いらっしゃいませひらめき
生まれも育ちも上州っ子のalmakkiiです。
現在ハンガリーの首都、ブダペストに住んでいます。
ブダペストの別名は『ドナウの真珠』
楽園ではありませんが、キレイな街です。

「先生とお呼びexclamation」などとは一度も言ったことがありませんが、
「センセイ」と呼んでくれる生徒たちがいて、
ブダペストのとある高校で日本語教えてます。

ハンガリー語が全然出来ず、知り合いも居ないのに、
単身にて「来ちゃったぁ…あせあせ(飛び散る汗)」 という
無謀さで始まったブダペスト暮らしも5年が過ぎ、

気が付けば
6年目シーズンに突入してしまいましたるんるん


日頃感じるよしなし事を綴っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。



ランキングに参加しています。
一日一回、ポチッと一押ししてくだされば
もっともっと嬉しいですぅ〜揺れるハート

banner (3).gif

どうもありがとうございます黒ハート
また来てくださいね揺れるハート




2012年01月11日

正しきハンガリー人の正しき姿(目撃編)

H5-257langos.jpg

昨日の記事に使った画像カメラ
ポーランドのクラクフの名所『織物会館』を撮った写真でした。
実は、その画面の中に
『正しきハンガリー人の正しき姿』が映し出されていたのです
カメラ
しかし、昨日の画像ではソレが小さくて目立たないので、
重要部分をトリミングしたのが本日の画像カメラぴかぴか(新しい)

お分かりかな?
…って分かるわけないかあせあせ(飛び散る汗)

『正しきハンガリー人の正しき姿』とはコレカメラ
H5-257langos 2.JPG

え?
人間じゃないじゃないかって??
そうです、
注目すべきなのはこの小屋なの
exclamation

昨日も書いたとおり、
クラクフではクリスマス、たとえ休日でも
クリスマスマーケットは営業中だったです
クリスマスクリスマスクリスマス
クラクフのクリスマスマーケットの会場は、
クラクフの名所にして中心部にある『織物会館』の前の広場ひらめき
広場には食べ物屋さん、小物屋さんなどが軒を連ね、
ホットワインを飲みながら、それらを見て回るお客さんもたくさん居て、
クリスマスマーケットらしい
楽しい雰囲気に満ち溢れていました
るんるん

しかし、
「お客さん、ウェルカ〜ムムード」な他の店々とは対照的に、
その中に一軒だけ、
扉も窓もキッチリ閉めて閉店している小屋が…がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

ここまで書けば、何となく予想がつくと思いますけど、
その閉店している店の主こそ、
ハンガリー人
だったわけあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


その小屋は、
ラーンゴシュというハンガリー名物の揚げパン屋さんで、
実際、ハンガリー人がやってきて
クリスマス前まではラーンゴシュを売ってたそうなんですが、
クリスマスは祝日なんで、クニヘ帰ってしまったらしい。
なんてったって、ハンガリー人なんでexclamation×2

H5-257langos 2.JPG

いやぁ〜、
ポーランドのクリスマスマーケットで出稼ぎするような
勤勉なハンガリー人でも、
ホリディには商売放り出してお休みしちゃうんだ〜あせあせ(飛び散る汗)
さすがはハンガリー人
ある意味、期待を裏切らないなぁ〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

そんなことを思った
クラクフのクリスマスマーケットでした晴れ



クラクフのクリスマスマーケット、
他の小屋は、律儀に営業してましたね。
ま、地元ポーランド人が出している店だったら、
クリスマスに働いても、
夜はお家に帰れるでしょうからね。
ブダペストから夜行列車で11時間かかったくらいだから、
ハンガリーから通勤するのは無理そうだし…たらーっ(汗)
ハンガリー人は、家族の居るところに帰りたかったんだと思います。
クリスマスは家族で過ごす大切な祝日らしいので…揺れるハート


br_decobanner_20111110145003.gif













posted by almakkii at 01:00| Comment(0) | 異文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。