いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2012年04月10日

イースターの飾りって…

H5-430kert.jpg

イースター(復活祭)、
ハンガリーでは『フーシュヴェート』という祭日は
キリスト教の重要な行事の一つです。

同じくキリスト教の行事であるクリスマスクリスマス
日本でも知らない人は居ないでしょうし、
キリスト教徒でなくても
クリスマスのお祝いはしている人が多いと思います。
(クリスマスケーキを食べるとかしてバースデー

でも、日本ではイースターには何もしないでしょ?
キリスト教徒の人たちは別として
ひらめき

しかし実は、
イースターというのは
クリスマスと対をなすくらいに
重要で大きな祭日なんですよね〜、
ココ、キリスト教徒の国、ハンガリーでは
ひらめき

しかし、クリスマスもイースターも
キリスト教の祭日なのは確かで、
皆が楽しみにしている行事なのですが、
どちらもワタシが日本で想像していたほど
宗教臭さがないですねあせあせ(飛び散る汗)


キリスト教徒のキリスト教の祭日なんだから、
こう…何といいますか、
みんなが教会へ礼拝へ行くとか、
そういった宗教行事に積極的に従事するものなのかと
…思っていた
んですが、
クリスマスやイースターに
教会へ行く人なんて、むしろ少数派みたい。
教会では間違いなくクリスマス、またはイースターの
特別な礼拝が行われているはずで、
もちろん参列している信者もいるはずですが…。

クリスマスの場合は、
クリスマスの飾りのモチーフとして
聖家族と東方三博士の礼拝図や天使などがポピュラーで、
こう…『キリスト教っぽさ』がありますけれども、
イースターの場合、
飾りにもそれほど『キリスト教っぽさ』が
見られない気がするんです。


主観ですが。



イースターはもう終わり、
今日からお仕事も始まりましたが、
明日も続けて
イースターのお飾りについて書こうと思います。
ではまた明日
手(パー)

br_decobanner_20110706150028.gif



posted by almakkii at 00:08| Comment(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。