散る汗)

それに比べると、今の職場であるハンガリーのフニャ高
(←ワタシの勤め先の高校の仮の校名)では、
8月後半に学年度開始の会議があって、
6月末には学年度終了の会議がある。
そしてその間、新入生が入ってきたり、色々な年中行事があり、
春には卒業式や卒業試験……と、
毎年全部が同じではないけれど、
色々なことが毎年同じサイクルで巡ってくる。
時間表も、前期と後期の変わり目に小さい改変はあるんですが、
大きく変わるのは学年度の始めのみひらめき
だから、基本的に先生の入れ替わりなどの動きがあるのは
学年度の終了から開始までの夏の間が多いです。
(多いというか、それが望ましいというか…)


けれども毎年、学年度の途中にも先生が入れ替わることがあります。
先生が産休などで休みをとるような場合もありますが、
何かの理由があって先生が辞めていくこともある。
いずれにしても、
学年度の途中で教科担当の先生が居なくなってしまった場合は、
その先生の代わりに新しい先生が雇われることになって、
学年末まで授業は続けられていくわけです。

先週の金曜日、学年度の途中ですが
一人の英語の先生が
皆に非常に惜しまれながら、フニャ高を去りました。
昨夏に結婚したばかりでまだ新婚さんの彼女、
旦那さんがイギリスでの仕事を見つけたらしく、
急にイギリスへ行くことになったんです。


イギリス行きは本当に急に決まった事で、
我々同僚が彼女が辞めることを知ったのは2週間半前くらいexclamation
ですが、彼女の後がまにつくことになる先生も早々に決まったので、
授業などに大きな支障はないはずです。

しかし、彼女は惜しまれてフニャ校を去った。

なぜならば、彼女は
とっても美味しいお菓子を作る才能に
満ち溢れていたから
ダ〜バースデーバースデーバースデー

(本日の画像カメラ↑にあるケーキ各種も彼女の作ぴかぴか(新しい)

新婚で新居に引っ越した時、
新しいオーブンを買ったので試し焼きをしてみた〜とか言って、
山ほどケーキを焼いてきて、
「さぁ皆さん、お好きに召し上がれ黒ハート」…と、
振る舞ってくれた
のをはじめ、
その後も特に理由もなく作ってきてくれたことがある、
そんな素晴らしい人だったのですぴかぴか(新しい)

キレイで美味しいお菓子を
何か一つ作れるだけだとしてもスゴイと思うのに、
彼女がすごかったのは、多くの秘蔵レシピを保持していて、
しかも一回に作ってくる種類が一つじゃなかったトコロひらめき
一度に2種類も3種類も4種類も作ってくるのョexclamation

(一種類を作るだけでも大仕事爆弾…と思うようなワタシとは大違いふらふらあせあせ(飛び散る汗)
当然ながら、フニャ高には彼女のお菓子のファンは多く、
年末のクリスマス会(持ち寄りパーティ)の時には
皆が色々と持ち寄るのでケーキもたくさんあるんだけど、
彼女の作ったお菓子はどれなのかを確かめて、
まずそれから試食する…という人が続出した
くらいでした。

そして、フニャ高のパティシエ(?)が
最後まで皆の期待を裏切らなかったのは、
急なイギリス行きで忙しいはずなのに
最後の出勤日だった先週の金曜日にも
しっかり二種類ものお菓子を山ほど作ってきてくれたコトぴかぴか(新しい)
こんな素晴らしい人が去ってしまうことを
惜しまずにおられましょうか…
もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
あぁ、残念だ。残念だ…。




大英帝国さ行って
ハンガリー人が英語の先生を続けるのは難しそうなので、
ケーキ屋さんになったら良いんじゃない?
…とか、かなり真剣に思ったりして…ひらめき

今まで美味しいお菓子を色々ありがとう〜〜揺れるハート
イギリスでもお元気で〜〜ひらめき


  br_decobanner_20110706150423.gif





posted by almakkii at 00:00| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。